FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
今日はレッスン
久々のレッスン。 
今日見てもらったのはハノン B durと発表会曲のベートーヴェン ソナタ第20番 Op.49-2。 
 
ハノンはずっとスケールをやっているのだが、調によって弾き易いものと、そうでないものとがある。 
特にカデンツのV7は元々苦手な並びであるのに、弾き難い調だと益々外す。今日も先生からの指摘が何度も飛んだ。「先生、この調難しい~~!」と泣き言を言ってみたりする。 
ハノンはレガートと3連符2種の練習だったけど、次回までに更にスタッカート、ノン・レガートのリズム練習をプラス、あと短調1種。 
 
ソナタは主題―展開部の短調部分から再現部に戻るところまでやってあったのだけど、展開部の左の動きが、単調なくせに両手一緒だと小憎らしいほど弾き難い。 
提示部も細かい指示を沢山いただいた。次回レッスンが来週なので、同じ所までしっかりと練習。 
 
今回、楽譜をコピーして、転調ごとに色分けしてみた。各調の持つ性質と言うか雰囲気なんかは私にはまだ詳しく分からないが、この曲の主調であるト長調から比べるとハ長調の部分が随分重く聴こえる。弾き慣れてきたら、調ごとに音色にも変化を持たせられるといいなぁ。 
 
ずっと置き去りにしていた発表会用の連弾曲「リベル・タンゴ」、楽譜だけを先生に見せた(^.^;  意外に先生いたくお気に召されたようで、「いいじゃないですか~♪」と言ってくださった。  
しかし、リズムが難し~~~っ!!連弾用アレンジだからか音も取りにくい、これ難しいよ・・(;-_-;) でもプリモ・セコンド、ビシッ★と決まったらかっこいいだろうなー。頑張ろう。。 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.