FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
今日のレッスン
今日は今年最後のレッスン。 
 
発表会終了後、ハノンもやらずひたすらバッハに向かっていたような気がする。成果は特に芳しくはないですが(~_~;) 
お約束としてやってあるはずのハノン、「すいません、やりませんでした」と小学生みたいにピアノの前で先生に報告。この2週間ハノン無しですごくラクだったけど、やっぱこういうのっていけませんな(笑) 
 
まずはバッハ インヴェンション第1番 
両手でモタモタの演奏。まあきすけさんならこんなもんでしょう。しかしこれでもこの10日ほどこればっかに集中していたのだから、いかに私の脳ミソバロック向きじゃないのかが分るってもんです。進んで行くうち、いつか慣れてきますように。。 
 
両手のそれぞれのモチーフだけを取り出して繋ぎ合わせて弾くといいですよ と先生。なるほどねー。 
そうして先生と一緒にやってるうちに弾きやすくなってきた。これでまた練習が楽しくなるじゃん。 
先生んちのピアノの音はとてもきれいで、それがポリフォニーだと更に耳に届きやすいのか、モタモタ弾きながらも音に惹き付けられてしまう。次回のレッスンではスラスラ弾けるよう頑張ろー。 
 
次、ソナチネ6番クーラウ 第1楽章 
これいつものワタシなら多分展開部はやらなかったと思うのね( ̄∇ ̄) 小さい子みたいに。やっても1Pだけとか。とにかくソナチネを一気に最後までって、2楽章以外でやった覚えがあまり無い。やってたとしても2週間じゃすんごいいい加減なさらい方だったと思う。。 
でも「そういや2Pだし最後まで見てきて」って言われたし、ハノンやらない分やらなきゃイカンだろうと一応最後まで弾きました。これが本来の練習であるべき姿でしょう。。 
娘達は毎週出される課題を全部暗譜で出来るよう先生から言われている。でないとちゃんとしたレッスンが出来ずもったいないから、と。 
私の先生はそこまでおっしゃらないけど、改めて振り返ってみると、今まで甘えた事やらせてもらってきたなー と反省。 
で、ソナチネ、バッハ重視で練習してたけど何とかモタモタでも弾けたので、先生からの指示も沢山頂け、次回までに出来れば仕上げたい。 
次のレッスンは約1ヵ月後、それまでに「第2楽章も(2P)見てきてください」と言われたが、ブルグの「トルコふうロンド」をやりたいとお願いした。さあ年明けまでにこれもある程度形にしなきゃ~ 
 
レッスン終雑談してた時、「トルコふうロンド」の目的とか今後の目標とかをお話した。きっと、来年も先生にはうんとお世話になるだろうに、いくら無理を言っても、「私の方がきすけさんについて行きますから(笑)」と笑顔でおっしゃってくださった先生。なんか涙が出るほど嬉しかった。いつもどの生徒の為にも一生懸命な先生、1年間どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.