FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
進歩
大人になってから、「進歩したな~」と思えたことってとても少ない。 
習っていた英会話、スイミング、ワックス掛け、編み物・・・ 少しでも進歩を感じられたのってそれくらい。 
ピアノだってレッスン受けて5年、確かに進歩はしてるんだけど、お習字とか編み物とか、目に見えるものでもないから実感としてはやはり薄い。 
 
それが今回ブルグの「トルコふうロンド」弾いて、「お~~、、私も進歩したもんだよ(ToT)」としみじみ感じた。 
実はこの曲を弾くのは初めてではなく、6年前に長女が発表会用の曲として練習していた時、いい曲だったので私も一緒に弾いていたのだ。 
当時はまだレッスンは受けに行っておらず、自己流でポピュラーとかを適当に弾いて喜んでいた頃。多分初めて弾いたクラシックの長い曲じゃなかったかな~~ 
 
時間掛けて、一応全部弾けるようにはなったものの、当時の自分でも「なんかすっごく汚いなぁ(;-_-;)」といつも思っていたもんです。今思えばイロハのイも知らなかったのだからそりゃ見事に汚い音楽でしたねー。もう、雑音出してるって感じ。でもとりあえず長い曲が弾けた喜びが大きくて、弾いてて楽しかったのも確かなんだけど、あまりの汚さに「レッスン受けようかな」と考え始めるきっかけになった曲でもありました。 
 
先月来、再び練習してる訳だけど、自分でもあの当時と明らかに演奏の違いが分る。左はちゃんと伴奏(のつもり)になってるし、右はちゃんと主張してる(つもり)し。和音もちゃんと高音部出すよう心掛けている。まあ実際CDとかとの相対的レベルとしての現実は置いとくとして、個人としての比較では、6年前とは確実に違う、これは進歩と言っていいはずだ。 
 
子供のように当たり前に進歩というものがある年代ではない自分、ほんの少しであっても進歩って貴重で嬉しいもんです。後5年経ったらある程度の曲は弾いていられるといいなぁ。ショパンのワルツの1番とか、幻想即興曲とか・・ 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.