FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
ノスタルジックB.C.R.
B.C.R.ーBay City Rollersと言うバンドをご存知だろうか。今から約30年程前、一世を風靡したスコットランド出身のスーパー・アイドルバンド、ターターンチェックに身を包み、超甘口の歌声とフェイスで、世界規模でティーンエイジャーを熱狂させた5人組。その人気振りは現在のどんなバンドやユニットとも比べ物にならず、短期間ではあるものの、巷はタータンチェックに染められたと言っても過言ではないほど。私も小学6年の後半からはまりだし、中1の頃は思い出といったらBCR。その後KISS、DEEP PURPLEに移行する訳ですが。 
 
昨日次女の夏休みの手芸グッズを買いに行った時、それまで車中で聴いていたKISSのMDからずっとしまいこんだままになってたBCRのMDに替えた。6年程前にレンタルして入れたMD。 
季節はまさに夏休み、聴いてるうちに懐かしさがこみ上げてきて、次女に「これママが中1の時に毎日聴いてた曲だよ」と、当時の思い出を色々話した。 
6年生の時初めて聴いたBCRの曲で一気に夢中になり、当時人気のあった「平凡・明星」って雑誌をおこずかいで買い集めお年玉でレコードを買い・・ 
 
丁度長女が当時の私と同じ年齢になった。彼女の夏休みはピアノと読書とDSだが、私はBCRと、ほんのちょっとの部活の思い出。今日子供のレッスンに向かう車中でも当時の話をしながら、「中学の3年間なんてあっと言う間に過ぎてしまう。ピアノや勉強も大事だけど、遊んで楽しい思い出も作りなさいよ、夢中になるほど楽しい事を見つけるといいね」とも話した。「あるよー、ピアノが。」と長女は言ったが、ちょっと違うような気がする。 
 
私は色んな事への対峙の仕方が、周りの友達より濃い、と言うか、くどいらしい。「なんだ、私もフツーじゃん!」と思えるようになったのは、KISS友やピアノ友が出来てから( ̄▽ ̄) 
ティーンエイジャーの頃からこうだったので(自覚は全然なかった=自分は地味で普通な存在)、娘、特に長女が音楽に対して自分の様なくどさが無いのが、ちょっと物足りない様な気もする。ベートーヴェン弾きながら「燃える~~~!」と言ったりもしてるんだけど、何かに対しての渇望を覚えるほどの執着と言うか、情報への貪欲さと言うか、そんなものが希薄な様な・・・ 今の子供なのかな。 
 
BCRを聴いて、あの頃の、泥臭い程の熱中感を持った数人の友達、暑い空気、白い校舎の壁を思い出す。中年( ̄□ ̄|||!・・になってそんなものが胸を締め付けるほどのノスタルジーを生み出す様になってきたんだな。 
写真は、中1の頃予約して買ったBCRのレコードに付いてた付録の紙袋。あの頃の友達との山ほどの手紙が押し込められてボロボロ。苦しいほど待ち焦がれて買いに行った暑い午後を思い出す。

2006-07-30_23-02.jpg
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.