FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
ライブでした
昨日はジメジメと小雨の降る中、スカッと楽しいライブへ行って来た。ずーっと楽しみにしてたPaulソロのコピーライブ、しかもご本家ライブでも聴いた事ない一番好きな曲まで聴かせてもらってすごく満足なライブでした。 
ずーっとアマチュアバンドのライブには足が遠のいていたけど、今年はちょくちょく行ってるなぁ。昨日の方もものすごいこだわりのVo.さんで、友人達と「どこで調達するんだろうね」と不思議に思う様な小道具も充実、もちろん歌唱力、アクション共にビシィッ!と決めてくれます。 
 
んで思ったんだけど、やっぱシュトレーゼマンじゃないけど、見せる気配りも大切だなぁ、と。 
私が見てて辛くなるライブは、MC担当者(主にVo.)が妙にうろうろおろおろしてたり、萎縮してる様に映ったりする場合。もちろん演奏は上手いに越した事はないが、それ以上にステージ上でのハッタリと言うか、勢いや余裕が無いようでは、正直足を運ぶ気にもなれない。しおれたロッカーほど痛々しいものはないです。 
昨日のVo.は経験も豊富だし、努力家なので、さすがに見せ方を心得てる。特にコピーバンドの場合、明快なる見本を客が周知の事なので、この点非常に安心感が持てます。 
 
そこで先日の自分の発表会映像を思い返してみて、登場はまだしも、演奏終わってからのお辞儀、退場は、全然余裕がなく見える。もちろん満足の行く演奏ではなかったけど、何年か前の様に隠れたくなるほどの事でもない。なのに、笑顔の一つもなくドカドカ(「スタスタ」じゃないのよ~~(~_~;) と去って行く自分。。 
 
事前には気を付けようと思っていたのに、その時はそれどころじゃなかったんだろうけど、次回はもう少し客観的に見ても気持ち良い動作も心掛けよう。もちろん演奏も。。

2006-11-26_18-20.jpg
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.