FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
手の痛みの本性
手指の痛みがいつまでも取れず練習にも支障を来たすので、ようやく重い腰を上げて整形外科に行って来た。 
今の時期どこで風邪を拾ってくるかも分らず、多分痛み止めの薬や湿布を処方されて終わりだろうからと、結局2ヶ月放置していたのでした。 
いつもの整形は車で15分程掛かって面倒なので、近所の割と評判のいい所へ行って診察してもらったら、この指の痛みは腱鞘炎ではなく変形性関節症、ヘバーデン結節・ブシャール結節と言うものだった。 
 
何だか分り難い名前だが、ヘバーデン結節とは指の第一関節に起こる変形性関節症、ブシャール結節は同じく第二関節に起こるそれ。この病気は放っておいても老年になれば8割方の人がなるらしい。お年寄りの指が変形しているのは、リューマチじゃなければ大抵この病気だそうだ。加齢以外では使い過ぎによる磨耗、過去にその部位を傷めた経験のある人らしい。 
私の場合は「明らかに使い過ぎですね」との事だった。問診でピアノの練習時間が2~3時間と言ったら、「子供の頃からやっていたならともかく、大人になってから始めて、そんなに時間を掛けてはだめです。完全にオーバーユースです。」と。モーツァルトの練習が佳境に入った頃の、あの練習姿勢が決定打だったに違いない。先生には2~3時間と言ったけど、あの頃多い時は4~5時間やってたし。やり過ぎなの分っていながらムキになってやってしまう、ほんっとにこの大バカ、ド阿呆う者、後悔先に立たずとはまさにこの事だよ。 
 
レントゲン写真を見ながら先生が第二関節に赤丸を付けた時もまだ腱鞘炎の腫れてる部位に印を付けてるんだと思ったら、それは関節に出来た「骨棘」と言う、文字通り骨の棘だった。関節の周りの軟骨が使い過ぎによって磨り減り、骨棘ができ、段々骨が変形していくそうだ。右4の第二関節が腫れていたのはそのせいだったのか。 
 
残念ながらこの先良くなる事はないらしい。ただ、急激に悪くなる人もいれば、ゆっくり進行する人もいるそうで、痛みは残っても完全に動かなくなると言うような事はないらしい。 
しかし打鍵での衝撃は指には良くは無く、「とにかく練習時間を減らしましょう」との事だった。 
そこで真っ先に考えたのは、3月のステッ○ではなく、「インヴェンション!バッハが弾けない!」という事だった。 
 
私には背伸び気味のインヴェンションは、ちゃんとモードで練習の日は、片手それぞれ30分ずつ、両手1時間、合計バッハだけで2時間掛かってしまう。時間を決めてやっている訳ではなく、どうしてもその位の時間は使ってしまう。 
バッハだけで2時間使い、時間も指も当然ちょっときつい。「やっぱ無理があるよなぁ」と思いつつ、インヴェンション弾きたくてやめられないのだが、こうなってしまってはさすがに考えなくてはならない。でも、バッハが弾けなくなるって思ったら、ものすごく悲しくなってきた。 
 
でも落ち込んでいても仕方が無いので、結局次の日元々行ってたいつもの整形の、「私のM先生」に診てもらいに行った。(「私のM先生」についてはこちら(笑)→http://www.th21.jp/adiary/diary5.cgi?id=kisuke&action=view&year=2005&month=7&day=12#7_12 
先に行った整形での説明を話したら「優秀な先生ですね」と言って、いつもの様に丁寧に説明してくれた。そこでのレントゲン写真で見た私の第一&第二関節は、その下の第三関節に比べると、隙間がほとんど無く骨と骨が直接くっついてる感じ。軟骨がなくなって来ているってことだ。骨の棘見るよりショック( ̄・ ̄||| これって年寄りの手じゃん・・ 
 
元々節くれだった手なのだけど、「第一関節も変形してきてますね。ほら横に広がってきてるでしょ?」と言われ、「そうなのか」と納得。。確かに「最近指、ごつくなったなぁ」と思っていたが、「ピアノ頑張ってるからよぉ」とコロコロと言う友達の言葉に「だよね~」とにこにこ頷いていたのだが、あまり微笑ましくない方向になっていたのでした。 
 
「私のM先生」(何となくオクレール先生系(笑)は、「ピアノ弾いてもいいですよ」とおっしゃった。ただ、ジャスが好きなこの先生もさすがにご自分では弾いた事はないだろうから、1時間では練習にならないという事は分らないだろう。でもそんな練習メニューを考えていけってことか・・ 
 
今後もずっとピアノを続けたい。その為には真剣に練習の方向性を考えなくては。とりあえず年末一杯弾くのをやめようかと思案中。折角ショパンが楽しくなってきた所だけど仕方ない、耳でも鍛えておくか・・ 
 
ちょっと人より早くこんな事になってショックだが、どの道20年後には向き合う事。もしピアノが弾けなくなっても、声楽やフラメンコとか、やりたい事が一杯あるさ!と、ふつーに受け止めてます。 
ただ、練習されてる他の皆さんは、どうかくれぐれも絶対に無理をされませんように・・ 足の指ではピアノは弾けません( ̄  ̄;)
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.