FC2ブログ
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
嬉しかった(^^)♪
昨日はフォルテピアノのコンサートを聴きに行って来た。地方ではなかなかレアな機会で、とても楽しめた。
10年前に作られたレプリカとは言え、オーストリア産のその楽器は、とてもデリケートな音色を響かせていた。と言ってもチェンバロの様な頼りなげな音ではなく、ちゃんと膝で押し上げるタイプのダンパーも付いていたしフォルテの音もそれなりに出ていた。

曲目は、丁度今次女が練習中のハイドンに、ベートーヴェンの悲愴と月光、モーツァルトのロンド。もちろんフォルテピアノの作られた時代に合わせてオール古典プログラム、すごく嬉しい♪♪ 当時、この時代の曲はこんな風に奏でられていたのだね。現代ピアノよりも音程が不安定になりやすいのかな?コンサートの前と休憩に調律を繰り返していた。休憩前の悲愴と、休憩後のモーツァルトでは、低音部の音の出方が違っていたのだけど、演奏上の変化なのか楽器の都合なのか良く分からないが、随分違う様に感じた。例えばグールドとかが「この声部前に出すのですか」的な演奏をするけど、昨日もたまにそんな感じに聴こえた。あと、三度はチェンバロぽく聴こえるし、音量の幅はモダンピアノほどないものの、なるほどと分かりやすいフォルテの音だった。それから、もちろんピアニストの腕が良いからだろうけど、金属を使っていないからか、どこもかもまろやかな音色。すごく魅了された。
打鍵の深さは、今のピアノの半分の、5mmだそう。私の手にも、優しいのではないかしら。一度、弾いてみたいな~(*'ー'*) 
モーツァルトはソナタも聴きたいなと思っていたら、アンコールでK.545の2楽章。この曲、次女が弾いてた時には特に何も思わなかったけど(;^_^A、素晴らしいピアニストによるフォルテピアノでの演奏は、惹きこまれるほど素敵だった。テンポも優しい。これなら、弾けるかな・・ 実は最近もう1曲目星を付けた曲があるのだけど、これ、弾きたいかも・・(*^_^*)
素晴らしいコンサートだった上、選曲というプレゼントまで頂いちゃった気がする♪
スポンサーサイト



コメント
be-to-ben
きすけさん、こんばんわ。レッスンで次なにか1曲と言われ迷っています。今、honaちゃんの動画見てやっぱりベー様はいいなあって涙でてきました。なぜかhonaちゃんのぴあのを聴くと涙がでますがどうしてかな?他の人は演奏が模範的で硬い感じがするんですが・・・

昨日、のだめ見たけどあの感覚ににてるというか・・・とにかくひとつひとつの魂のこもった音にいつも感激してます。やっぱりまたベー様弾こうかなぁ・・と思いました。でもほんと、まだ発表会の選曲はいいといわれてるので、その前に1曲どうしましょ・・という感じです。
のり[URL] 2010/04/18(日) 23:07 [編集]
べーさまっ
ベー様はやっぱりかっこいいよね~(≧∀≦*)
いつも思うけど、のりさん、ベー様合うよね。人生の中の重みとか、キラキラした希望とか、そんな色んなものがのりさんご自身とベーソナとピタッとはまるのでしょうか。私はベートーヴェン大好きだけど、まず技術的に弾けないや・・(T-T) 今、同じく古典のモーツァルト楽しんでます♪これができたら、別のモーツァルトで次回の発表会出ようかと思ってます。のりさんもまずはベー様いかがでしょうか!一緒に古典やりましょ~~♪

長女のあのおそまつな演奏に暖かいお言葉、ありがとうございますm(_ _)m あの日は初めての大舞台で緊張し、後半ガタガタになってしまい生まれて初めて舞台後涙した演奏だったのです。最後のお辞儀も既に泣きそうな顔・・(;^_^A あれから2年、少しは成長してたらいいのだけど・・ のりさんから頂いたコメントを本人に伝えたら感激してましたi-237 なんか気合いが入ったのか、足取り軽く勉強に向かいました(笑) どうもありがとうi-260
きすけ[URL] 2010/04/19(月) 18:02 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2020 ・・K-日記・・. all rights reserved.