FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
秋なのに。
昨日は父の実家に家族で芋掘りに行って来た。
父の実家には祖母が一人で住んでいたのだが、最近は隣の市の娘の所に住み込んでいるらしい。
父の実家は山の中の、お年寄りばかりの集落で、その中でも一番山に近い(近いったら、裏庭の後ろがもう山)家。ゴルフ場開発が盛んだった20年ほど前から、ちょくちょく家の横の田んぼに猪が出るとは聞いていたが、最近は猿なんかも山から下りてきて畑の野菜を荒らしていたらしい。
父は春に仕事をやめてから、1週間のうちほとんどを自分の実家で家のお守りと畑仕事をして過ごすようになったのだが、先月、庭先に鹿が表れて非常に驚いたらしい。そりゃ驚くわね((+_+)) 父の犬が発見して吠えてくれたが鹿動ぜず。その直後、ハンターの連れた猟犬が吠えながらやってきたら、鹿は逃げて行ったらしいけど。去年は、山の中の墓地に熊が出たそうな(@_@) 過去にそんな話は聞いた事がなく、まさか鹿だの熊だのがいるなんて思ってもみなかった。いたとしても、こんな人家の側まで来るなんて、動物にもそれなりの事情があるのかも知れない。

そんな事情で祖母は娘の所に行っているのだが、あんなに高齢のお婆さんでも、不在になると、途端に家の周りの様子が変わる。
活け花の免許皆伝だった祖母は、いつも座敷の床の間や玄関に見事な型の花を活けていた。畑の一角にも沢山の花を作っていたが、それらが全くなくなった。ごちゃごちゃと溜め込んでいたガラクタは父が捨ててこざっぱりとしていたが、庭全体の様子がうっそうとして、全然きれいじゃない。生垣も伸び放題で、無人の家みたいで、これじゃお正月迎えられないぞ。腰の曲がった祖母、料理はあまり得意でなかったけど、庭仕事はあの歳になってもこまめに続けてきたんだね。

父の作ったさつま芋や落花生、シシトウを収穫し、裏の山の裾を散歩していて思ったこと。
田んぼから続く山の裾を上って行くと、共同墓地へ続く裏道がある。道と言っても山の中の、幅1mもないけもの道の様なものだけど、子供の頃は正規の道ではなく、探検気分でよくそこを通ってお墓参りに行ったものだった。
そこに向かう為の整備が、10年前に亡くなった祖父が生きていた頃は、丸太を組んだ橋等できちんとなされていた。けもの道もきちんと人が通れる程度に踏み固められていた。今は、どこからどう行けばよいのかすら分からない。すぐ近くにある池の側の祠にも、あの頃は難なく上っていけたけど、背の高い雑草に邪魔され、今はとても行ける状態ではない。田舎にいる年寄りは、私が想像もできないくらい、色んな重労働を長年やってきたのだった。こんな事は所有権が変わっても、父も弟も決してできないだろう。小さい頃に遊んだ、私の思い出の中の山の中は、もう二度と再現されないのかも知れない。
ただ、そこの、どの場所でも、匂いだけは昔のまま変わりがない。それだけは、永遠に変わらないでほしいな。
長くなってすみません。

DSCN3793_convert_20091013210025.jpg

・↑ 物置前にて 太郎ちゃん
・↓ 唐辛子 父作 年代物のざると縁台

DSCN3792_convert_20091013210129.jpg

ところで 秋なのに 何でも美味しい秋なのに、胃腸の不調の為料理を作るのも食べるのも満足ならず。ガンや潰瘍はないらしい。自律神経の乱れ?もしやこれも更○期?胃が痛い。
スポンサーサイト



コメント
秋だから
v-22ほのぼのとしていい写真♪
人が住む里山集落って放置しちゃうと荒れちゃうよね。人による管理の大切さがわかるけど年配者がやるにはきついしかと言って若い人が残る手立てもなし。。

時が流れるのをゆっくり感じた頃に過ごした場所が変わってしまうのは仕方ないとしても淋しいよね。
今って本当に時の立つのが早いし環境の変化について行けないと思う事多いわ~

モノにあふれ直すより買う方が安く、値段も場合によっては激安で消費者には有難いけど影で生産者が泣いているんではと思う事もある。。

長く書いた割には結論がなくてごめんちゃい。
(でもミクシィだったらとこんなにも書けないっす)
秋は余計に感傷的になるのかな。

食欲の秋とは申しますが朝晩と日中との温度差で体調管理は難しいよ。うちの旦那もまた痩せて54キロだしぃ。。←ちゃんと食べさせているけど料理下手なんで栄養がいってないのかな(^o^;
どうぞどうぞお体大切に。
のりちゃん[URL] 2009/10/14(水) 11:27 [編集]
おっしゃる通り。。
過疎化してる場所では、全国どこでも若い人はいないよね。あちこちでメンテナンスがどんどん必要になって来るのに、そこにいるのは80、90代のお年寄りばかりなり。。 うちの父も若い頃に家を出ているので、田んぼの事も山の手入れもほとんど分からないと思う。畑だけは最近趣味でやってるけど、除草だけでも大仕事みたいでね。でも、田舎の人が元気なのは、あの素晴らしい匂いに囲まれ草木を相手に生活してるからなのかも、と思うわ~ とても真似できないけど、憧れるなぁ。。

>生産者が泣いているんではと思う事もある
そうなんだろうね。セ○ールなんかのカタログでも、「いいの?!」と思うくらい安い品物が目白押しだもんなー ありがたいとも思うんだけど、理不尽さのない流通だといいよね。↑の古ーいざるや農具なんか見ると、なんかちょっとホッとするよ。。

そうか、段々季節の変わり目に対応できなくなってきてんだね! これまで普通だった事が、毎年少しずつ難しくなってきてるんだわ・・(-_-;) 食べたい欲求は全然変わらないのに~~ 欲望も少しずつでもセーブして行かないといけませんなi-201
旦那さん、、お仕事大変なのかしら(;_;) うちの夫は頑張ってダイエットして5kg痩せたと喜んでまふ(;^_^A
きすけ[URL] 2009/10/14(水) 21:30 [編集]
いい風景
きすけさんこんばんわ。すごくいい風景だね。癒される。でも熊はこわいよ~こちらにも山の方に行けばこういう風景は残っています。おもいっきりぴあのが弾けそうだね(爆)こういうとこではたいていご老人方が3輪バイクに乗ってるのよね。
のり[URL] 2009/10/15(木) 22:39 [編集]
なごむでしょ(*'ー'*)
集落全体、四方を山に囲まれているので、初日の出の時間も遅めです。お隣とは100mくらい離れているのかな、ピアノ、弾いたら気持ちが良いと思うけど、いかんせん昔の家屋なので防音効果は全く期待できないです(;^_^A
お年寄り、もはや歩くか、軽トラしか移動手段ないみたい(爆)その内住む人いなったりしないか心配。。
きすけ[URL] 2009/10/16(金) 21:06 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.