FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
次の曲・・・
先週のレッスン以来、次に弾くギロックがまだ決まっていない。あれからやっているのは、モーツァルトを少しだけ。ギロックも2曲ほど譜読みしてみたけど、優先順位としては、忘れると厄介なモーツァルトを、もっときちんと弾いておきたい。

当たり前だけど、音の数がソナタとギロックとでは大きく違う。先日までやっていたギロックのソナチネ2楽章なんて、わずか48小節、音の数も数えられるくらい少ないが、ソナタは同じ2P分でも音符の数を数える気にはなれない。これまた当たり前だけど、手への負担も大きい。

で、これからの進め方を考えてみた。とりあえずあまり負荷を掛けずに弾ける様になるまで、少しずつ、2Pずつ、モーツァルトを進めて行く。2P何とか落ち着いたら、モーツァルト休んでギロック。ギロックが形になったらまたモーツァルト・・ という具合に、一度に二人分にならない様に区切りながらやって行こうかと。レッスンには両方見てもらいたいので、間隔がかなり開いてしまう事になりそうだが、期限を付けると無理が出るし。モーツァルトは、イライラするだろうけど、嫌になるくらいのゆっくりな進度で進めていこうと思う。2Pの間にブランクを挟み込みながら。 

ほんとはまだモーツァルトなんてやらない方がいいのだろうと思う。この1年は、ギロックだけにした方がいいと思う。ギロックも間違いなく楽しい。でも、モーツァルトを弾くと、「ピアノをやっているんだ」という実感が、すごく沸いてくる。これを、我慢して押さえ込むべきなんだろうなぁ、やっぱり、右4・5は疲れるし。
へこまないけど、ちょっと悩んでしまう今日この頃。
潔くないな、私。 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.