FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
みかんの花
歌ではありません。が、歌に出てくる場面は何となく柑橘類栽培やってる農家の畑で、お日様が燦々と輝く海辺の丘ののどかなイメージ。そこはとてもいい香りで一杯なのだろう。 
 
好きな香りの一つにみかんの花の匂いがある。子供の頃、祖母の家の畑の前をこの時期通ると、甘酸っぱいとても良い香りがして嬉しい気分になったもんだ。あれは夏ミカンの花だった。 
うちの近所に畑らしい畑はないが、たまに庭に夏ミカンの木を植えているお宅がある。確か去年も花の時期にたまたま通りかかってよい香りにうっとりした覚えがあるのだが、虫が恐くて自分ちには絶対植えられない。私自身柑橘類もほとんど食べないし。 
 
いつものウォーキングコースの公園内に最近みかん系の匂いがしたので探したら、小さなゆずの木があった。肉厚の花びらを一片だけ頂戴してきた。ゆずと夏ミカンでは香りも多少違いがあるのかも知れないが、そのほんの小さな一片でも脳内に何かしら良さげな作用がありそうな気になる。 
 
アロマオイルにもネロリと言う柑橘類の花から作られた高価なものがあるが、花そのものから香る匂いとは少し違う。花から香るものが例えばA・Bと2種類あったら、アロマオイルはBのみ強く出ている感じ。Aの方が好きなのに、そっちははかなく消えていくのだろうか。 
 
今日は夕方テスト明けの長女とウォーキングに行き、初テストでピアノをサボり気味だった為家に残って練習の次女に花びらを一つ持って帰った。こんな香りに包まれて眠れたら気持ちいいだろうな~ 子供の頃、花びらのベッドで寝ていた親指姫がとてもうらやましかった事をふと思い出した。
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.