FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
住んでみたい
大好きな場所
今日はお使い物にする為に、実家母の親友(いつぞやの日記にも書いた茶農家の方)宅にお茶を買いに母と行って来た。
同じ市内とは言えうちから車で40分、鈴鹿山脈の麓にあるその付近は、土地がフラットで当然ながらお茶畑だらけ。霜除けのファンが随所に立っているが景観を乱す様なものではない。
今日もお茶を分けてもらい野菜を山ほどいただき、「じゃあ」とお家を出てから庭先で再びしゃべりだすおばさま二人。典型的な田舎の日本家屋の、裏手は車道(車も頻繁には通らなそう)、残り三方はすべて茶畑。目の前には山。
はーーー なんてなんて素敵な所。家の前の庭は低い生垣で一部仕切られているだけで後は解放的。庭の向こうの茶畑の手前に少しの野菜畑。1日中どこからも太陽が見え、夜は星空がさぞかしきれいなことだろう。間近に迫る山は決して威圧的ではなく、四季それぞれの表情を想像するだけで楽しくなってくる。
行き帰りの道中で、近辺にスーパーはおろかコンビニもない事に気付く。2kmくらいは走ればあるのかしら。車なければ不便よね。本屋もレンタルビデオのお店も何もないしきっと夜は真っ暗。山の麓だから冬は寒いだろうな。あー、でも、住みたい、こんな所に・・・・ 体に染み透る空気の中で暮らしたい。濃い濃度の暗さと静けさの中で寝たい。祖母の住んでる所もかなりの田舎だが、辺りの空間がこちらの方が開けていて明るい感じ。最近なぜかものすごく山のある風景を身近に感じていたいと強く思う。でもまあ現実にはそんな場所での生活なんてすぐにギブアップするんだろうなとも思うんだけど・・ 

そんな風に、相変わらず相手の話など耳に入れずに一方的にお互いしゃべり合ってるおばちゃん二人を背に、一人ウキウキしながらおニューの携帯で写真を撮っていたのでした。
この柘植の刈り込み、何気にもしや富士山?


スポンサーサイト



コメント
あら~ん
静岡にもこんな風景ありそうだったわん。
あんまり観光してこなかったけど。
おミカン畑は見ましたわ!
最近、定年後に田舎に住む人も増えているらしいね。でも妻は都会に残っていたり。
私は北海道永住の意思だけど、冬でも暖かいのは、ちょっと羨ましいよ~
もう、洗濯物は外に干せないし・・凍る・・

私、昨年ワンセグ携帯にしたんだけど、あんまり見てないわ。録画してパソに落としたりしてたけど、見てないし・・・
ソフ○バンク、携帯自体の借金返してるから、毎月の料金高い・・・
ついついネット見ちゃうけど、やめる癖付けてるところ・・・
機能ないほうが、安全かも・・・?
yuyu[URL] 2008/12/13(土) 17:21 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2008/12/14(日) 15:32 [編集]
ごめんね((+_+))
先日レスしたコメントが「管理人のみ閲覧可」になってました、ぼけてたみたいです。。yuyuちゃんごめんなさい<(_ _)>

3年前に買った時も出始めの機種だったのでそれなりのお値段だったけど、今は値段見てビックリだったよ(そこまで高いのは買わないけど)、以前の様に1円携帯なんてないんだね・・ 「この機種のこの機能は是非とも欲しいがワンセグいらないからその分安くして」なんて出来たら嬉しいんだけど(;^_^A

そっか北海道では洗濯物凍っちゃうんだ。そう言えば「牛乳は冷蔵庫に入れておかないと暖房ない部屋だと凍っちゃうから」と、昔働いてた所の札幌支店の人が言ってた。でも、最近転勤で行った人から聞いたけど、北海道に転勤になった人は、元いた所に帰る時も辛いんだってね、それだけ北海道って良い所なんだろうね~(*^_^*) いつか絶対行きたいです!

前にN○Kで定年後に田舎暮らし って番組観た事が。畑はやりたくないが、あの空気の中で暮らしてみたいなぁ・・  なんてここの空気が悪い訳じゃないけど、沢山の緑の中で暮らしたいです。車の騒音イヤ(-"-)
静岡は浜名湖と浜松、熱海、焼津辺り・・旅行ばかりだわ。気候もいいし、住みやすそうな所だよね。雰囲気的に三重の中・南部と似ているのかな?yuyuちゃんも今度は観光する時間持てるといいね~(*^_^*)
きすけ[URL] 2008/12/17(水) 13:01 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.