FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
かわいそうな父
ずっと前にここに画像を貼り付けた事もある実家の犬の太郎、うちに来る事になった。両親の住むマンションの管理人さんから許可はもらっていたものの、元々ペット可の規定が無かった為、住民アンケートにより全面的にペット不可となったらしい。 
私の記憶にある限りおよそペットを可愛がる事の無かった父が、2年ほど前から飼い始めた犬に子供や孫以上の愛情を注いでいる姿を、私や母、妹は、呆れて「ぼけたんじゃないの」等とこっそり悪口言ったりしてたのだけど(;^_^A 
 
1ヶ月程前の休日、父が突然ビール1ケース携えて「頼みがある」とやって来て太郎引き取りの話をした時は、まだ「以前にも同じ事があったけど、結局マンションの了解得てOKだったから今回も大丈夫だよ」と夫とタカを括っていたのに、この間の日曜日、一緒に犬小屋を買いに行く事になり、父と太郎の別れが現実になった。 
 
父と夫、私の3人で太郎の新居を決め、その後父の荷物を実家に運んで戻って来た夫によると、父が太郎に、「とうとうおまえの家を買ってしまったよ」としみじみ言っていたらしい。それがあまりに悲しげだった様で、私が「暇なら今からさっさと犬小屋組み立ててしまおうよ」と言っても、「お義父さんが可哀そうだからすぐには作らなくていい」と却下された。 
父が太郎の事を頼みに来た時も、『お父さん泣いてんじゃないの?!』と思ったくらいだったし、その後母からも「お父さんも太郎も元気がない」と聞いていた。何しろ自分の女房の誕生日には何もしないくせに、太郎には二つ三つとプレゼントを用意する父だ。ある時など、「太郎、幸せか?」と話しかけていたらしい(母談)(「まじヤバくね?」←私の心の声)。父が仕事から帰ると二人?でいつも一緒にいたのに、うちの子供達も「じいちゃん体壊さないかな」と本気で心配してる。 
 
今日も太郎の散歩のついでにうちに寄り、犬小屋の設置場所の確認をして行ったが、もう見ていられないほどの元気のなさ・・ 
まあ朝晩の散歩と餌やりは父がするのだし、週末は父の田舎に太郎を連れて毎週泊まりに行くらしいので、その内慣れるとは思うのだけど、こんなに元気のない父を見るのは生まれて初めてで、こっちまで悲しくなってしまう。 
 
てか、こんな状態で父の事ばかり気にしていたが、うちにやって来た太郎が、寂しさのあまり病気になったりしたらどうしよう。。。  ものすごく責任重大な事に気が付いた(ーー;)
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.