FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
うっほっほ~★
こんな時間に(午後イチ)初めて日記書いたのはレッスンで○もらえたせい♪ 
今日はハノンの音階h moll(X2)ごうか~く。これで##のスケール終了、次は明るいト長調~~~☆ 都合で次回のレッスンが1週間後になったのでト長調のみ~♪ホ短調、また今度ねっ(°∀^/*) 
ソナチネもごーか~く!今日は半音階、比較的スルスルと弾けました。ただ、やはり「重い」そうです、全体的に。 
最近、自分の「音の流れ」に気をつけて弾いているのだが、どうも(どうしても)きれいではない。 
 
誰しもそれぞれ「自分の音」ってのを持ってると思う。うちの子供の場合、上の子はわりと元気のいい音。曲の好みもベートーヴェンの「熱情」とかショパンの「革命」に(;゜∀゜)=3ムッハー!!というタイプ。結構何弾いてもガシガシ★って感じになりがち。 
下の子はどっちかっていうとおとなしくしっとり目。近現代曲よりもソナチネなんかがよく合ってます。しかし粒を揃える早いスケールなんかは苦手。結構アバウトに弾くタイプ。 
そこで「わたしは」と思うと、あんましいいとこ無し。 
この何年間か、今まで弾いてきた曲を振り返ってみても、なんか「慌しい」「落ち着きがない」「固い」「荒い」(これって性格そのものじゃ?!)って感じで埋め尽くされている。 
今回のソナチネも、CD聴いてみたりして少しでも軽くしようとはしたもののやはり固い・重いが顔出すので、ちょこちょこと現場で手直ししての合格。(ま、○もらえたからいいけどさ^^) 
 
ところで今日のレッスン、バロックはまだ途中ながら、意外に結構いい出来だったらしい。 
思うに、元々がバロック好きなので、CDなんか聴いていてもバロックの音は自然に耳に入っていって、弾くとそのまま手に伝わるのではないかと・・・ 音の出方が好きなんだよね、きっと。 
だからロマン派なんかを聴いてても、音がなにげに耳を通っていくだけで、脳が「指先まで配達」という送り状を付けてくれてないんじゃなかろうか。いや、古典ロマンも好きなんですけど。 
 
今回バッハを弾き始めたら、途端にハノンまでそれ風の弾き方になっていた。 
先生にそんな話をしたら、「バロックの音に馴染んでるからなんでしょうね。」と。しかしやはりそれじゃいけないとのことなので(そりゃそうだ)、これからはソナチネ譜読み終わってある程度自分で頑張って音も考えて、それでもどうしても作れない場合はリーサル・ウェポンとしてCD聴いて音をマネすると。「いかがでしょう!?」と先生に提案したらOK出してくださった。Yeah~ 
とにかく「軽くなりましょう」との先生のお言葉。今年の課題、多いですよ~(^^) ←なんて、合格にプチ浮かれてとても心軽やかなんでこんな顔。次回レッスンまで1週間しかないんだからしっかり新曲に取り組まなきゃ~~ 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.