FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
母の発表会
今日は踊りを習っている実家の母の発表会だった。 
日舞についての知識の無い私には全く分からないが、母を含めほとんどのお弟子さん達が踊ったのは、私のイメージしている純粋な日舞とは少し違うような曲・・・演歌?! 
演歌っても例えば美空ひばりさんとかさぶちゃんとか、私も知ってる曲は一つもなく、ほんとに演歌なのかどうなのかも分からないが、とにかくそれに合わせて踊るわけです。先生達は三味線・太鼓に長唄(なのかな、)のイメージ通りのチントンシャンだった。 
 
母はこの日の為に前からかなり気合入っていたから、衣装・化粧・ヘアーとすごい派手。「芸者さん?」と思うくらい、出演者の中で一番派手でしたね(~_~;) 「おいおい誰か止めろよ」と思いましたが、曲に合わせているのかどうなのか先生のダメ出しもなかったみたいで2曲ともこの調子で踊っておりました。 
 
私は演歌好きじゃないし、長唄は義父が長くやっているので時々発表会なんかでも聴いたりして慣れてるせいか、やっぱりあの踊りには演歌じゃない方が気持ちが良い気がしました。でもそれだとお客さんが退屈しちゃうんだろうか・・ 
 
自分の発表会でも、選曲って難しい。 
私の場合、先生ではなく毎年自分で好きな曲を選ぶので、今年はバロック始めたことだし、「ここはやっぱバッハでしょ(^・^)」と思っても、音数少なくて地味だし弾いてて難しいのに単調に聞こえるからあまりステージ映えもしないし、ポピュラーやりたいけど続くと考えちゃうし。。 
 
折角だから聴いてもらってる人に楽しんでもらおうと思うと、自分的には「これはすごいよ」な曲でも発表会には持っていかないってこともある。地味で単調だとお客さんはつまらない(自分で出演料払ってんだからそこまで考えなくてもいいんだろうけど(^_^;)。ようするに色んな意味で「ハッタリ」が効く曲を選んでしまうわけです。 
自分の技術がもっとしっかりしてりゃ、どんな曲弾いても人を引き付けることは出来るだろうから、そんな姑息な選曲方法じゃなくてもいいんですが・・ 
 
いつか、例えばソナチネやツェルニーを弾いても(極端に言えばハノンでも・・ってちょっと無理か)、人を引き込めるような演奏が出来るようになりたい。存在感のある演奏が出来るようになれるといいなぁ。と思います。 
 
と思いつつ、どうやら風邪ひいたようなので、今日は練習せずに子供より先に寝ます。 
今日の発表会、緊張もされていたようなのに、皆さんしっかり踊られてすごいな、と思った。私だったら振り付け忘れて立ちすくんじゃうな、きっと。 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.