• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
今日のレッスン
一週間しかなかったものの、先生も私の進行速度がある程度分かってらっしゃるようで、ソナチネ半分でも問題なかった(ようだ)。 
 
ハノンは左の脱力に気を取られすぎ、指変えの時に凸凹してしまくっていた。あちゃ~ ちゃんと意識しないとダメですね。 
で、スケールのリズム練習3種増えたのだが、これがまた難しい(-_-;) 最初の方のページにある練習ではリズムも乗りやすいけど、スケールでそれやると指がめちゃくちゃになってしまう、い~~っ。。 
 
「イギリス組曲3番 ガボット1」、途中まではそこそこいい感じ。弾いててもほんと気持ちいい~  
新しい部分のいつも引っ掛かる所、「これは和音の展開形ですからそれを理解すると弾きやすいですよ」と言われて初めて気が付き納得。そんなこと、譜読みしてる段階でさっさと気付けよ<自分。。 
私はアナリーゼなるものを全然しないので、そのことも仕上がりが遅い原因の一つかもしれない。これからは少しずつでも勉強した方がいいかも。。バッハは次回までに完全に上がらせておく。 
 
そしてソナチネ、「きすけさんにしては珍しく軽く弾けてますね」、と。( ̄ー ̄)v ソナチネやりだして、もしや初めてじゃないですか。 
細かい音の並びは微妙に雰囲気を変えて、和音の流れに気をつけてこれも次回までに最後まで。 
う~ん、今日は心軽やかだ~。 
 
今年は新年早々から、ピアノに対して結構熱が入っている。 
11月の発表会がそこそこ良かったからか、念願のバッハを弾けるようになったからか、ピアノの仲間が増えたからか・・・ 
去年1年間はその前の発表会で大きくへこんで、長くやる気が出なかった。一応練習はしていたけれど・・ 
打って変わって今年は、ピアノを始めた頃のような意気揚々とした気分で毎日弾いている。それと、少しだけ、弾いてる音を聴く余裕が出来てきたような。まあ出来て当たり前のことなんだけど、それがなかなか出来ないって事、私にはとても多い。 
その場で一応理解した気になっていても、本当に「あの時先生が言ってらしたことは、こういうことだったんだ」と気が付くのは、実は年単位で後になってたりする。・・鈍い? 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.