FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
クレマチス
和名ーてっせん つる状の茎の植物。種子は物体Xのよう(爆) 
 
私は昔から花が好きで、ちょこまかと花を飾ったりしていたが、育てるとなるとまったくダメ(+_+) 欧米では植物を育てるのが上手な人のことを「緑の手」を持つ人と言う という話を本で読んだ事がある(物語の中の話だったかも知れないが)。小学1年生の理科の授業で育てた朝顔も、友達は立派な花に葉、でも私のは薄紫色の、とても貧弱な花をほんの少し咲かせただけ。結婚するまでに私と仲良くなれた植物はOL時代に部屋に置いていたフェニックスだけだった。 
 
そんな私も8年前家を建て庭が出来ると、丁度流行り始めた「ガーデニング」と言う言葉と共にたくさん出回っていた園芸雑誌を買いあさり、にわかガーデナーとなった。初心者でも比較的簡単に出来るパンジー・ビオラ辺りから、毎日せっせとお世話をしだす。 
ある日新築のお祝いにと鉢植えのクレマチスをいただいた。昔生け花を習っていた時に見たてっせんだ、は~、こんなスタイルだったのか。 
大きな白のクレマチス。もちろんちゃんとした名前(品種名)ある。それまでの経験上、鉢物は1シーズンで終わりが相場の私、緑の手を持たない女。このクレマチスも2番花が終わったらさようならだと思っていた。実際水をやっていても冬になったら見事に枯れる。今思えばそれはフツーに生理現象なのだが、その時の私はそんなことももちろん知らず「楽しませてくれてありがとうね~」とすっかり枯れ草扱い(~_~;) 
 
それが翌春、放置したままの鉢から新芽が出てるじゃありませんか。「えーっ!!だって枯れてたし!」と、ほんとにほんとに驚いた。この種類は勢いが良く、見る見る間に生育していく。そしてまた立派な花を咲かせてくれた。なんと天晴れクレマチス! 
 
それからもう、一気にクレマチスのファンになった私、開けても暮れても苗を追い求め本を買い、果ては「日本クレマチス協会」に入会しようと申込み書を取り寄せるまでに。レベルが高すぎてやめましたが。 
今は園芸種・原種合わせて15種類ほどの可愛いクレマチスたちが5月ごろから庭を飾ってくれている。ここ2、3年は選定や植え替えを怠っていたせいで花の勢いも下降気味だったが、先日庭の草取りをしていたら、去年枯れたとばかり思っていた5番目の住人が復活しているではないか~ ごめんねハニー、今年はちゃんと2番花まで咲いてもらえるよう、きちんと手入れするよ。 
 
5月は大好きなジャスミンも咲く。時計草も咲く。ウチの色枯れた庭が一番きれいになる時期だ。(それと平行して虫も活動を開始する。。)2年ほど手を入れてなかった庭、今年はちょっとずつ直していかねば。 
 
ブルグ昨日から内声入れてみた。おお、この方が弾きやすいではないか。 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.