FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
にゃぁぁ~~ん
はーーー  母の店の帳簿、ようやく形がまとまってきた。なんだろう この未開の地での作業的な感覚・・・
恐らく母が未開の地の人であるからなのだろう。私は決して出来た人間ではないが、少なくともこの星の人間ではある。母は相変わらず宇宙人。遺伝子とはこんなにも乖離のあるものなのか。

マクロやVBAでなきゃできないと思っていたものが関数の組み合わせで帳簿が劇的に進歩した事に数年ぶりの感激。いくつになっても「やったぜ!」感は次へのやる気を引き起こしてくれる。そしてお肌への貢献にも°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
がしかし、これがピアノとなると話は違う。泣きたい。。
PCで疲れた腕は、ピアノを受け入れてくれない。なだめすかして練習するも、念入りにマッサージした上、お高いロキソニンの湿布を張ってのケア。
そこまでする程の曲を弾いてる訳でもないしそんな腕前でも全然ない。という事は手の衰えではなく間違いなく脳の方の問題( ノД`)
毎晩のお風呂でのストレッチで若干パワーアップしたはずの指の力では贖い切れない。確か前もここで希望が無くなったんだ。
進歩の為に欲を取るか、温存の為に捨てるか。
ギョニソやオイコスでたんぱく質の摂取に努めてるが、末端の指には中々到達しないみたい。
私にとってピアノとは、やる気と絶望の繰り返し。楽しめてるだけの時よりも進歩したと思わなければやってられないな。

その点、声楽は進歩を感じられるのがピアノよりずっと早いらしい。やった人が口を揃えて言う。
私も声楽やりたい。けどもはや声が変声期の男子並みに低くなってるし音域が狭い。
このご時世カラオケにも行けないしねー。。

てことで、先日次女のリクエストで長女の声楽レッスンが行われた。
レッスン生は次女。
そこに先生・生徒双方にダメ出しする女王様猫。
うちの猫、長女が音高時代に副科で取っていた声楽の練習の際、必ず側に来て「ニャーニャー!!」鳴いていた。
声楽専攻の長女の友達は「猫ちゃんも一緒に歌っているんだね~」と言ってくれたが、どう見てもあれはクレームにしか思えなかった。
ベートーヴェン好きなみーちゃん、ピアノについてはノークレームなのだけど、歌に関してはものすごく手厳しい。
10年ぶりにそんなシチュエーションになったが、やっぱり「一緒に歌っている」というより「指導」が入っている様に思える。
そんなみーな先生のご指導をご覧くださいニャ

https://www.youtube.com/watch?v=oaNmbP0oDFI&feature=youtu.be
スポンサーサイト



Copyright © 2020 ・・K-日記・・. all rights reserved.