FC2ブログ
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
3月
2月中に更新したかったのに朝になると忘れてしまう。最近記憶力の低下がほんと著しい。「あれなんだっけ」が毎日起こる。ここで思い出さねばと記憶を引き出そうとしても根負けしてスマホで確認してしまう。
コロナのせいでジムは休業、マスクは買えないので買い物もゆっくりできない。身体なまってるよね~ 同時に頭もなまってくるんだろうか・・・

先月の弾き合い会
・バッハ 平均律1巻1番 プレリュード
・ブルグ18 空気の精

プレリュードは、案外譜読みが面倒というか覚え難かった。ポピュラーで使うコードネームや和音記号を書き込んでみてもサッパリ案譜できない。最終的にCDで音を覚えて暗譜は諦めたけど、この曲簡単なだけあって今までの人生の中で一番納得いく演奏ができた。(あくまで自分的に です)
使用楽譜がヘンレ版なのでディナミークも自分で付け、後からバルトーク版で確認したらちゃんと合っていた。
長女に聴いてもらったら「えっ ちょっとびっくりしたかも」とお褒め?の言葉をいただいた(笑)
やっぱりきれいに楽に弾けると気持ちがよいし楽しい。こんなのばっかりだといいのに。

そして空気の精
こちらは、暗譜はし易かった。音の流れも掴みやすい。が、前回書いた様にオクターブが多くて手がきつい。毎日練習が終わると手のストレッチに10分以上掛けてケアしていたけど、日々疲労が溜まる。
今回発見して驚いた事  右オクターブの「1・2・5」指で弾く和音、いつも5指が別の音を拾っていたのだが、ある日気付いた。一つ手前の音でなく、一つ先の音を弾いていた。つまりオクターブじゃなく9度を弾いていたのだ。
それまできっちり手を広げたらオクターブだったのだけど、一昨年から毎晩入浴時に手を開くストレッチをしていたせいか、いつの間にか手が広がったのだと思う。これには軽く感動した。この歳になっても進歩があった事に・・
しかし演奏の方はと言えば、プレリュードほどの完成度は作れず。翌月に持ち越すにも手のトラブルもあったので未練が残りながらも終了。でも前回のスペイン風のワルツよりはやりたい事はトライ出来た。後から録音聴くと「なんでこんな風に弾いちゃったかなー」な所もあるけれど。そして相変わらずいざ録音となるとガタガタになってしまう。

何というか、これまで弾いてきて思う事だけど、私の演奏は自己主張が強い。
「ここ、こうしたい こう弾きたい」というのが強く出過ぎて、曲本来の性質を壊してしまったりしている事が多々ある様に思う。自己主張というか自己顕示欲といった方が正しいのか・・・
20年以上子供のピアノと深く関わってきて思った事、ピアノの演奏はその演奏者を現す。確かに私はその通り自己顕示欲が強いのだろう。そもそもブログやったり自分のHP作ったりだって自己顕示欲がなければできない事ではないか。
けど、それが悪い事とも思わない。自己顕示欲に対してあまりネガティブな気持ちも持っていない。自分の存在、表明を全く消して今更生きていく気もさらさらない。ただ、演奏についてはもう少しなんとかしたい。まあ作曲家の意図に沿った演奏を心掛けようという気持ちがあれば、いつか少しずつでも近付けて行けよう。

次の4月の弾き合い会に向けての曲は、バッハ インヴェンション13番と、樹原涼子さんのきたきつねのカップル
前回ブルグを弾いていて、ポリフォニーの練習の必要性を強く感じた。左を前ほどきちんと聴けていない。
しかしバッハは手への負担もあるので根を詰めない様気を付けなくては。
a-mollでちょっと淋しいので、簡単で楽しい子供曲も一緒に。これは弾いててとても楽しい。

インヴェンション、只今パキパキな感じ。本番までに滑らかにしたい。

先月、河津桜を見に尾鷲に行った。
桜は満開、ちらほら葉も。
DSC_3274.jpg

桜の側を流れる銚子川
国内でも屈指の清流らしく水の色がすごくきれい
DSC_3276.jpg

山の上から降りてきたパラグライダー
そういう施設があるのだろうか 是非一度やってみたい
DSC_3267.jpg

今年もお雛様
考えてみたら娘達も歳頃、いつまで家族で雛祭りを祝えるのだろうと思い、昨日はちょっと気合入れての晩御飯。
大人になっても健やかに・・
DSC_3285.jpg
スポンサーサイト



Copyright © 2020 ・・K-日記・・. all rights reserved.