FC2ブログ
忘れてたあれこれ
去年の夏、ピアノのお友達と東京でお会いした時に出た弾き合い会のお話、中止になったとの事
長女の渡航等で練習手抜きだったのでホッとした部分もある様なちょっと残念な様な・・

いや、10ヶ月あったんだから、如何様にもできたはずなんですけどね。練習ぐせがすっかりなくなってしまってる我が身が情けない。
一応、西村さんの焼き直しとモーツァルトのK.283を練習していたのだけど、西村さんはともかく、K.283、簡単そうなのを選んだはずなのに意外に弾きにくい。「これ無理じゃね?」と思い次女に相談したら、「これ弾きにくい所あるからね~」と、K.545を勧められた。
これまであえて避けてきた曲。理由は色々あるけど、一番大きいのはメジャー過ぎてアラも目立ちそうって事・・
弾きたいモーツァルトは沢山あれど、弾けるモーツァルトはほとんどない。K.330は前にもそこそこ練習してたのでこれにしようかとも思ったけど、ここは次女の勧めに従ってK.545を選んだ。(第一楽章のみ)
弾いてみると、「あ、こここうしちゃう?」と、相変わらずなモー様的ひねりがあるものの、K.283よりずっと弾きやすい。
って事で3月辺りからゆる~く練習してるんだけど・・・ ちょっと覚え難い所があって暗譜出来る気がしない(笑) 
それとオクターブ和音の分散形、私の超苦手パターン 手を傷めない様気を付けてるけど、過去に痛んだ事のない左手親指つけ根部分に結構くる(ノД`) これ、(も)弾けるのかなぁ

けど、確かにモーツァルト的弾きにくさは若干あるものの、難易度的には楽な方なので、ソナチネを一生懸命レッスンしてもらっていた事を思い出し懐かしい。
例えばスケール、左手和音の変化、和声の変化、強弱等・・ 意外に「こうすれば」って事、覚えてるもんだ。できるかどうかは別にして。
こういう、基本的なイロハの詰まった曲は楽しいしありがたい。そして古典なので片手練習も楽しい。楽しいので真面目にやれるので、「あ、ちょっとできる様になった」と実感できることが非常に嬉しい。こういう感覚、どれだけぶりだろう。10年前はこんな楽しい事やってたんだな、と思う。

この曲、次女が小学生の頃コンクールで弾いてた曲。次女のお友達も何人か弾いていたけど、みんな良く指がコロコロ回ってた。
私、スケール出来なさすぎて笑える。指変えも覚えられないし(笑)
ああ、挫折しないといいな、この曲。やっぱり名曲ですよ。
今はデジピでやってるけど、弾ける様になったらグランドに移ろう。
本当に、久し振りにわくわくしながら練習できてる。
実現しなかったけれど、これも去年弾き合い会を提案していただいたお蔭です。ありがとうございました。

そしてホッと気を抜いている暇もなく、なんとGW明けに地元のお友達と二人弾き合い会をやる事になった(笑)
目標6割!頑張ろー

実家父の誕生日に姪が描いてくれた似顔絵
元ネタ写真もビックリな出来栄えで、父は早速居間の壁に飾っていた。
徹夜して描いてくれたそうで、私も感激・・
DSC_0625 - コピー

↓元ネタ
むさ苦しい爺様画像でお目汚しすいません(笑)
DSCN1594 - コピー
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.