夏休み★
嬉しい週末だった。
先日長女の用事で東京に。同じくたまたま数日前から仕事で東京に行ってた夫と一緒に、半日私の為のお楽しみに費やした。
あー 楽しかった。ずっと行きたかった所。

こんな話をするとドン引きされそうだけど、私は子供の頃から幽霊とか妖怪が大好きだった。子供の頃の愛読書はその手の本、特に「日本妖怪図鑑」は妹や弟と一緒にどれだけ読み返したか分からない。(ちなみに「世界妖怪図鑑」も持っていた笑)
その本に出てくる妖怪や幽霊画は、当時の挿絵画家さんの描かれたものもあったが、多くは鎌倉~江戸、明治辺りに描かれたもの。今私が北斎や国芳を好きなのも間違いなくここがルーツ。子供雑誌や文房具屋でお化けグッズが出てたらものすごくときめいたなぁ・・ 怪談も大好きだった。何でなのか理由は分からないけど、大人になって思う事の一つは、あの絵画の中のお化け達には何というか奥ゆかしさとか謙虚な様を感じる。「世界妖怪図鑑」に出てきた西洋のお化けもほとんどが中世とかに描かれたものだったのだろうけど、描写自体は全然高度な物ではないのだけどそこに奥ゆかしさなどは全く感じられず、ただ「こんなもの」という描写。日本のお化けの様な、線香の香りやろうそくの薄明かり、廊下のきしむ音なんかの「かそけき」雰囲気は全くない。

ああ、前振りに力が入ってしまった。
とにかく、演奏会が始まるまでの空き時間、仕事も終わって暇な夫を誘って、子供の頃からの憧れの彼女達に会いにいったのだ。
谷中にある全生庵というお寺で、数十幅の幽霊画の掛け軸を虫干しを兼ねて8月の一か月間だけ展示されるのを数年前に知り、今回ようやく念願が叶った。そこには、子供の頃に何度も目にした丸山応挙先生の有名な画もあった。もう、感動でしたよ・・ 「実物はこんな所に微妙な色が入っていたんだ これは怖さを作るなぁ」とか、ぶっちゃけ先月京都で観た若冲展よりも感動したかも知れない(こちらももちろん素晴らしかったが)。
その後両国の江戸東京博物館で開催されている「大妖怪展」にも行った。ここは予想通りの混雑。昔から知っている版画や絵巻物が沢山展示されていたが、ものすごい人で満足に観られない。が、本物に会えた事が嬉しかったのでほくほくしながら帰ってきた。
日本の、昔に描かれた妖怪たちの何と愛嬌があって可愛らしいこと。私は幽霊や妖怪よりも人間の方が恐いと思っているのだけど、妖怪の様に人知を超えた存在を本気で畏怖する心があったら今の世の中もう少し良くなるんじゃないだろうか。夏休み最後の日曜日ではあったけどあれだけの入場者があるという事は、人々の中でもそういうものを求める気持ちがあるのじゃないだろうか。
と、何となくちょっとだけホッとして会場を出た。妹と弟へのお土産を買って(笑)。

お土産のポストカードと激辛煎餅↓
DSC_0083.jpg

1472470284723.jpg

妖怪でウハウハする前に行った場所が、同じく谷中にある「朝倉彫塑館」。昭和初期に活躍された彫刻家 朝倉文夫さんの作品を展示してあるアトリエ兼住居。ここがまた本当に素晴らしかった。私の大好きな古い建築物、3階建ての大きな空間のほとんどを見学できる。(写真撮影はNGだった)
アトリエも居住空間も中庭も(だったかな?)、全てご自身での設計だそう。この素晴らしい建物、奇跡的に戦火を逃れたそうな。神に感謝・・
館内のスタッフにも色々説明していただき、是非是非また行きたい場所。

ついでに夏祭り中の谷中銀座(ここもずっと行きたかった場所)もぶらぶらし、半日だったけど非常に満足な時間を過ごした。
最高の私の夏休み。これでまた頑張ろ♪
スポンサーサイト
濃い一か月であった
前回からの1ヶ月、色々と濃厚な日々でした。
でもまずはとりあえず言わせて
「暑い!!!」

先月までももちろん暑かったが、8月に入った途端暑さがハンパない。連日の熱気で吹く風は熱風。自分の体温と同じくらいの気温。
一昨日夜8時過ぎに外出したら車内の表示が35℃ おかしいでしょ!
おかしいと言えば、お盆に気が付いた 「セミが鳴いてない」
こちらの地方のセミ分布はアブラゼミとクマゼミが主流。記憶が定かでないけど、大体夏休み前くらいからその2巨頭が鳴きだし、晩夏に近くなるとツクツクボウシと入れ替わる(山間部ではヒグラシも)。毎年このパターンだったのが、この夏「おやっ?」と思ったのが、セミの鳴きはじめが例年より早かった。寿命を考えればいなくなる時期も早くなって当然だが、今年はツクツクボウシの声も聴こえない。(うちの庭だけでなく、ご近所歩いていても同じ)
鳴いてたら鳴いてたでやかましくて暑苦しいが、こう不自然にパタッと聞こえなくなると何だかちょっと不安な気分になる。この暑さだし。

日本各地での酷暑だが、それでもこちらから東京に行くと涼しいと思う。そう感じるのは新幹線の名古屋駅が一番顕著で、どんな時間帯に乗り降りしても、名古屋駅で列車から降りると「あづぅ・・・・・」と一気に萎える。列車内の冷房のせいかとも思ったが、東京駅に降り立つと冷房避けに着ていたカーディガンを脱がないままでいられる。先日埼玉からやって来た友人が「こっちは暑いなー」と言っていたし長女も帰省の際によくそう言っている。・・そりゃ虫もおかしくなりますわ・・ 庭のバイオハザードのアメリカノウゼンカズラまで暑さのせいか先端が枯れてきているし。

さてこの夏は五輪でしたね。連日朝から家事の進まないことこの上なかった。そして連日TV観ながら涙ぐんでました。
一般的な感情としてそりゃやっぱりメダルゲットはこちらも嬉しく喜ばしく感じる。が、国の威信を掛けてとまではいかないにしても、掛かる費用や待遇、使命感、色んなものを与えられ背負い込み、その責任感は我々常人の想像を絶するものがあるんだろうと思う。
純粋に「戦いに勝ちたい」という気持ちは当然あるにしても、動物じゃないんだから自分の周囲のあれこれをきれいさっぱり無にする事は難しいだろう。
この辺は男女差他個人の考え方の違いは大きいと思うが、一おばちゃんとしては「もうみんなどの子も本当によく頑張って・・えらいねえらいね、、、(´;ω;`)」と思うばかり。だけど、本人達にとってはそんなのは慰めにもならないんだろうな。やはり同じ土俵でいられる人間のみが理解できることなんだろうな。
丁度この夏うちの長女もスポーツでいうところの2回戦で負け、私を含む家族全員がそもそも1回戦で勝った事が想定外だったこともあり(力試し的なエントリーだったので)次に進めなかった事を全然気にしていなかったのだが、本人は「ふがいない 情けない」の連発でひどく落ち込んでいた。五輪のアスリートとは到底比べ物にもならないが、彼女なりには色んな事を考え背負っていたらしい。そして、それだけ勝つという事って大きいんだと思う。うちの小娘ですらこれなんだから、国の代表たるや・・ 皆さんの努力に頭が下がります。

私も見習って運動に励みたい所だけど、いかんせんこの暑さ 7月に軽い熱中症を経験したこともあり、今月からの酷暑の中でのウォーキングは止めている。食事制限は続けているし経過報告もする気満々なんだけど長くなったのでまた後日(・∀・)

夏の間の写真が一杯
山の日に行った養老の滝  暑い中山道を上り、やっと着いた滝(小さいよ)周辺は湿気満載で髪爆発 おまけにブヨに咬まれてエライ目に(ノД`)
滝は大した事ないけど山道がきれいだった 前を行く夫
DSC_0042.jpg

長女の落書き その1
DSC_0052.jpg


10年ぶりくらいにやった麻雀
みーちゃん高めで上がってます
DSC_0060.jpg

みーちゃんのお気に入りの寝床
両方交互に使うのでいつまで経っても捨てられません(^_^;)
DSC_0070.jpg

この夏の一番のお気に入り写真
庭にいたヤモリ  お食事中でした。初めて見たよ
DSC_0029_20160823174910c73.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.