FC2ブログ
危機感(-"-;)
昨日友達とランチしながら、お互いの体の事にも話が向いた。
最近同級生と会うと歳も大台に乗ったことだしいつも話題は「そろそろ更○期だよね」ってこと。
今の所私自身は自分が歳を取っていく事に対して自然な事と受け止められる。老眼も進んできたし内臓の老化も感じる様になったしフェイスラインも確実に全体的に下がってきている。(顏はお手入れ次第で少しは誤魔化せるが、顏よりも手の方が如実に年齢を現していて時々焦るが) けどもちろん、自分が楽しく過ごせる為にも老化は少しでも食い止めたいとは思う。なので最近は胃腸のケアを心掛けたり足の筋肉を気にしたりはしている。
だけど、先日一番大切な事をずっとおろそかにしてきた事に気付かされた。

3日前、別の友人と会っていた時の会話で、「家にずっといるんでしょ?」と言われたのだけど、その言葉で、結婚以来ずっと専業主婦の私はずっとこうして当たり前に過ごしてきたけど、よく考えてみたら働いている人達とは会話の量はもちろん、脳の使用量にもものすごく大きな差があるだろうって事に突然気付いた。

話していた彼女は半日のパートで、周りの友人達もほとんどそんな感じで社会に出ている。私と同じ専業主婦は、子供のピアノ関係には沢山いるけど近所の友達では一人だけ。
振り返ってみてみれば子供のピアノやなんかに結構手が掛かったので働いてなくて丁度よかったのだけど、先日の友人の言葉により「この先もこれまで通りずっと家にいてしゃべる相手は猫だけだったら、私確実にボケるんじゃないか?!」と強く危惧した。
結婚前は「結婚しても外に出るぞ」と思っていたけど、結婚後思いがけず家であれこれしている事が苦にならずむしろ楽しくて思う存分子供に手を掛けられる事も嬉しかったので(私自身の子供時代は仕事でいつも親がいなかったので)、家庭内でもそれなりに忙しく若かった事もあり全く気にしてこなかったが、最近介護関係のブログを読んでいるせいもあるのか、親の認知症よりも自分自身の心配が先決ではないかと心配になってきた。

数年前は「ピアノやってて頭も指先も使うから大丈夫!」とお気楽に考えていた(若かったし)が、これからは真剣に考えなければ。老いてから病気で寝込むのも嫌だが、ボケるのはもっと嫌だ。子供にも迷惑掛けたくないし。

仕事に出るのは家族が大賛成ってわけでもないので、まずは手っ取り早く何かの教室とかに入るか・・  幸い去年までの私と違って外に出ようという気になってきた事だし。
嫌いな数字の脳トレとかもやった方がいいんだろうな・・ 今何か脳に良さげな事ってスマホのアプリの1日1フレーズの英会話だけだし。譜読みで脳が真っ赤になる様な事、もう何年もない・・(゚Д゚;)
なんか物忘れも多くなったし、今後の検討案件第一号にしようと思う。
あと、ブログももう少しマメに更新すべし。

遠赤の暖房でお尻あぶり中のみーちゃん
み:「がんばれよ」
IMG_20141218_150423609.jpg
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.