お手伝い
実家父の顔を見に行って来た。土曜日に退院し元気そうで食欲も旺盛だそうでとりあえず一安心だけど、当然まだ普段通りの日常生活は送れない。昨日は夫と二人で、父がまだできない畑仕事をやってきた。

父が実家に住むようになり野菜作りを初めて5年。これまで畑なんて一度もした事がなく全く興味も持っていなかった人なのに、やり始めたらどんどんはまってしまい、田舎なのでスペースだけは十分あるのでどんどん手を広げ、あれやこれやと1年中何か作っている。
ようやく今年から縮小したらしいのだけど、それでも玉ねぎの苗だけでも500本植えると言う。よく分からないけど、趣味の家庭菜園ってこんなもの?本人は血液サラサラ目指してるの上での事らしいけど・・

出来た野菜はもらうばかりで一度も手伝ったことはなかったのでこんな時だし喜んで手伝ってきたんだけど、畑仕事って力仕事。夫と二人、しかも夫がほとんどやってくれたのだけど、かなり疲れた。いくら暇があって好きでやってる事とはいえ、耕しから収穫までの仕事量を考えると、これまで以上に感謝しなけりゃなと思った。

それにしても、野菜ってただ苗を土に植えりゃいいってもんじゃないのね。グリーンピースをプランターで育てた事があるだけなので畑の事は全く知識がない。お花は庭に多少植えたりしてるので、買い物のついでにパンジーの苗を買ってきて空っぽの植木鉢に植えてきたけど、口に入れるものはこんな手軽にはできないのね。

昨日は暖かくてとっても良いお天気だったけど、一転今日は雨に強風。私らド素人のやった昨日の作業がダメになってないといいけど・・(゚Д゚;)

DSC_0763.jpg
スポンサーサイト
もしもの時の為
以前から気になっていたお役立ちノート。何の為のお役立ちかと言うと、自分自身が入院したり星になったりした時に家族が困らない様日常の色々な事を書きこめるノート。
よく「エンディングノート」という名前で販売されているが、エンディングに限っての用途ではなく、保険や年金の種類や預貯金・不動産、親戚・知人の連絡先等の他、例えばクレジットカードの番号やWebサイトのIDやソフトのシリアルナンバー、自分の普段の行動やペットの餌についてなど、日常生活の上での忘備録にも便利なものになっている。
この手の品物は、ずっと欲しいと思いつつも何となーく買うのをためらいがちで、先週生協のカタログにも出ていたので「今度こそ!」と思ったのだがやっぱり思いきれずに注文を見送った。
それが、父の怪我という不運な事がきっかけで、今週一気に7冊注文しました。しかもネットで買ったら定価の半額近くで買えてホクホク。

先週、実家の父が太ももをチェーンソーで切るという大怪我をした。焚き付け用の木の枝を小さく切っていたら突然はじかれてその拍子にチェーンソーの刃が太ももに飛び込んできたらしい。
父は自分の実家に一人住まいなので自分で救急車を呼んで病院に連れて行ってもらったそうで、手術も無事に済み1週間で退院するのだが、弟妹と見舞いに行った時に母が「刃が当たったのがたまたま脚でよかった、お腹だったら誰にも気付かれず死んでいた」と言い、みんな「そんな大怪我をして何て運の悪い」と思っていたのが一転して「ラッキーだったねー!(゚Д゚;)」という事になった。

父は昔から私達子供の前では「痛い」とか「しんどい」とか絶対に言わなかった人なので、今回も携帯メールで具合を尋ねても「日に日に痛みは軽くなっているし薬もあるから心配ない」という返事。でもかなり広い範囲を切っているので大丈夫じゃないと思うんだよね。
でもわが父ながら気丈でビックリだったのが、母が事故後の家の様子を見に行ったら家中血だらけだったそうで「あんな歩けないほどの大怪我したのに何をやっていたんだろう?」と不思議に思って父に尋ねたら、救急車が到着するまでの間に家中の戸締りをしていたらしい(~_~;) 驚きが大きかったせいか、その時は痛みを感じなかったので割と冷静だったそうだ。

父は犬と一緒に暮らしているが、いくら仲良しでも犬じゃ救急車は呼べない。
見舞いからの帰り道、弟妹と「今後、万が一の事が起こる可能性はどんどん高くなっていくけどどうするべきか」という話になった。弟は以前にも「もしもの為に一筆したためておいてくれ」と頼んでおいたそうで父も了解したのだが、実際実行したかどうかは不明。母も最近行動や記憶が怪しい時があるし、困ったねと言ってた時に上記のノートの事を思い出し弟達に話したら、「もしもの事に順番はないから」と、親の分と自分達の分も注文してくれという事になった。父には申し訳ないが、親に頼み難い事を事の流れに乗せて言える、貴重なきっかけとなりました。
かくして実家両親と私を含むきょうだい4人+私の夫の分を手に入れる事ができ、何となくホッとした次第。ホッとしたまま記入するに至ってないのだけど、ノートを見てるとこの作業は結構楽しそう。
さすがに夫の両親には勧めるのは憚られるが、これ1冊あったら入院してもみーちゃんの餌の心配もないしお財布落としても最短での処理ができそう。何より、きょうだい全員持っていると思うと心強い。

「宝物」という項目には絶対KISSのPaulのキスマークつけてもらったTシャツを記入せねば!
とても疲れた
今日は非常にお恥ずかしい話をします。

本日はガス台の掃除をしようと決心。中でも日頃手入れをおろそかにしてる五徳中心に。
となるとしばらく調理に火が使えないから午前中におでんの準備をし保温鍋に投入。そして買ってきた強力洗剤に五徳他を浸け込んだ。

午後、生協の荷物を取りに行ってから掃除開始したのが2時半過ぎ
そこから私はなんと4時間も五徳の汚れ落としに時間を費やしたのでした。
五徳だけ ですよ?自分で言うのも何だが、いくらなんでもこれはひどいわー(@_@;)

これまでずっと、ガス台は汚れが目立ってきたら周辺全域とバーナーリングなんかは掃除しているのだけど、五徳は最初の頃こそきれいにしていたけどいつしか放置状態に・・
一体どれだけの汚れをため込んでいたのでしょう ぶっちゃけますと数年分・・ 五徳、油汚れで一回り太くなってるんじゃ?って思うほど。当然洗剤+熱湯に浸けたくらいじゃ落ちません。
ダ○キンの洗剤付スチールたわしでこするも全然取れない。スクレイパーがなかったので使わなくなったスプーンで汚れをこそげ落とす事数時間。
ゴム手は破れ、肩・腰・腕・指はガチガチに痛い~~(ノД`)
こそげ落とし4時間分の五徳の汚れ それに伴う体の痛み・・
もう今後、二度と同じ轍は踏むまいと誓いました( ;∀;)

私はお料理ブログが好きで結構見ているのだけど、そこに登場するキッチンはいつも超ピカピカなんだよね。
「これじゃいかん」と思いガス台の掃除をググってみると、皆さん晩御飯の片付けの時に毎日(毎日!ですよ!)受け皿から五徳から全て掃除してらっしゃるの。「結局それが一番手間にならないから」という事なんですが。。
うちの五徳はガス台全部を覆うデカいタイプ。はー これを毎日ね。。バーナーリングと受け皿も。。。
うん、やってみましょうこれからは。。

キッチン、そんなに汚くしてる方ではないと思っていたんだけど、ほんとにきれいにしてる方々ってすごいです。1日の終わりの片付けの際、流し台に水滴1つぶ残さずきっちり拭きあげたりもされるそうで・・
うちでそんな事しても夫や子供も流しの水道使うし、第一「水分拭いたから水出すな」とも言えないし・・
まあそこまでする気もはなからないのですが・・

それでも、なるべく「きれい」を保てるよう努力はしないとね・・
先日からちょこちょこと少し早目の大掃除をやってます。キッチンやリビングの棚のガラス磨いたり冷蔵庫掃除したり。さすがにもう台風も来ないだろうから、来月になったら窓掃除も始めなきゃね。
できる限りきれいにしてお正月を迎えましょう。また次女に怪我をさせるような事のない様・・

それにしても午前の内におでん作っておいてほんとによかった。ガス台掃除終わったらもう晩御飯の時間だもん。
しかし、まさか五徳だけにここまで時間掛かるとは誰も思うまいよ・・(-_-;)
深く反省の4時間でした。
11月
11月も早や1/3過ぎました。11月はショパンのノクターンが似合うと思う。て事で今聴きながら。

楽しくKISSぼけしてた10月が終わり、11月の最初の土曜日には高校の時のクラス会がありました。
6月の同窓会の際、会場のあちこちの友達の所をうろつき回って自分の席に戻ったら「きすけも一緒にね!」といきなり振られた幹事の仕事。幹事の3人の内働いてないのは私だけだったので仕事のほとんどを担う事になったのだけど、とりあえず大きな穴もなく(たぶん)無事に楽しく終われて良かった。
3次会まで行っちゃって結構飲んだなー あんなことほんとに久しぶりだよ。
新卒でお若かった先生も我々同様歳は取ったけど、お元気そうで何よりだった。
思うんだけど、若かった頃の友達沢山といると、気持ちだけじゃなく体まで若返るんじゃないだろうか。今年初めて経験した同窓会&クラス会だけど、結構健康効果あるんじゃないかな。次は3年後。

あー 楽しかったな~ と思って連休を過ごしていたら、長女から「具合が悪い」と朝っぱらから電話があり急遽東京へ。風邪ひいて一晩中吐いていたそうで、到着して私の顔見るなり泣き出し(^_^;)
熱も39度と高かったので、しんどい中一人で相当心細かったのだろう。幸い翌日には熱も下がり病院へ行って薬ももらってきたのだけど、食べてなかったこともあり一回り小さくなった様な。さすがに若いので回復は早く、私は1泊して帰ってきたのだけど、離れて暮らしているとはいえ、東京だと家から3時間で行ける。これが九州や北海道とまでいかなくても、却って近隣の県なんかの辺鄙な所の方が時間が掛かりそうだ。
長女にはこれを機に自己管理に努めてもらいたいもんです。

ところで、長女の前に家では次女が先月末に風邪を引いていた(しかも大事な試験の真っ最中に→テスト1教科受けずに早退してるし 自己管理がなっとらんね)。症状は違ったけど同じく胃腸風邪。タイムラグは4日(笑) これじゃ一緒に住んでんのと変わんねーじゃん
昔子供が小さかった頃は、子供が風邪弾く度にそれは見事にきっちりと親にもうつされていた。時を経て親も強くなり、今や少々の事ではビクともしなくなりました。
実は次女が風邪ひいた日、私はなんと京都大学に行ったのです。バス旅行だったので「うつってたら嫌だなぁ」と心配だったけど何事もなくホッとしていたのですが、さすがに長女の看病の後は少しもらったようで。まあ全然大した事なかったけど。

ちなみに京大行きは高校のPTA旅行。残念ながらうちの娘はそんな恐れ多い所に全く関係ない人なので当然私も申し込みの際に不参加で提出していたのだけど、子供が京大志望の友達が「一緒に行く人がいない」との事で付き合う事になった次第。まあこんな事でもなければ一生行く事もない場所だったので貴重な経験ではありましたが、あまりにも現実から離れている場所ゆえ興味津々での見学には至らなかったなぁ。。(高校の卒業生が校内を案内してくれたのだけど、さすが京大生言葉の端々に知性が溢れてます。ほんとに次女と同じ高校か?次女学校でいったい何してんの?寝てんのか?)

大学構内はさすがに歴史のある重厚な建物ばかりで、もうそこにいるだけで偏差値上がる様な気すらする素晴らしい環境。そりゃ憧れる子も多いはずですな。次女も去年遠足で行ってるはずなのに、「広かった」って感想しか無かったです(笑)
まあ親の私もその後のスイーツ探索の方が興味があったので・・親子揃って仕方ないですね( ̄▽ ̄;)
美味しいお弁当と京都散策。抹茶パフェ、すんごく美味しかった~~~

お気に入りの店で買ったメモ帳 
文箱とかもとっても素敵なんだけど、眺めておしまい な、お値段でした・・
DSC_0748.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.