スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習の様子です
ふと気が付いたらブログのテンプレートが使えなくなってんの。ちぇー 気に入ってたのになー
とりあえず間に合わせのテンプレでしばらく。

ここん所、練習は夜の1時間だけにしている。そのせいか夜中の腕の痛みもなくなった。多分、片手・部分練習が減った事も負担の軽減になったんじゃないかな。最近、スラスラとまではいかないけど、ようやく楽しく弾けるようになってきた。

でも、こういう状態になると、逆に弾けなくなったりする個所が出てくるのもいつもの事。
両手で弾けるようになったのが楽しくて、「さあ強弱付けるぞ 歌わせてみるぞ」となると、だんだん運指がいい加減になってきて、つまづいたり転んだりするようになる。
そうなったらまた片手練習でおさらいしなくちゃならないのだけど、今はそれよりもまだ両手で遅ーいテンポで止まらずに弾ける練習。
テンポで弾ける様になった様に思っても、つっかえつっかえじゃ意味がないから、まずはゆっくりでも一本の糸の様に弾けるようになりたい。
メトロノームの二桁台に合わせてきっちり弾く。そうしていると、苦手な所は肩や腕に力が入って来るのが分かる。これが脱力できる様にならないとね。手的にきつい所もあるので完璧には無理なんだけど。
しばらくそんな練習して、本日の練習最後に好きなテンポで弾いてみる。グダグダだけど気持ちが少し入れられる。
ああ、これこれ、この楽しさの為に半月掛けて片手練習してきたのよ、、、と、いつも思う。苦労が報われると感じる時。まあ前述の様にすぐに崩れるんだけどね(笑)
それにしても両手がきちんと合わないなー、速度上げると左符点とのリズムがずれちゃう。一つずつクリアできるようやってかないとね。

この1ヶ月は結構マンガを読んだ。
「3月のライオン」、コンビニで買った「ドラえモン」(笑 子供の頃好きだったのび太の夏休みの話)、秋の気配が近づくと無性に読み返したくなる「日出処の天子」、「テルマエ・ロマエ」の最新刊。。
夏の疲れも癒されます。
スポンサーサイト
手のこと
お友達からピアノ一緒にやろうとのメールをいただいて以来2週間、毎日少しずつ練習を続けてきた。まあ間に合えば来宅時にお聴かせできたらな、くらいは思っていたけど、その日に向けてまっしぐらにやっていた訳ではない。ただただ曲のタイプが好みで弾いてる事が楽しくて楽しくて、毎日弾き続けていただけ。
が、午前と午後に40分ずつとか、30分を1日に3回に分けてとか(それも所々手や体のストレッチなどを挟んで)、自制しながらやっていてもついつい時間は長引いてしまう、だって楽しいから・・
私の悪い癖で、片手練習でつまづく所は延々意地になってやっちゃうので、そこはいら立つ気持ちを抑え込んでストップかける。そしてその時は必ず、手を壊した時に様々なアドバイスを下さった何人かのお友達の顔が浮かんでくる。そうすると、「あ~、まだやりたいんだけどな」な気持ちが、「そうそう、ここでやめなきゃ」と、自分を抑えられるから不思議。皆さん、ほんとにありがとうございます。

でも。それでも私の右手は不機嫌になる。
長らく弾いてなかったのだから、本当は10分ずつの練習時間から始めなきゃならないのかも知れない。
そして、6年前までは多少あったピアノ用の筋肉なんかが弾かない事によって無くなった上、私自身が6年分歳を取った事も大きい。脚はウォーキングやエクササイズで何とかなっていても、手は何もしてなかったしなー・・せいぜい毎晩お風呂で指のストレッチしてたくらい。

弾く前後も手のストレッチしたりしてるけど、先週は夜中に右手の痺れと痛みで目が覚める様に。何年振りかのこの感覚。治療に奔走していた頃の、手の不具合との「戦い」を思い出した。

6年前に手を壊して以来あれこれやっている内に疲れてしまい、手術とか遠方の有名病院への遠征まではする気力ももうなくなり、「戦い」には敗れたままずっと相手方のご機嫌を損ねないように過ごしている。でも、例えば姿勢を気を付けるとか、重い物をなるべく右手で持たないとか冷やさないとか、最低限できる抵抗は続けてる。
歳の事もあるし、きっとこのまま前の様には良くはならない。残念ではあるけど、お陰さまでこの6年間で、何というか諦めみたいなものもできて、痛みが出ても以前ほどは落ち込んだりはしない。

元々、譜読み力も無い事もあり、曲の完成には人の何倍も時間が掛る。この先、急がなければいつかは1曲くらい完成するだろうと思いながらやっていくしかないと思う。
もう50年近く生きている訳だし、何もなくても不具合が出てくることは普通にあるだろうから、欲を出さずに亀の様にやっていかなきゃね。でも、多分これが一番難しいんだろうな。。
連弾
先週の水曜日、例のお友達が遊びに来てくれて、約1年振りに色々話をした。
前回会って「連弾しよう」と話して以来、私は長女の引越し準備、あちらはお義母様のお世話でそれどころではなかったが、お互いようやく自分の事に目を向ける気持ちの余裕が持てる様に。

現在練習中の2曲を聴かせてもらい(私のハイドンのご披露は次回に)、また連弾を進めてみようという話になった。
二人ともレベルは似たような感じなので、去年そのつもりで買った連弾楽譜はお試しをいつくかやる予定で初心者用にした。
が、有名クラシック曲をアレンジしたその曲集、こう言ってはなんだがアレンジがあまりにも・・・で弾いててしっくりこない。
もったいないけど、別の曲にしましょうという事で、現在提案中の曲は、フォーレのドリー組曲の中の1曲。

この曲は長女が中1の時、M谷りかさんというピアニストのコンサート中で連弾をさせていただいたことがある。その時に、「これなら私にも弾けるかな?」と思ったのが同曲中第1曲目の「子守唄」。ドリーはピアノ友のSちゃんにも関わりのある、思い出深い曲だ。

先日、次女に「一緒に連弾やろうよ」と誘われた。子供からこんな事言われたの初めてだったので嬉しかったー笑
「ママは超簡単なのしかできないよ」と言ったら何でもいいとの事だったので、ギロックか何かを考えていたのだけど、一昨日試しに子守唄を初見で合わせてみたら何とかなりそうかも。(私は右手ばかりだったけど・・)

テンポはゆったり目、プリモは単音ばかりのレガートで歌える曲。私の手にとって、いう事なしじゃないですか。
お友達とは月1くらいのペースで会う予定なので完成はいつになるかわからないけれど、ぼちぼちやっていけたらと思います。
その前に手の心配もあるけど・・
その事についてはまた明日。
久々の練習
タイトルに「ひさびさ」ってのが多いなぁ(笑)

来週の水曜日の友人来宅には間に合わないけど、先日から毎日ピアノの練習してる。曲はモーツァルトはやめてもっと短いの、ハイドンのHob.35の第3楽章。あの全音版の「ソナタ集 1」の1番目の曲ですね。
ウィーン原典版で3P、全音版で2Pのコンパクトだけどとっても愛らしい曲。以前から大好きだった。

毎日きちんと弾くのは本当に久し振り・・ 手が心配だから、午後と夜に分けて2時間ほど練習している。
そんなに時間掛けるつもりはないしむしろ手の為には短縮しなければいけないのだけど、練習がすごく楽しい。
私は最初は片手ずつの練習に時間を掛けるのだけど、まあ普通は左の伴奏は飽きてくる。だけどこの曲の左パートは弾けども弾けども飽きてこない。ずっと片手ずつ練習したいくらいだけど2回交代くらいにしないとすぐに手が悲鳴を上げるので気を付けているけど、伴奏型とメロディックな部分が交互に入れ込んでいて、弾いててバロックみたいに楽しい。
という事は と両手で弾いてみると、案の定バロックみたいに弾き難い(笑)

この曲は完成させたい。うんと音楽的に弾きたい。ハイドンらしさをできるだけ出して。
そして次は2楽章をやりたい、最後にできれば1楽章・・
と、目標というか夢みたいなものが出てくる。これもひさびさ。
手の具合との駆け引きに負けちゃったら無理だから、時間を気にし、手と体のストレッチ、指番号も二つの楽譜を見比べて弾き比べて・・ 
この短い曲に大袈裟なくらいのパワー投入です(;^_^A
ハイドンはどの曲もトリル多過ぎてそれだけで萎えるけど、とても好き。なんか気持ちにぴったりくる。

手は、右はやっぱり重くて熱くなり少し弱った感じ。今日は練習時間半分。

って、こんなこと書くのも本当にひさびさだぁ
うんざりDM
長女は再来年成人式を迎えるのだが、今年の春から振袖のDMが来るわ来るわ、話には聞いていたけど、この沢山のDMの費用だけで安い草履の1足買えるんじゃないかってくらい。
しかも、今時の振袖、ご存知ですか?もうびっくりするくらい『品』からは程遠い、「これ着物にする意味あるの?」って感じの色柄、ファーやレースにラメ入りの伊達襟・半襟、帯揚げ、加えてモデルも超派手で、ビジュアル系バンドみたいなヘアーに3cm以上はあろうかと思われるブルー系のネイルに手首にはタトゥー・・ 屋外の撮影ではマックのポテトをつまみながら とか、モデルさんに罪は無いけれど、悪いけど一世代違う私にとってはげんなりする様な写真ばかりのDM・・ 今はみんな、ほんとにこんな恰好で成人式出てるの? 別に着物に詳しくないし特別思い入れがある訳でもないけど、浴衣も着物も暑苦しくて派手(ケバい)だけのものが多くて本当にがっかりする。
できれば娘には私の振袖を着せたかったけど、母が誰かに貸したっきり失くなってしまったので、妹のを借りる事にした。娘二人だし1着くらい買ってもいいなとも思うけど、昔と違って今は友達の結婚式にも着ないそうだし、お茶も習ってないし、成人式以外着る機会がないだろうと思うと買う事を思い切れない。大体その頃大学で忙しそうなので帰れるかどうかも分からないし。

それにしてもこの、各種DM。子供が生まれてからずっと、お雛様に始まり、学習教材、塾と、20年近く来ない月は無いくらいしょっちゅう来る。成人式が終わったらDMも終わるのだろうか。それとも次は結婚式場の案内や婚活情報とかが来るのか?そして私にはいずれ終末ケアの案内などが来たりするのだろうか・・(-_-;)
さあ秋へ
暑苦しかった夏も徐々に秋に移行してると感じる今日この頃。日中はまだまだ酷暑だけど、明らかに空の色が違う、空気が違う。
お盆過ぎに一旦東京へ戻った長女、用事が済んだら月末にまた帰省し、ようやく先日東京へ。次女も文化祭が終わり、日常が戻って来る。

去年の今頃は長女のマンションの契約やら所帯道具の準備やらあちこちのレッスンやらで忙しかった。しんどい事ばかりだったけど、一つだけ、高校の公開レッスンでのリグット先生のレッスンは楽しかったな。とってもお茶目な先生で、フエルトのハートをプレゼントしていただいた。去年のほっこりな思い出はそれくらい。今年はそれに比べたらとってもラクなはずなんだけど・・
   (以下うっとおしい愚痴になりますのでスルーで結構です)

お陰さまで足を骨折した母も元気ではいるが、毎日顔を合わせるのが精神的にとても負担。わがままは言わないし傍若無人な振る舞いもないのだけど、笑いながら言う無神経な一言にとことんうんざりさせられる。
元々ごく近所に住んでるのに自分からは滅多に足を運ばないし、近所だけど隣県に住んでる程度の距離感をもって付き合ってようやくバランスとっている感じなので、今毎日の様に接しているのがすごいストレス。。(こうなった原因は今はスルーですみません) まあ何とか普通に接しているけど。

こんな事書くべきじゃないのだろうけど、ちょっと吐き出さないと無理。母子の諸問題、クリアしている人も結構いるが、子供の頃からの度重なるトラウマは、歳と共に重くのしかかる。
普段はそんな事ないんだけどね。
はー  真剣に介護に自信がなくなってきた。

と 愚痴はここまでで終了します。

そんな時、奇跡の様にお友達からピアノのお誘いをいただいた。
去年の今頃、連弾しようと話が盛り上がったお友達だ。
残念ながら去年はセコンド担当した私が右手を傷め、そうこうしている内に上記の様に長女の件でとてもピアノどころではなくなったので、全てが片付くまでお預けにしてもらっていたのだ。
で、春が来て夏になると、「もう連弾は興味ないかな」と思い、またエネルギッシュに色んな事をこなす方なので、催促がましくなっても悪いなと考え、時々思い出す度どうしたものかと思案していたら、気持ちが通じたのか向こうから連絡をいただいた。
1年前はやりたい風でもなかったクラシックを今やっているそうで、またきっかけをいただいたので今度こそせめて1曲やり通せるよう頑張りたい。
夏に、ドビュッシーやモーツァルトはパラパラと弾いてはいた(“弾いていた”なんておこがましい状態だけど)けど、今度はきちんと仕上げたい。

長女が東京に戻る前、次女と二人連弾をあれこれやっていた。
プリモとセコンド入れ替えたり色んな曲を沢山弾いていたのだけど、笑えたのがドイツ物になるとみーちゃんがピアノの上にやってきたこと(´∇`) みーちゃん、長女の激しいベートーヴェンを物ともせずピアノの上で寝ていた子。やっぱりドイツが好きなのかニャ。
私もみーちゃんに聴きに来てもらえるようになりた~い
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。