FC2ブログ
任務完了
この4日間、東京の先生方、7年間ご指導いただいていた先生、作曲の先生それぞれに御礼に伺った。これで一つの区切りが付いたかな。どの先生もそれぞれとてもお世話になったしとても勉強になった。G大先生は「ミスは結構あったけどあなたの良い音楽は伝わってました。それだけは直接伝えたかった」と、涙を誘う言葉を言っていただいた。入学する学校の先生は、多大なるやる気を娘に与えて下さった。(思いっきり釘も刺されたけど 笑) 7年間お世話になった先生とご家族には、私自身も沢山相談に乗っていただき励ましていただき、何より先生のピアノの音が大好きだったので非常に別れ難く、おまけに次女も最後のレッスンだったので、切ない思いも一杯だった。作曲の先生は知性の塊の様な本棚とピアノに圧倒されつつもいつもほんわかと暖かい雰囲気で、お会いするのが嬉しかった。これまで私も娘と共に一目散に走ってきたけど、振り返ってみると、素晴らしい先生方に恵まれ、本当に沢山のものを私まで頂いたなぁと、感謝の気持ちで一杯だ。
今日気付いたのだが、私は小さい頃からピアノを習いたいのにそんな機会に恵まれなかったけど、娘のお陰で、もし子供の頃には習っていたとしてもこれ以上は無いという位の色々な知識を与えてもらえたのだと思う。それは自分への直接のレッスンではないが、例えば様々なピアノ曲、音楽の感じ方、練習のあれこれ、ピアノを勉強していく上での楽しみ苦しみ・・ 苦しみは、本当に沢山あったけど、楽しい事は倍以上あった。月並みなことばだけど、とても・・幸せなことだと思う。
このままバリバリ弾けたら最高に幸せだけど、まあできる範囲でぼちぼちやって行こう。

残るは来週の娘達の発表会。次女はこれが最後の発表会。ずっとまともに練習できてなかったから、果たして満足いく演奏ができるかどうか(;´-ω-`)
「もう着る機会ないからいいよ」と言っていたけど、次女の為に新しいドレスを買った。これが最後だと思うと寂しいなー
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.