良いお年を!
恒例のカニ&牛なべで腹一杯加えて赤ワイン2杯でいい気分な年の暮れ。ずっと胃腸やばしだけど今日だけは。

今年は・・重かった。私個人でなく。
何よりもまず震災。地元で震度3って訳じゃなかった上初先生レッスンも激震だった3月11日。未だに関連ニュースで胸が痛む。

考えてみれば、去年の暮から重かった。昨日、長女の今年最後のレッスンは、1年前と同じ日同じ時間。去年は大きな電車事故でレッスン行けなかった。大晦日は重苦しい気分で新聞を読み、その状態のまま年が暮れた。払拭しきれない暗さが、年が明けてもぬぐい切れずに残ってた。
私生活でも、受験生の長女の事で激震は続き、音高生の親として皆当然やれるべき事を、ぜいぜい言いながら追いかけた。

今年長女は無事に最後のレッスンを終え、紅白もチラ見しながらピアノの練習に励んでいる。
そして私は、大掃除している最中、ウォークインクローゼットの中のほこりを見つけた時、突然「来年は数年振りに自分にもっと目を向けられる年になれる 」と、明るい展望を感じた。来年はこんなほこりを寄せ付けないぞ。夏服が寝室に残ってる様な状態は作らないぞ。そう思って、なぜか新しい年に明るさを感じた。

人生は、気の持ち様で随分変わるものだろうけど、それだけでは何ともならない事も絶対ある。刃向う事もできず、かと言って流されっぱなしという訳にもいかず。自分にできる精一杯の事を、その時その時こなしていくしかない。そんな風に、今年1年できただろうか。
今日は反省とかしない。少なくともいつもよりも大掃除その他が早く済んだ事を、一歩前進と思おう。
そして新年はもう少し前進できる様。歳取っても頑張るぞ。
皆様、良いお年を。明るい新年をお迎えください。
スポンサーサイト
忙し
びよーんと続いた長女のあれこれが一昨日一旦片付き、ようやく冬休みになったって感じ。しかし世間は既にもう年末、今日は実家母と墓参り。帰宅しても雑用に追われ、自分の時間がなかなか持てない。

今月早々に母がまた骨折ししばらく入院していたのだけど、今回は右肘のみで歩けると言う事で、救急患者の増加で退院を迫られた。私はしばらく東京にいたので不自由したと思うけど、わずかながらも何とか身の回りの事はできていた様なので気になりつつも放っておいたのだけど、これ、看病とか介護となると本当に大変だろうなと改めて思う。
抗がん剤治療している義父も一旦退院して調子も良くて、お陰さまで忙しいなりに今は自分の事に集中できるけど、世の中目の回る忙しさの中であれこれやり繰りしてる人も沢山いる事を考えれば、今の自分の忙しさなんて全然大した事ない。
けど、先月から色々と続き、元々体力あまりない私、何だか疲れが全然取れていかない。毎年正月には私の弟妹が集まるためお料理も作らなければならないんだけど、今年はそんな体力残ってないのでみんなで外食にしようかと。
明日は流し台・ガス台の掃除と正月のお花を活けておしまいかも。あ ウォーキングはします(^^ゞ

ゆっくり温泉にでも行きたいな~
キャッコエェ~~
ライブ疲れでアップが遅くなりましたがエアロ行って来ました。すんごい良かったです。やっぱりアリーナ席・スタンド席がある大きな会場でのライブはいいな!久し振りに広い空間に入った時、会場の天井辺りに漂うスモーク感。「あーKISSと同じだー」と嬉しくなる。
会場はほぼ満員。客層は同年代で一杯でとっても安心感(笑) 同じ音楽シーンを共有したお仲間ですね。
スタンド席ではオープニングまでにウェーブが起きていた。中年、頑張ってるよ!

さて主役のご本人は中年どころか63歳。さすがにお顔のシワは多い。けど、スタイルいいし動きも軽やかだし、相変わらずセクシーでかっこよい。ただビシバシきめるタイトなライブも好きだけど、アメリカン・エンターテイメントな雰囲気も感じられるこんなライブは、他ではなかなかお目に掛れない。子供たちにも是非とも経験させてやりたいと強く思った。

エンターテイメントって言うと何だかお気楽っぽく聞えるかも知れないけど、個人的には、自分の身を削って観客に楽しみを与えてるって感じがする。会場にはアーティストの細胞の破片が宙を舞っているような。もちろんそこに自分自身の楽しみもあるんだろうけど、「魅せる・聴かせる・楽しませる」が強く伝わるステージ。
娘のピアノと重ねて考えると、独演ってどうしても自己中になりがちだから、こういうスタンスって大事にしなきゃなと思った。

開演前にチケットを譲ってくれたお友達とお食事。久し振りなのに、水が流れる様に会話がはずむ心地よさ。
コンサート終わって周りを見れば、KISS仲間のなんと多い事よ(笑) 数人と連れだって飲みに行った。ああ、楽しかったな。子供の受験から離れられて生き返った感じ。
来週から数日長女と東京です。翌週もまた。でもエアロの余韻に浸りながら頑張ります。

それにしても、エアロのライブに来て一層KISSを恋しがってる私達(笑)「楽しかった~ でもこれがKISSだったらなー」な一夜でした。
まさに棚ぼた
明日は超久々に来日アーティストのライブに行くのです。エアロですよ。エアロスミス。エアロは高校生くらいの時から地味~に聴いてて好きだったけど、これまでライブは行った事がない。ライブの規模もでかいのでどうしてもドームになってしまうのだけど、ドームでの音楽興業はあまり好きではない。B’zのドームライブに2回行ったけど、あまりに広過ぎて、1回目の時は音に時間差ができちゃう遠い席だったし、ステージはスクリーン頼みで気持ちがいま一つ盛り上がらない。

今回、来日のニュースを知った時に行こうかと思ったのは、ハコが体育館だった為。
この地方の我々世代の洋楽ファンにはとても深い思い出の場所。単独公演だし行きたかったけど、その時点ではまだ諸々の予定が組めなかったので諦めた。

それが先日、KISS仲間からチケが余ったという有り難いお話を聞き、速攻話に乗せていただき、いよいよ明日、初エアロライブです。超ラッキーです。

今年は三月以来なーんにもライブ行ってない。どころか、海外アーティストのライブなんて、一体いつから行ってないだろう・・・
偶然にも、他のKISS仲間も行くらしいので、開演前・終演後それぞれプチPartyやってきます♪帰宅する体力残るかなぁ(*≧∇≦*)

それにしても、あーほんと久し振りだ。やっぱりアリーナ級の海外アーティストのライブ(気持ち的には「コンサート」と言いたい)は、一際高揚感がある。お歳を召したとはいえ、その昔KISS・QUEENと共に洋楽雑誌の表紙を飾った三大巨頭の一つ。ライブ前の私のワクワク感は、中学生の頃と変わらない。

なのになのに、やっぱり、KISSの時の様には自分の服やメイクに気合いが入らない。ワクワクはするけど、スティーヴンもジョー・ペリーも、KISSのポールの様に私の王子様ではなかったもの。
明日のライブに行くKISS友に「着るものに気合いが入らない」とメールしたら、彼女も同じくで笑えた(笑)
明日、楽しんできます★
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.