いいお顔
心配していた台風もこちらは何事もなく過ぎて行ってくれて一安心。しかし雨の週末、セイタカアワダチソウの花粉も手伝ってなんとなーくだるさを感じる。
そんな時にこの写真。何だかとてもなごませてくれます。近所の花屋さんの店先に飾ってあるんだけど、お店のオーナーの、小学生のお子さん達が作ったんだそうだ。
「ハロウィンの日まで飾ります」とおっしゃってたので、週末に買い物もしないのにお邪魔して写真を撮らせていただいた(;^_^A
オバケって感じの口元にとロウソクの淡い光、直径50cmはありそうな大きさが、日常ではない何かを感じさせてくれて、ワクワクします。
こういうデコレーションって楽しい。今年こそはクリスマスツリー、出そうかな。

20101029182511.jpg
スポンサーサイト
いつの間にか
さすがに最近涼しくなってきましたね。気が付けばいつの間にか10月も下旬、もう少ししたら慌てて冬服を引っ張り出す事になるんだろうな。とりあえず毎年買っている冬用の5本指ソックスを注文したが、今年はいつになったらはけるのやら。足の指、まだまだ治りそうにありません。

先週レントゲン撮ったら、折れた個所が閉じずに開きっぱなし。先生曰く、筋肉の繊維では繋がってはいるんだろうとの事だけど、一向に新しい骨も形成されてこない( ´-ω-`) こんな状態なので添え木を当てていても同じだから、外して隣の指と一緒にテーピングで様子を見、何かの拍子に僅かに繋がっている個所が外れてしまったらピンを打って固定する事になった。これから寒くなるからぶつけない様によっぽど慎重にならないと・・・
と思っていてもうっかりぶつけたりはするもの。でもそれはほんのささいな程度で、何ともない方の足だったら痛いとも思わない衝撃なんだけど、それが足指骨折の特徴らしいが息を止めてしまうほどの激痛が走る。折れている部分がその辺りの神経を刺激するらしい。
最近少し涼しくなってきて靴下履く様になったし、これからは部屋の中でスリッパも履くから、ぶつけたとしてもいくらか緩和されるだろうけど、なーんでか絶対右足(無事な方)はぶつけないんだよなー(=_=)

ショパンコンクールもいよいよファイナル。一次から気になっていたニコライさん・デュモンさんが残って嬉しい。が、さすがに夜中に起きだしてネット中継観る気は起らず、演奏が気になる毎日。
10年前はそれほど好きではなかったショパン、今では大好きです。最近葬送ばっかり聴いている。

相変わらずピアノ弾く気が起こらない。最近、数回久しく会ってなかった友人と遭遇するのだけど、その度「まだピアノやってる?」と聞かれる。「いやー 手を壊しちゃって・・」とか曖昧な返事をしているが、今はやっぱり娘二人の進路に気持ちが行ってしまってどうにも手に付かない。多分、今回は発表会も出ないです。次はいつになるのやら・・
風の様な・・
昨日はシプリアン・カツァリスのコンサートに行って来た。
ショパン・イヤーの今年は、色んなピアニストがオール・ショパンのプログラムを弾く。カツァリスもオール・ショパンだったけど、前回聴きに行ったツィメルマンとはプログラムの雰囲気は随分違っていた。ワルツやノクターン、マズルカ(幻想即興曲まで入っていた)と、幅広い層に耳馴染みの良い曲が並んでいた。うちにある彼のCDはショパンのは無く、予備知識もなかったし、正直、どうせ聴くならソナタや幻想曲(即興曲じゃなく)、バラード4連発とか聴きたいな~ とか思っていたのだけど・・
演奏聴いて、「私が悪うございましたm(_ _)m」となりました(~_~;)

どこにも角がない、飛び出た所が全くない、すごく立体的で、でもエアリーな、かと言ってサラッとし過ぎてるわけじゃなく、上手く説明できないけど、ツィメルマンよりも厳格でもなく、もっと自由な感じ。ツィメルマンとはタイプは違うけど、個人的には同じくらい好きになりました。それに、とてもチャーミング。ファンが多いのも頷けるな~
若い頃の写真、は爽やかな美青年って感じだったけど、現在の姿を見る度いつも「ジーンに似てる・・」と思ってしまう。なので申し訳ないけど、「絶対女好きじゃないの~?」と思っていたのだが、コンサート後、サインをもらいに並んだ娘とその友達はキスされたそうだ(笑)←最初にキスされた(ほっぺだけど)友達を見て、うちの娘はヒョイッと頭を差し出したらしい(;^_^A

ショパン・コンクールの一次予選もいよいよ始まった。今は有名どころのコンクールはネット配信でリアルタイムで様子が観れる。時差があるのでお目当ての人は聴けないけど、どの演奏も素晴らしい~~~ 昨日から脳に栄養たっぷりいただいてます。
続・歳だから・・(;´-ω-`)
足指骨折してから、1週間毎にレントゲンを撮っている。今日で4回目。
前回撮った時、その前よりも骨折部分の隙間に開きができていた。
「またぶつけた~?」と聞く先生。その週は特に問題なく過ごしたし痛みも夜間痛以外ない。
「何でですかね?」と尋ねると、「こっちがききたいよ(笑)」と。
「引き続きぶつけない様注意してね」と釘を刺され、その通り細心の注意を払っていた1週間。(でもウォーキングは復活させた)
今日、先週よりも良くなってるとは全然思えないレントゲン写真を前にして、「教科書通りでは2週間添え木して、その後テーピング2週間で大体良くなるんだけど、失礼ながらこのくらいの年齢になってくると新しい骨もでき難いし、くっつくのにも時間が掛る。2ヶ月くらい板当ててる人もいるから」とおっしゃる。
そりゃそうだよねぇ。

「面倒だよねぇ んー テーピングはでもなぁ」とつぶやく先生。
確かに毎晩板当てるのも面倒だし、これから寒くなってくるので裸足でいる訳にもいかない。靴下は選べば履けるけど、私の愛用の5本指ソックスは履けない。何より、お出掛けの際の靴が何も履けない。でも手術ってのも気が重いし、あと1ヵ月くらいなら我慢はできる。しかし、治る為に通常の2倍以上の時間が掛るってのは、分かっちゃいるけどいささか「はぁ。。」って気分にはなりますな。

昨日、新婚当初住んでたアパートのお仲間6人で、5年振りにうちで集まった。意外と皆さん変わってなくてびっくり。
年齢差も3年程度、子供の歳もほとんど変わらないので、10年前は集まりゃもっぱら子どもの話題。5年前は各々の近況報告がメインだった。昨日は、まだ子供が全員学生なのでそれなりに明るい話題。
「次はいつ集まれるかな」「その内、『介護で来れない』って人も出てくるよね」という言葉に、着実に歳を取っているんだと皆で実感。あー 最近、久々のブログがこんなネタばっかになっちゃってすいません・・

そうそう、昨日鈴鹿に住んでるお友達がお土産に持ってきてくれたサンドイッチ、TVにも登場してたらしく巷では結構有名なものらしいのだが、挟んであるのがコーヒーゼリーに生クリームに、なんと納豆だった(゚A゚;) 包んであるフィルムをはがすと、生クリームが糸を引く。興味深々で一口食べたら、意外にイケる。てか、納豆の存在感が生クリームで消されてる?食感も良い。話のネタだけじゃなく、フツーに買って食べられる感じ。機会があればまた是非。
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.