じめじめイヤ(-_-)
連日雨って訳ではないけど、ここ数日湿度が高かったせいか、右手の痺れがまた酷い(-"-) もう、ほぼ一日中。以前はそんな事なかったのに、最近は肩から痛む。これってもしや四十肩とかもアリ? そういや今年になって時々肩こりするんだけど、長女進学のストレスとして片付けてた。あーもうほんとにひしひしと歳を感じる年齢に。。来月は婦人科行ってホルモン数値調べてもらって来ようかなぁとか考えてる・・

ストレスと言えば、うちの長女。やっぱり人と違った道と言うのは、こちらが予測出来ないせいか、結構なストレスを感じる。本人はすごく楽しいらしいので、それでよかろうとは思うのだけど、私自身高校生の頃って遊んでたからどうしても比べてしまったり。ああ、こんな事を思いわずらったりするのも、もしや○年期のせいなのか?

昨日、半年振りのお友達とランチし、3時間半しゃべって来た。この調子でおばあちゃんになってもしゃべり続けていられたら、きっとボケたりしないだろう(-.-)
お友達からいただいたお菓子、超キュート。身長2.5cmのだるまさん。なごませてくれてありがとう。


20090624194238.jpg
スポンサーサイト
さて。。
今おぼろげに練習してる曲、2分足らずの短い曲なのだけど、今度の発表会用に無理もなく準備できるかと思い、今日先生にメールしてみた。
最近また疲労感が激しいので体が使いものにならず(~_~;)、午後からの時間をなかなかピアノに使えないのだけど、このままでは一向に曲が完成に向かわないので、レッスン日という期限を設けて何とか練習きちんとやらないと、秋の発表会ですら間に合わなくなりそうで・・
前回のレッスンからまた数か月の期間が空いてしまった。何だか去年辺りから、発表会の為だけのスポットレッスンって感じになってきている。本来、逆でしょ・・・

そんな事で、7月以降で一度レッスンをお願いしたら、今年はホールがいつもの様に秋に使う事ができない為次回の発表会は来年4月に行うそう。 へー 春の発表会なんて初めてだ。
なので「発表会用の曲なら秋くらいでいかがですか」と返事を頂いた。
秋、まあ9月頃として後3か月くらい。その間にまたモチが下がりそうな気はするのだけど、どっちみち私もそれまでは子供の事で気分も落ち着かないだろう。まあそれまでに2曲位形になったらレッスンお願いするとして、とりあえずは今やってる曲をもう少し頑張りたい。

一昨年からこの時期の不調の時に飲んでる漢方でか何でか、胃を悪くした。最近良くなってきたので、本来食前・食間に服用するものを食後にして、何とかこの不調を乗り切りたい。でも何でこんなにだるいのか。やっぱり夜間の睡眠時間の少なさかなぁ・・ あ、夫のいびき障害は最近改善されつつ♪
あと、抗アレルギー剤をやめたので、食欲がまともになりバカ食いしなくなったにも関わらず、体重がぜんっぜん減っていかない。今までの2/3以下の食事の量なんだけど。代謝がガタ落ちしてるのだろうか・・・(-_-;)
笑えました
いや、笑ってるだけでなく感謝もたっぷりしてるんだけど(;^_^A

今朝6時過ぎに、実家母が山の様なサンドイッチを持って来てくれた。
母はちょくちょくこうして朝から食べ物を届けに来てくれる。昨日はハンバーグ、先週はアジとエビのフライ、その前は太巻き等・・
母の料理は、昔から、決して出来栄え重視タイプではなく、味付けもどちらかと言えば上品系ではない。フルに仕事をしながら4人の子供を育ててきたせいか、野菜などの切り方も結構雑。カレーなんかが届いた日には、娘達でも「ん?これはばーちゃんのカレーだね!」と、見た目で察知できる。
が、料理する事は好きみたいで、太巻きの時などは、朝一番で配る為に、4時前からせっせと作り始めたらしい。雑な割にだしは必ず鰹節で取るし、太巻きのアナゴも自分で煮付ける。そこまで手を掛けるのであれば、巻きも美しくすれば最高じゃん?と思うのだけど、その最終段階は「ザッザ!ドーン!」で、大皿にピラミッド状に盛った寿司がうちに届けられる。うん。うちじゃ誰も気にしないし美味しく出来てるから問題ないんだけどね。

今朝は、近所に住む弟んちの子供の、部活の朝練用に作ったついでに、うちにもサンドイッチを届けてくれた。純和風な大皿に、食パン(耳ナシ)半分サイズのサンドイッチが個別にラップを掛けられ山盛り。(なんだか「ハクション大魔王」のハンバーグを思い出した)
でも、母がサンドイッチ作るなんて超珍しい。もしかすると、小学校の時の遠足以来じゃないだろうか。
「へー、美味しそう。何が挟んであるの?」 
「お父さんが作ったジャガイモで作ったポテトサラダと、こっちはカツ。4種類あるから一通りずつみんな食べて」
母帰宅後、早速夫と長女が朝食に。中を見てみたら、えっ?!焼肉挟んである!食べてみたら、ご飯のおかずにとてもぴったりな醤油味(=▽=;)
これはポテトサラダとゆで卵だね♪ と思ったら、なんとこちらはラーメンにぴったりな、醤油煮たまごのスライスだった(爆)
予想はしていたけど、パンにバターは塗ってないです。お昼ご飯にいただきながら、あまりの「母さ」加減に、思わず大笑いしてしまいました。そう言えば昔からパンやケーキなんか、一度も作った事のない母でありました(;^_^A  お母さん朝からありがとう。
りんごの皮をむいて
先日夫が飲み屋でりんごを1個おみやげ?にもらってきた。
長女が風邪をひいたので、夕食後にそのりんごを切ってあげた。
私にとって、風邪とりんごはワンセットの思い出。子供の頃、りんごくらいは自分でむいて切っていたが、一時期寝込んでばかりいた時、母がりんごをむいて部屋まで持って来てくれた事があった。当時うちは小さな鉄工所を営んでおり、母も一日中働いていたので、笑顔と共に運んで来てくれたその事が、とても嬉しかった。(←普段は怒られてばかりだったし 笑)
大人になり、風邪を引いた時に「りんごが食べたい」とは思わないけど、りんごは自分でするより、人に切ってもらった方が、断然おいしい。

OL時代のある時、上司のお茶を入れに給湯室へ行ったら、別の部署の女性がりんごの皮をむいていた。お客さんからいただいたものなのか、会社という場所にはやけに不釣り合いなその食べ物を、当時すでに主婦だった5歳程年上のその女子社員が、「きすけちゃんも食べて」と、お皿に盛って差し出してくれた。「わ~、お母さんみたい(*^▽^*)」と、妙に嬉しかった記憶がある。
実家の母は果物が好きではなく、買ってでも食べるのは唯一りんごだけなので、そんな風にりんごに対するイメージが出来上がってしまったのだろう。今でも、たまに義母がりんごをむいてくれると、すごく嬉しくて、何となく甘えた気持ちがわいてくる。4人きょうだいの長女で親に甘える事が少なかったせいで、未だにこんな所に願望?が表れているのだろうか。

今日も子供のためにりんごをむきながら、「りんごだけは、いつも人にむいてもらったものを食べたいな」と思っていたら、「いや~ 私が切ると、すごく芸術的なものになっちゃうからさー」と長女が。
だからこそ練習しろよと言いたかったが、まあ今日は風邪っぴきにつき、母が切ってあげようぞ(- -)
やっと第一段階終了
最近練習し始めてる曲、ようやく指番号の指定完了(;^_^A
楽譜に全く記入されてないので、自分の手に合わせて色々考えては書き込み、弾いては書き込み・・ でも現代曲ってせいもあるのか、私じゃどうしたらいいか全く分からない個所もいくつかあり、チョロッとやっただけの次女の記憶では追いつかないので、たまたま現在この曲弾き込み中の、お友達のお嬢さんにお願いし、指番号を教えてもらった。

しかし、いくら子供の手とは言え、ハンパじゃない演奏力を持つお譲さん、「手の大きさなんて関係ねーじゃん(T_T)」と思えるほど、指と指の間が開きます(゚A゚;) 私じゃどうやっても届かない両手アルペジオも、サクッとまとめてある。う~む さすがに訓練された手と言うのは違いますな・・
あと、「はー、なるほどっ」と目からウロコな指使いの数々。こういうのって、沢山沢山曲を弾いて身に付くものなんだろうね。 元々の自分の指使いも多少残ったが、4ページ全部に番号書き込んで弾いてみたら、弾きやすい。さあ、これで下処理は終了。洋裁で言えば裁断して縫い代折り曲げてアイロン掛けた所までかな。明日からは片手ずつ練習開始しよう。

ペダル使いっ放しの曲なので、弾いてる内に、右脚の太股の裏から足先までに痛みが出現。明日は椅子を背もたれないタイプに変えてみよう。

と、今日は、ピアノを練習してる人のブログになりました。久々に(笑)

先日夫が東京駅構内で親子3人に買って来てくれたおみやげ。私のはエリザベスのマグネット(Qちゃんじゃないよ)。

20090529212953.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.