FC2ブログ
残念です・・
ここ数年ずっと傾倒している時代物の隙間に、以前読んだ米翻訳物を読んでる昨今。英語の、こってりした文体は好きだ。手持ちの中でもこってり系を読んだ後だったので、別のものをと思い、今日の子供レッスンの待ち時間のお共にする為に、久し振りに本棚からグレン・サヴァンの1冊を取り出した。
この本は16年前に買って以来3度読んでいる。この作者の著書は他にもう1冊持っているのだけど、どちらも甘ったるくない大人のラブ・ストーリーって感じで大好きだ。2冊目読了後すぐから次の作品を探していたのだけど、いつ本屋に行ってもネットショップで検索しても出て来ない。
今日思い付いて再度ネット検索してみたら、なんとびっくり、既に数年前に、作者はこの世のひとではなくなっていた。
この人の小説を気に入って、再読する読者は結構いるようで、私と同じく、この先彼の作品を読めない事実にがっかりしているしているファンも沢山いるみたい・・ もっともっと他の作品を読んでみたかったのにその願いはもう叶う事ないのね。。

今一番気に入っている時代物の「剣客商売」シリーズは、ちびちび舐める様に読み進めているので、間に読み応えのあるアメリカ物を・・といつも思うのだけど、最近はジェフリー・ディーバーやキングなどは今の私には重量オーバーな感じがして、以前読みたかった単行本が折角文庫になったにも関わらず、未だ購入しておらず・・・ グレン・サヴァンに代わるものが何か無いものか物色するものの、なかなか見つからない。
もうあのセンスの良い言葉の溢れた気持ち良い小説の新作は永遠に読めないのかと思うと、人生ちょっぴり損をした様な・・・ 何かいいもの、見つからないかな・・
スポンサーサイト
Copyright © 2018 ・・K-日記・・. all rights reserved.