FC2ブログ
トリル~~~~。。???
モーツァルトの楽譜は、子供のウィーン原典版をコ〇ーして使っているのだけど、トリルの細かな指示(音階での)は無い。たまに子供の先生の書き込みがあって助かるが、ほとんどはCD頼り。そんなに細かくトリル入れられないよ。。。(T_T) あと、「tr」って書いてあっても、CD聴くとどこも全く同じパターンって訳じゃない事もあるし・・ CDによっても上から入れる人もいれば、下からの人もいるし・・ 次のレッスンで先生に聞いてみようとは思うけど、譜読みの段階で、指使いの次に悩ましい所。今回、K.570の時の様な細かく長い(1小節分は私にとって超長い)トリルが無いのはとてもありがたい。。
指使いもなかなかしっくり来ないけど、その内慣れるかな・・

今日はタイツデビュー@バレエ(笑)。白と黒両方買ったんだけど、暖かそうだったので今日は白を。「脚が見えていい」と先生。なるほど、膝の位置とか確認できるもんね。自分的にも動きやすくていい感じ。レオタードデビューの日も近い気が・・(^_^;)

レッスン後ロッカーで同じクラスの方に「他に何かされてるの?」と聞かれたので水泳やってましたと答えたのだが、そう質問されるからにはお宅も?と思ったら、皆さん結構掛けもちなさってる様で。ピラティスなんかは流れ的に自然だけど、今日お話しした方は、フラダンスもやってらっしゃるそうで(@_@) ダンス系二つって大変でしょうね?と尋ねたら、「重心がフラとバレエじゃ全く逆だから」と。「でも、ベリーダンスもやってみたい」とおっしゃっるその気持ち、なんとなくわかる。やっぱり音楽付きのダンスって楽しいもんね。

ピアノは手を痛めた時に「これができなくなったら一体どうしたらいいの」とかなり悲観的になったもんだけど、バレエには「股関節ダメでも他のダンス当たってみよっと」という気楽さがある(いえ 決していい加減にやってる訳じゃないんですが)。多分この気楽さは、楽しさを増幅させているんだろうな。ピアノの様に発表会もなければ「ソロでこれを!」という目標も無いし。まあ今の私のピアノも同じ様なもんだけどね(;^_^A
スポンサーサイト
Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.