FC2ブログ
イメージ
長女の受験の事でお隣さんにぼやく時、受験生母が1年先輩の彼女は、「だめだめ、マイナスイメージ持っちゃ!絶対大丈夫と常に思ってるんだよ」といつも言う。茂木さんの本も彼女に貸してもらった。発表会本番のイメージは、必ず成功してるシーンを。
とは言うものの、過去何年も、パーフェクトだった本番はただの一度もなく、悔しくも悲しい涙と共に長期間落ち込むと言う事は今やデフォルトと化しているのに、本番での輝かしいイメージを、想像する事すら難しいと思う。だけど「どうせ無理なんだって」と思わずに、なんとか頑張って(そう、頑張らないと想像すら出来ない)イメージイメージ・・
プラスなイメージがいま一つ乗り気になれない理由は分かってる。失敗した時に「あんなイメージまでしたのに結局いつも通りダメダメで、バカみたい、何やっても私はダメなんだって」となってしまうのを十分知っているから。「ほらやっぱり」って、自嘲する事しかできないのが分かっているから、プラス思考にドンと乗っかってしまうのが恐いのだ。
ピアノは、例えば勉強とかと違って、成果の現れにくいものだと思う。とても地味な時間の積み重ねなのに、いつもの出来がどれだけよくても本番でダメだと一発で自己否定までしてしまいかねない。
でも、今日思ったこと。
先日友達が「習い事の勉強がなかなかやれない」と言ったのを聞き、ピアノだと練習が楽しいからやれない事はないよな・・と思った。練習が楽しい事なら、発表会本番もきっと楽しい事だよね?だよね?恐い事に立ち向かうと思わず、今から楽しい事をやるんだぞと、明後日は思う様にしよう。

当日は、色々考えて、結局オフの時に着たワンピースに決めた。あの時は緊張もしたけど、とてもとても楽しかったから、その時の事を思い出しながら弾ければいいなと。

今日はBSでYESのライブやってたけど、なんだか気もそぞろで落ち着けず。リック・ウェイクマン。彼も本番緊張する事はあったのだろうか。
昨日ぶつけた手はまだ腫れてるものの痛みはかなり引いた。今日はピアノ弾いても大丈夫。でもそれとは関係なく、相変わらずエンディングは失敗する。なんでよりによってエンディング・・(;´Д`)
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.