FC2ブログ
2年振りのモーツァルト
最近始めたモーツァルトのソナタ7番 K.309、6ページの内まだ2Pだけしか見てないしヨタヨタだけど、弾いててすごく楽しい♪ 前に弾いたK.570も、難しかったけど楽しい曲だった。聴くだけに関して言えば絶対にモーツァルトよりもベートーヴェンの方が好みなんだけど、べー様はほとんど触ってないし、弾いてみたいけどすごく大変そうで今後も弾ける気がしない。と言ってモーツァルトが簡単かと言えば、全くそうでもないのだけど、声部が少なくテンポが楽で音数も多くないものを選べば、私でも何とか弾ける。かな・・・・ 
今やっている2ページの中でも「うわ~~これまともに弾けるのか?!」な部分もあるんだが、前のK.570のオクターブアルペジオの時の様に手が辛い事は今のところない。残りの4ページにも左メロディー、右伴奏な箇所が全然弾けないが、手的には辛くない。強いて言えばエンディング。 
 
ここ数日ショパンの「雨だれ」も試し弾きしていたのだが、すっごく弾きたい曲なのだけど、中間部、右手がめっちゃきつい。調も頭の切り替えが付いて行かない(=_=;) もっと手がたくましくなったらトライしよう。 
 
今日は娘がテスト勉強期間という事もあり、夜は私がピアノを使えたので、結構な時間弾いていた。と言ってもオフ前の様にちゃんと流れる曲を同じ時間弾いたらきついだろうが、譜読みしながらよたよた弾いてるのだからたいした負担にもなっていないのだろう。 
とにかく弾いてて楽しい。自分がモーツァルトを弾くのが好きになるなんて、2年前までは思いもしなかった。聴いてて良いと思う曲と弾いてて楽しいと思う曲は、必ずしも一致しないものなのかな。
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.