FC2ブログ
まずは1回目
届けものに来てくれた義母を捉まえて、4曲通して聴いてもらった。 
ギロック→ソナチネ→西村さん→ショパンの順。途中で「全然アカンわ~!」とかのセリフを入れつつ何とか完奏。 
義母は一番慣れているのでまだ緊張もそれほどひどくはないが、それでも地震が来たみたいにガタガタに曲が揺れる。まず大体テンポが速くなり自爆。ソナチネはいつも108~110位のテンポで弾いているのに随分速くなってしまうので指は絶対回らない。同じくショパンのワルツも速くなって全然弾けない。どの曲も、落ち着いてテンポが速くならない様気を付けないと。ただ、それならゆっくり曲なら問題無かろうと思いきや、ゆっくり曲の「かげろう」が、意外と一番の難点。ゆっくりすぎて気持に間が空いてしまい、その隙をついて一気に手の震えが来てしまう。これは5年前の発表会の時でも同じ痛い目に遭った。とにかく音色に集中しよう。 
 
ところでギロックの「ウィンナーワルツ」だが、テンポ指示を見ると「ウィンナーワルツのテンポで」となっている。音楽辞書で調べてみると「速めのワルツ」とある。ウィーン&ワルツと来て単純に思い出すのはヨハン・シュトラウス。丁度ニューイヤー・コンサートのCDがあるのであれこれ聴いてみるが、やはり結構速め。かと言ってあの短い曲をガサガサ速く弾けばいいってもんじゃないだろうし、優雅さもできれば出したい。どこまで揺らしていいのかも分からないし、早いとこ先生に連絡してレッスン入れてもらおう。 
今日は休憩沢山入れたけど1時間半出来た。この間の整体で、「こういうタイプはちょっと良くなるとガーっと行っちゃうからねー」と先生に言われたが、こんな私も最近ではちょっとは成長いたしましたのよ<(`∀´)vオホホ 疲れる前にやめる、先手を打つ練習。これを2年前にもやっていれば良かったのにねぇ。 
今日は、久し振りに「ピアノってやっぱり楽しい」と思えた(^^) 
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.