スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整体一段落。。
整体へ通い始めてから始めの辺りは3日おき、その後週1で今日まで来たが、経過も良好なので、2月からは月に2回になった。あー、良かった。。先生の方から言ってくれなかったら「経済的に厳しいのでー( ̄ ̄;;」と言わなきゃならないとこでした。実際月1でも結構大きな出費だ。でも、お世話になり始めて1ヶ月半、こんなに良くなるとは思いませんでした。軟骨が磨り減ってる関節の痛みは仕方ないが、これまであった痺れやら、説明できないいや~な感じの痛みやら、不安定感、ひ弱な感じ、それらが全部、ほぼ無くなったと言ってもいいくらい。病院での説明やネットでの情報では、この先悪化するのみ、良くて現状維持って感じだったので、こんなに短期間で改善されるなんて、未だに信じられない。もちろん、完全に以前と同じではないけど、そんなのこの1年の悶々に比べたら。今でも多分1週間連続ってのは無理だし、まだまだ色んな面で制限あるけど、それでも前は3日弾いたら10日弾けずって感じだったもんな~ 少しずつでも進歩出来ればいい。いつかベーソナを目標に。 
 
手足が暖かい。自分の物じゃないみたい。足は手よりは冷たいけど、それでも時々汗かいてる?と思うくらいの時もある。とにかく手足が暖かいなんて、自分自身違和感を覚えるくらいなので、きっと今後体調も良くなっていくんじゃなかろうか。 
院内スタッフも皆さんとても志の感じられる方々。良い整体院でした。
スポンサーサイト
一丁上がり
今日は最後の甲状腺検査だった。前回の検査でホルモン数値が正常範囲に入っていたので安心はしていたけど、念の為の今日の検査でもちゃんと正常範囲に治まってた。先生の「もう大丈夫でしょう。長く掛かったけど再発の心配も無いと思います。」の言葉をやーーっと聞けた~~ 2年間通った検査、これで終了。やったー\(^0^)/  先生2年間どうもお世話になりました。 
後は手。明日は整体、先週の治療の時に握力測ったら32ほどあった。最近右手に力強さを感じる。痺れは殆どと言っていいほどない。 
体調的にも良いし、何より経済的にきつい(1回の治療費はかなりお高い)ので、整体も明日で一旦終れれば良いのだが。 
明後日は整形の予約日。ここは、整体で良くなった旨伝えて終了させたい。片道1時間の上、予約時間から更に3時間も待たなきゃならない病院での診察は、体力的にも時間的にもとてもきついし・・・ 
 
この先医療機関とはどんどんお付き合いが増えていくのかも知れないけど、最近思う事は、自分の体に合った運動を常に心掛けるのはとても大事だなと。年末年始の様に忙しい時期なんかにちょっと運動さぼると、途端に体が重くきしむ感じになった。ホントは10年前からずっと「ちゃんと運動しなきゃ~」と思ってたんだけど、その時はまだしなくても何とかなってたんだよね。今は、やらなきゃダメな年齢。自覚とか、意識を常にしっかり持つようにしてないと。 
なんて、やっぱりピアノ弾けるようになると気分もちょっと変わります。同じ事を考えるにしても以前はもっとストイックさが混じってた気がする。来年になったら、べートーヴェン弾けるかな♪ ってちょっと気が早いか(笑) 
 
ドーナツ座布団かと思ったらうちのネコでした。ダンゴ虫並みに丸くなれるのねえ。

もしくはアンモナイト?
やばいかも
ここんところPCの調子がおかしい。今日はちゃんと立ち上がるまで電源入れては切りを8回ほど繰り返し・・・ 電源は入ってもそこから全く無視状態やら暗黒に点滅カーソル一個だけやら「何らかのトラブル」メッセージ入りのやら色んなパターン。壊れる前にちゃんと修理に出した方がいいかなぁ・・ 明日、またちゃんと動いてくれるだろうか、心配・・ 
突然クラッシュして、ピアノ方面の皆様にご迷惑お掛けする様な事になりませんように・・ 
 
引き続き寒いです。毎朝庭に置いてあるバケツの中の水が凍ってます。毎日凍りチェックして、温度計を外に出して気温測って、「おおーー、今日も寒いよー!!」とちょっと子供の様にはしゃいでしまったりしてます。今朝はウォーキングコースの途中にある池が凍ってました。こんな時いつも、「学生じゃなくて幸せ~」と思います。 
 
私の割烹着の上で丸くなるミーナさん。こうなると、「お茶持ってきて」など他の人にあれこれ命令できる権限を手にする事ができますのニャ。

王様
寒いです
この冬初めての雪が降りました。と言っても、夕方ほんの薄っすらだけど。 
真冬でも室内では裸足の夫が朝シャワー後、「今日は寒い。俺の足がそう言っている」と言う位だから確かに気温は低い。12月からやばかった次女のしもやけ、一気に酷くなってしまいかわいそう。私も子供の頃から冷え性で毎年しもやけ酷かったからなぁ・・ 紫色にはれ上がって痛いのと痒みで怒り出しそうでした(T_T) 次女はそこまでは行ってないけど、薬を買ってきたのでお風呂上りに塗ってあげよう・・ 
 
こんな、この冬一番?の寒気の中、もちろん暖房は付けているけれど、手は、結構暖かい。冷たくなっても、10月の様な冷え方とは全然違う。整体のお陰なのか、薬の影響なのか・・ 整体の方だと思いたい。 
足先も確かに冷えはするけど、この冬買ったミズ○の「サーモブレス」と言うシリーズのソックス(5本指)がかなり良く、これにクリスマスにアフタヌ○ンティーで夫に買ってもらった中ボアのスリッパで、「足先暑いじゃん!」と思うほど。気温は低くなったけど、半月前より今の方が血行は良くなった気がする。わーい。この調子でどんどん手も良くなっていくといいな~ 
 
今日は鏡餅ミーナ。なかなかすごみの利いた顔つきでござんす。 
体の下にはやっぱりお気に入りのおもちゃ(ヘアーゴム)が(笑)

おそなえ2
苦手パターン
手を痛める前から自分にとって苦手なタイプの曲は結構ありました。単純に難易度の高い曲とは別に、Bレベルであっても、例えば重音移動の多い曲、アルペジオ、高速、多声、オクターブ和音などなどなど・・・弾ける曲の方が少なかったです。 
でも今はちょこっとマシになったとはいえ、やっぱ選択肢は前以上に少ない。「これくらいだったら」と思った曲や以前にさほど無理なく弾いてた曲でも今はこなせない。その内いつかまた弾けるようになるかも知れないから落胆とかしてる訳じゃく、ただ、自分が思っている以上に慎重にやらないと、と改めて思った。 
 
春のオフに向けて、まだ未決定ではあるが皆でギロックを何か弾きましょうかという事で、私もこどもの曲集の中から当てを付けて弾いていたのだけど、両手でのっそり弾いてる内はまだしも、片手練習始めたら右の和音分散系124の運指がきつい。以前ならきついって程のものじゃないはずなんだけど、やっぱり2から4を開くのが堪える。これが曲の最初から最後までずっと続き、弾いててちょっとヤバいかもと思い、別のものに選曲を改めた。あー きれいで雰囲気良くって、すごく弾いてみたかったのになー。。 
で、結局、1Pの簡単なワルツにした。この曲は次女も弾いた事があるので曲も知ってるのだが、以前子供の発表会でお友達がとても素敵に弾いていたのが印象に残っていて、おまけにその時のDVDもあるのでナイスな参考にもさせていただけるという、考えてみたらすごく美味しい曲。ま、私がその子の様な華麗な演奏が出来るかってのは別の話だけどさ(-。-;) 
 
今はスタッカートも関節に響いてよろしくない。ので、単純な構造でペダルありの短い曲とかばかりに偏りがち。食べ物に好き嫌いないんだけどな~  
 
でも、ちょっと嬉しい発見も。 
ちょっと前まで、右の4が打鍵時にグラグラしていて、ハノンやる時に時々片手ずつチェックしていたのだけど、昨日見たら以前ほどぐらついてない事に気が付いた。指が少ししっかりしてきたのだろうか。だといいな。 
 
ここんところ猫の写真を結構撮ってたので、しばらくの間立て続けにアップします。 
今日のはお気に入りのおもちゃをお供えしてもらったみーちゃん。

おそなえ
娘の職業体験
うちの子の中学では(どこもそうなのか知らないが)学習の一環として職業体験なるものがあり、2年生のこの時期に、2日間色んな職場で実際の業務のお手伝いをさせていただく。その職種は、消防署や郵便局、幼稚園・小学校や、書店、美容院、パン屋、工場など実にさまざまで、実際の勤務時間や業務と全く同じと言う訳にはいかないだろうが、ほとんどは朝から夕方までお世話になり、帰宅後内容等を学校に報告する。もちろん遅刻など許されないし、次年度生や他の学校の為にも、粗相のない様気を付けて2日間過ごさなくてはならない。職種によっては子供には結構大変だと思う。 
 
うちの娘は保育園を希望し、振り分けられた数人と共に3歳児クラスのお手伝いをさせていただく事になった。寒い中ジャージ(下はハーフパンツ)で自転車に乗って結構張り切って出掛けて行ったが、じゃんけんで負けてリーダーになってしまったので母としてはちゃんとやってるか多少なりとも心配になり、楽譜買いに行ったついでに保育園の前をこっそり通ってみた(^_^;) お昼前で誰もいなかったけど((;^_^A 
 
夕食時、娘に園での一日を聞いたのだが、もう、すごく笑えた~(笑) 
けんかの仲裁が2、3度あったらしいのだが、「全然収拾つかないんだよ」と。女の子同士だと両人が泣いて「でもだってー、○ちゃんが店員さん代わってくれないんだもんー」「でもだってー、△ちゃんがいつも店員さんなんだもんー」「うわーん(両人)」 
男の子同士の時は、何かに耐えかね泣き出した子に理由を聞いてみると、「だって、○君が僕のこと“クソガキ”ばっかり言ってくるんだもんー!」片や「だってクソガキだもーん」とそんな感じ(笑) 
娘に向かって「この子、帰って!」と言う男児をにらみながら「この子、帰っちゃダメなの!」とかばってくれる(笑)女の子。 
3歳児だとおねしょもまだするみたいで、お昼寝後、3人がやらかしちゃったらしい。布団から起き上がり、先生の方にテトテト歩いて行き「みどりせんせー おねしょしちゃった」とか。 
園庭に散らばっている子供達を教室に入れる時はすごく苦労したらしく、その様子を聞いて「ヤギをまとめるヨーゼフみたいねー」と言ったら「ヤギの方がおとなしいって!部屋に入れてもまた飛び出してくるし逃げ回るし」と、まるで体力を競われている様だったらしい。「お名前は?」と尋ねても幼児の話し方ではちゃんと聞き取れず、しかも「まさかこれはないだろう」という予想外の名前で、本人の不機嫌を買ってしまったりもしたらしい。でも、給食の時間に、自分の隣に座りたがってのケンカまで幼児間で勃発して、本人まんざらでもなかった様で、照れながら嬉しそうに話していた。 
 
晩御飯食べながら、「ね、可愛いでしょ~~!!」と、もう、その一部始終が可愛くてしかたなかったらしい。担当の保育士さんも、「そうでしょ、もう、この子達と毎日会えるのが幸せで幸せで。本当に皆、純真なのよ。」と、とても優しい方だったようで、これも授業とはいえ、今日はいい経験をさせていただいた。ここ数日長女の進路や将来について色々と考え悩み、あれこれ焦っていた私も、久し振りに幼児の可愛さを思い出し、ほのぼのとした気分になった。
学ぶこと
学校も3学期に入り、小6の次女は3月には卒業だ。式では卒業生の合唱も何曲かある。なので、いつも伴奏に立候補する子供に音楽の先生から楽譜が渡され、次女も「これ練習してきて」と3曲分を昨日から弾き始めている。その内の1曲は春の入学式でも伴奏した曲なので復習程度で大丈夫だろうが、ピアノのレッスンの方の曲も大変なのに、新曲2曲、オーディションに間に合うのか?と思っていたら、「こっちの曲は○ちゃん(姉)が楽譜持ってたし去年も卒業式で歌ってたから、先生に言われる前から一応練習していたの。」と。アンタ準備いいわね~・・! 
 
私の周りの家庭を見ていると、上の子と下の子じゃ、概ね下の方が要領が良いと思う。それは、大抵上の子の失敗を見て(例えば親に叱られたりする事)、「私は気をつけなきゃ」と何となく思うからなのか、同じ事で繰り返し叱られるのはうちの場合小さい頃から姉が多い。さすがに大きくなった今ではそんな事も少なくなりましたが、小学校の頃まではそれはそれは叱られ坊主でありました( ̄▽ ̄;)「学習能力ないの?!」と思ったほど・・・ 
 
次女は、学校のピアノ伴奏を2年生位から毎年やらせていただいてるのだが、先生から楽譜をもらったら、他のレッスン曲よりも真面目に練習する。だから親的にも次女の伴奏については心配はあまりない。特に今回の伴奏については小学校最後であるし、次女の気合も入ろうと言うものだろう。しかしこれには姉に関する痛い教訓が・・ 
 
長女の中学校では秋の文化祭に全校で各学年クラス対抗の合唱コンクールを行う。ピアノの伴奏希望者には、夏休み前に音楽の先生より楽譜を渡され、皆夏休み一杯を掛けて練習し、2学期早々にオーディションをやる。 
で、うちの長女。立候補し楽譜をもらって来たにもかかわらず、夏休み中全然練習していなかった。2学期始まり「明後日オーディションやるから」との先生の言葉に、慌てて二日間で何とかそれなりに弾ける様になったけど、練り込みが足りなかったのか見事にオーディション落ち。 
夏休みにあったコン○ールでは賞ももらったのに落ちたか~!と思わず笑ってしまった(^.^; 当の本人は自分の部屋でひっそりと悔し泣きをしてましたが。 
しかしいくらコ○クール曲で大変だったとは言え練習時間が夏休み中に無かったはずはない。「準備不足を反省しないとね。」と私や義母に言われ素直に反省はしていたが、事の顛末を見ていた次女は、秋の校内音楽会の時も準備万端整えてオーディションに臨んでいた。今回もきっと“準備不足で姉の様な失敗はやらかすまい( ̄^ ̄)”と思っていたのだろう。小さい頃から姉が叱られたのと同じ事は、滅多にやらかさなかった。独自のあれこれで叱られる事はもちろんあったけど。。今回は姉の手痛い失敗の上で学んだ事でした。人間色々学ぶことってあるわね~ 
 
今日はKISS友と憩いのランチ。その後もケーキやらお菓子あれこれ食べながら二人でエクササイズの話してました(笑) 
彼女はいつ見ても立ち居振る舞いが美しい。座っている時の姿勢やら階段の上り下りやら・・ いつか「なんでそんなにきれいに動けるの?」と尋ねたら、昔からお母さんから躾けられたと。「刷り込みかな」と言っていたけど、少しでもあの優雅さに近づける様心掛けたいもんです。
暗譜じゃなくても
今年はピアノのお友達との初めてのオフがある。弾けないながらも私も参加させていただく予定なので、ぼちぼちと選曲をしているのだが、まあ手の問題を第一に考えると、必然的に小さい楽な曲になってしまう。しかしこれが結構色んなところでゆとりをもたらしてくれそうな気もする。手が調子良かったなら実は弾いてみたいと思ってるソナタの様な長大な曲になると、練習が大変なのはもちろんだが、精神的なプレッシャーもかなり大きくなるので、初めての場・状況にはとてもふさわしくないんだろう。ただでさえ緊張するので、今の自分に極力無理のない曲を選ぼうと心掛けてはいる。でも、やっぱり「あーこれは弾きたいなぁ・・」ってのがいくつかあって、今日はあれこれ試し弾きしていた。 
弾きたい曲は当然以前から気に入って触った事もあるのだが、1年間まともにピアノに触ってない割に、前よりも譜面を追う事がほんの少しだけ楽になったような気がする・・なんでだろう?? 
 
ピックアップした曲は、どれも短い曲。1Pってのもある。子供の曲なので、暗譜もすぐに出来そうだ。 
私はこれまで発表会では必ず暗譜で弾いていたのだが、ふと、「そうだ 別に暗譜じゃなくてもいいじゃないか」と気が付き、なんだかそれだけで気が楽になった。 
譜面読むの苦手なので、目の前に置いてあっても無くても一緒なんだけど、やっぱり安心を感じる様になってきた。子供の頃からピアノをやってる方にはちょっと理解し難いかも知れないけど、譜面を見ながら弾くのは、私にはとても大変だったのです。だからいつもさっさと暗譜、そして暗譜後は譜面見ても全然分からない。 
なので、楽譜に頼りたいなんて事は、むしろ私には進歩なのかも知れません。 
 
「ちょっとおもしろい曲披露しよう」とか、欲が出てきそうなのをグッとこらえ、まずは無難にその場をこなせる方向に持って行きたい。折角遠方まで出掛けるのだから、残念な気持ち一杯で帰宅するのだけは避けたいな・・ とにかく余裕を持った演奏をしっかり目標にしないと。忘れるな~<自分
買って良かった~♪
随分前から生協のカタログに載ってて気になってたピーナッツバター。すごく美味しそうなんだけどお値段結構高め。しかも2個セットなので二千円以上・・ なので長い間躊躇してたけど、ついに注文してしまい、昨日届きました。早速今日トーストに塗って食べてみたけど、うっまーーーーい!!! 1ケース700g入りだけどすぐになくなってしまいそうな勢い。 
毎晩お風呂の前に計る体重は日に日に増加してるんだけど、スカートやパンツのウエストがきつくて「座れないよぅ(ToT)」なんだけど、こ・れ・は 買ってよかったです。明日の朝も食べるぞー 
 
今日は子供のソルフェージュの先生の出演するコンサートに行った。先生は作曲家なので、子供用の組曲を別の方が演奏されてたが、子供が簡単に弾けるとは思えないイメージ豊かな曲。いつか弾いてみたい。 
動物をテーマにした曲なんだけど、義母が以前飼ってたのと同じ名前の猫の曲があった。先生の飼い猫で、なかなかお転婆さんらしく先生生傷が絶えないらしい。そこんとこも全く一緒で、「名前って大事ね」と思った ( ̄m ̄*)
新しい楽譜・曲
バッハの「ゴールドベルク変奏曲」のアリアをどうしても弾きたくて、ネットで楽譜検索し、ヒットしたよさげなものをプリントして、今日楽器屋さんであれこれ探した。バッハの小品集なんて大抵どれも指番号振ってあるのに、同じ楽譜の他の曲には書いてあっても、この曲はどういう訳か載ってない事が多い。なぜ・・・? 
原典譜と奏法譜の両方載っているパターンが多いけど、原典譜にはこれまで見た事もない記号が・・ なんだか某マッド・サイエンティストの映画に出てくる鎌?みたいなのとか・・(笑) 
 
あれこれ探してやっと見つけたのはカ○イ出版の「アンナ・マグダレーナ」。内容はうちにある全○出版の曲目とはほとんど一緒だけど、バッハ様の奥様だったアンナ・マグダレーナの事についても記述がある。でも、ヘンレの半分の価格で買えたのはいいけど、左手の方の指番号、もっと詳しく載せておいて欲しいよ~~~~、、、 なんて、2声のインヴェンションを4、5曲やっただけで更に声部の多い曲やるのがそもそも無謀なんですが。。右は何とかなっても、左でギブアップするかも。 
試しに長女に弾かせてみると保持音キープしてない所もあるけど、結構スラスラ行ってる。てことで長女に指番号書き込みさせよう。 
 
それにしても3声って分からない。アルト部分、ちゃんと休符も入れて3拍子になっている所もあればそうでない所も。声部毎に色塗りしてみようかとも思ったが、どこからどこまでなのかいまいち分かってない。あー やっぱ無謀かも。もっと簡単な2声にしようかな・・・
年齢を気にする
先日パーマかけに行った。11月にカラーやったけどもう白いヤツめが結構目立つ。パーマと一緒にやると時間も掛かるし髪も痛むのでやめたが、カラーリングの回数も以前より増えるなぁ。。義母と「年取るってお金の掛かる事だね」と話した。 
 
今日は今年初めての整体だった。大晦日の晩餐からの食生活の乱れにより胃からの疲れが全身へ広がり、「なんだかシャキッと背筋も伸びません」と言ったら、いつものメニューに加え今日は胃のツボに鍼もしてもらった。 
先生に、「もう○○回お正月迎えてるんだから、そろそろ歳に合わせた食べ方しなきゃー」と言われた。ホントだよなー。。。いくら好物といえ、大晦日の鍋の、大量のカニなんて半分は私が食べたもん(爆) 入るからと言ってお昼にばかばかパン食べるのも自重しなきゃ・・ てか、先日のパーマ屋さんで見た雑誌に、「プチ絶食」なる記事が載ってたのが、妙に気になる。根性無いから無理だろうなぁ・・ 
でも、何事も、特に食べる事を、年齢に合わせていく事を、少しずつ心掛けていかないとね。「中学生と同じ様に食べてちゃダメだよ~!」って先生おっしゃる通りです。今だかつて実行した事ない「腹8分目」、私にできるだろうか・・・(;-_-;)  
 
調律してもらってから音が新鮮なせいか、弾きたい気持ちがムクムクと。 
5月のオフ用に、バッハを1曲(「ありえねー!」の声が聞こえてきそうです)考えてるんだけど、バロックは絶対指番号書いてないと私には無理なのに、これがまたいい楽譜がない。明日もう一度楽譜探してみるけど、最悪曲も考え直そう。 
て訳で、最近弾いてるのは西村さんの「かげろう」。前に発表会で弾いたし短くてゆっくり、簡単なので気分的にもラク。でも弾いててちょっと物足りないのでその次の曲も弾いてみたけど、やっぱ右オクターブの和音はきつい。は~ モーツァルトとか弾きたい。手は、やっぱり少し痛みます。無理はしてないのでそんな痛みではないけど、前に整形の先生が、打鍵の響きが良くないっておっしゃってたけど、そんな感じの痛み。手首やら腕やら、僅かずつあちこち痛む。でも継続的なものではないので、最近は無視する事もしばしば。 
時間も制限してるし、たいした事やってなし、いつまたストップになるか分からないけど、弾けるって、本当に楽しい!
嬉しかったこと
今日は、嬉しかった事が二つ。 
 
いつも行くクリーニング屋さんは、その時お願いした洗濯物をレシートに打ち出してくれる。次回の引き取り時にそれを洗濯物と引き換えに渡すのだが、そのレシートを入れる小さなビニール袋も一緒にくれる。年に2回ほど、ヨレッとなった頃にその専用のビニール袋を交換してくれるのだが、その時に、随分前に次女が袋に貼った苺のシールも、いつも丁寧にはがして貼り直ししてくれる。 
今日も袋の交換時に同じ様にしてくれたので、「いつもわざわざすいません」と言ったら、レジの引き出しを開けて、「これ、ずっと前にお嬢ちゃんからいただいたんですよ」と中からどんぐりを一つ取り出した。え、どんぐり?!覚えがないな・・ 「あげる」と言ってクリーニング屋のおばさんに渡したらしい。うちの長女、小さい頃は他に見た事ない程の人見知りだったのでそんな芸当が出来る訳がない。じゃあ次女?夜本人に聞いてみたら記憶がないと。私も覚えてない。もしかすると、他のお子さんと思い違いをされているのか、それとも単に私の記憶がいい加減なのか・・ 
どっちにしても「私、こういう物捨てれなくて、ずっと取っておいてあるんですよ、その苺のシールもそうなんです」と、どんぐりをつまみながらおっしゃった。 
邪魔にはならない大きさとはいえ、多分10年近く前の事じゃない?それをずっととっておいてくれてるなんて、うちの子のした事かどうか分からなくても、なんだかじーんとしてしまった。奥さん、ありがとう(T△T) 
 
もう一つ。今日はグランドの調律だった。長女のたくましい(-_-)打鍵のせいか、どんどん音がやかましくなってきて、今ベーソナは屋根なんかとても開けられないほど。4月にお友達と弾き合いした時のカ○イのグランドの音があまりによかったのでその事を伝え、同じ様には無理だけど、柔らかくまろやかに整えてもらった。終了後はその場にいた次女と私で取り合い(笑) 
で、いつもその調律師さんからは年末に可愛いカレンダーを頂くのだけど、今日は「1個だけ余ってますから」と、ヤ○ハのカレンダーも頂戴した。「ピアニストの写真が載ってるんですよ」と聞き、見てみればなんと1月はグールド様じゃあありませんか!最後の12月の写真はリヒテル氏ですよ。うれし~~~♪どこに貼ろうかな~(≧∇≦) 
ちなみに、各月の日付に作曲家や有名ピアニストの誕生日が書かれているんだけど、自分の誕生日にはどちら様もお生まれではありませんでした~
父のPC始め
先月、実家の父が突然何を思ったか、中古のPCを買いたいと相談しに来た。私自身全然詳しくないのでいい加減な返事をしていたら、いつの間にかプリンターも購入済み。「何でまた」と動機を尋ねたら「太郎の写真をな・・・」と、これまたいつの間にか買っていたデジカメで撮り溜めた愛犬の写真の整理などをしたいらしい。他にもTVの録画係りとして今までDVDに山の様に撮り溜めた映像の整理をするのに、ワードも使える様になりたいと。70歳になってから始めるにしちゃ随分思い切りが要る事だよなと他人事の様に思っていたけど、呼び出しくらって教える所までは深く考えていなかった。 
 
そもそも初期の頃のワープロすら使った事がないしネットも未経験の老人に何から手を付けたら・・と思っていたら、携帯メールは既に長くやっているので、まだ理解がしやすいようだ。「これをPCで作りたい」と手渡されたノートには、DVD録画した洋画・邦画・TVドラマ等、タイトルはもちろん、日付から制作国、主演俳優などのデータがびっちり書かれていた。ほぉぉ・・これが完成するのはいつになるんだろう。ちょっと楽しみだ。 
 
「とりあえず何か文字を打ってみようか」とワードを立ち上げて適当に入力させていたのだが、キーボード操作はなるべく初期から正しく覚えた方がいいかと思い、「このキーは薬指、この列はこの小指で・・」とローマ字入力の仕方を教えていたら、「小指のない人はどうしたらよろしいんです?」と聞かれ一瞬「は?」と思ったが「そうだ、ないんだったよ」と思い出し、二人でその一言に大笑いした。 
 
父は以前小さな鉄工所を営んでいたのだが、20年ほど前、自分の工場のプレス機で作業中に小指を切断してしまった(よりによって左の小指)。今でこそカトちゃん系の顔だが、以前は私の友達からも「岩石さん」と言われていた位なので結構いかつくて、落とした指が指だけにそっち方面の人と思われた事もあっただろうが、生活面で特に不自由もなさそうだったので家族の誰もが普段はその事をすっかり忘れている。こちらが意識的に手を見ないようにした事も全くなく、そうしてみると意外と人の細部って見てないもんなのかなと思う。まあ父の場合、私の結婚後そうしょっちゅう顔を合わせる事もないせいもあるが・・ 
 
なので、私達家族の間では、父の小指の喪失も年取って総白髪になったのと同じ位のレベルで扱われてしまう。他人様に対してだったらとんでもない事であるけれど、その一言に、父と私二人一緒に、何年(何十年?)振りかでの大笑いだった。笑いながら、ふと、なんだかとても貴重な事の様に思えた。この先も、父と、こんな大笑い出来ることがありますように。 
なんて、教えてるうち双方イライラして大笑いどころじゃないかもね、きっと((;^_^A
正月疲れ
元々胃が丈夫な方ではないので、食事の時間や回数の変動ですぐ体調を崩す。年末年始は暮れの鍋でまず大食いやらかし(大抵好物のカニ&しゃぶしゃぶ肉)、翌日は朝からお節・雑煮のボリュームいっぱいの食事。その後は親戚宅へ行ったり来てもらったり、生活の時間帯も乱れるしで、二日前からちょっと調子崩してます。食欲あるけど1日2食になっているので、早く平常に戻りたい。。 とにかく寝るに限ります。 
 
昨日は学○音コンの地区本選入賞者によるコンサートを聴きに行った。ピアノだけではなくバイオリン・フルート・声楽も入賞順位順に登場するのだが、ピアノ以外の学生さんの演奏や独唱はあまり聴く機会がないのでとても興味があったのだけど、素敵なもんですね~~ 楽器の違いとかは私が言うのもナンなので置いといて、まず女性の場合ドレスが全部目に入ります。ピアノの人だと座位で、しかも見えるのはほとんど右側。真正面から演奏者の全身が見えるのはお辞儀の時くらいだから、ちょっと新鮮です。皆立っての演奏だし体の動きもあるし、後ろにピアノが伴奏付きで控えていても目は演奏者のみに行き、中学1年生くらいでも存在感がかなり大きい。声楽は、以前も書いた事があるけど、体全体が楽器になって、「アンプ(暗譜ではありません)無しでこんな音量!」と驚くほど。 
あと、ここでも実感したのは、やっぱり「呼吸」すごく大事かも ってこと。フルートは特に息継ぎがはっきりと分かるんだけど、知らない曲でも聴いてるこちらも何となく曲に合わせて呼吸したりしてるから、それがピタッと合っていると気持ち良く聴ける。緊張してガチガチでは出来ない技だろうなぁ・・ 
 
ピアノ、高校生の男子はやはり打鍵が違います。縦長の難しいホール一杯に音を響かせてさすがでした。楽器と演奏者とハコの関係って難しいと、改めて思った。レベルは違うが家の元和室8畳間も何とかしたいもんです・・ 
 
エクササイズもずっと休み。いい加減再開しないと益々調子悪くなりそう。 
写真、お正月用に頂いたタコ。美味しいタコ料理を知らないのでほとんどはぶつ切りになってしまいました。 

tako
あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします。 
 
寒い年末年始になった。昨夜は夜中に初詣に行く時に、何年振りかに顔がひりつくような寒気を感じた。風がつよいせいもあったが、空気そのものがキーンと冷えていた。そのせいでこれまた何年振りかで星がきれいに見えた。すぐ近くにコンビニやスーパーがあって夜でも明るく、スーパーが閉店する深夜12時以降に外に出て夜空を見上げる事もないから気付かなかっただけかも知れないが、新年にふさわしい、清浄な夜空を見る事ができたのは、何となく吉兆の様な気がして嬉しかった。今年はピアノが弾けますように。 
 
その寒さの中、混雑する神社で詣で、帰宅するまでに1時間ほど掛かった。燃え盛るどんど焼きもあったし振舞われたお神酒のお陰もあるのかも知れないけど、手袋はめてたとは言え指先まで暖かかったのに驚いた。整体効果かなぁ・・ 
 
新年明けて、やはり一番気になるのは、右手。最近掃除や料理で忙しく、1日中セーターの上に割烹着を着てるので、体はすごく暖かいけど、ここ数日の寒気で手はたまに冷たくなる事もあった。しかしこれまでの自分の冷えとはもうステージが全然違う。 
動きはよくはない。グーパーしてみると右だけ運動能力が悪い感じ。スケール弾いてみても全然ダメ。まだ右4・5の指は左より細い。でも、これまでよりは弾けそうな気もする。長くやってないから分からないけど。 
 
例によって今日は1日中ゴロゴロしてたけど、夜になってハノンを少しやってみた。モーツァルトも弾きやすいものを半分くらい弾いてみた。今年はこの曲をやってみたいと思うけど、いきなり欲張らないよう自重しないとね。まずはハノンで一から出直すつもりでやって行こう。今年のピアノの目標は、とにかく「少しずつの復活」を目指す。もう一つ、肩の脱力。これまで脱力は気にしてたけど、「腕の脱力」というより、「肩」と感じた方が分かりやすい。今年は秋の発表会にも出たいので、もう今から少しずつ準備もしていきたいな。でもまずは、指の基礎力。曲よりグレード云々より、何より下地を作り直しです。何だか後退しちゃったけど、どこかにはプラスになった部分もあったと思いたい。 
 
今年も色々とご心配をお掛けする事もあるかも知れませんが、新しい年も、お付き合いいただきます様よろしくお願いいたします。皆様にとって素晴らしい年になりますよう。

毎度の正月用
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。