FC2ブログ
今日のレッスン
なんかまだ慣れないね、このタイトル(笑) 
 
前回レッスンの前に又手を痛めて、レッスン後全然練習出来ずにいた。どうもこのジメジメもよくないみたいで体のあちこちに違和感を覚える。 
例えば洗濯物。干す時もたたむ時も、洗濯物を掴んでもポロッと手から落ちたりする。例えば玉ねぎ。例えば本屋で雑誌。例えば楽譜・・・ 
雨のせいでピアノも調子が良くない。とりあえず今週は重さを感じながらも軽めに練習はしたけど、自分で制御出来かねますって感じの手の動き。まともに弾けないなぁ・・でもとにかく今回で3曲終わらせたい。無理を言ってでも( ̄ ̄) 
 
・ソナチネ1番2楽章 
まず軽めのこの曲から。1回弾いてあっさり終わり。これは、合格。 
 
・ソナチネ1番1楽章 
前回レッスンで「とにかくゆっくり」と言われ、家ではテンポ80~100でしか弾かなかった。気持ち的にはともかく、指的には90くらいが丁度いい感じ。それですらここ数日は堪えますが。右は意識しないと指も上がらない。ホントお年寄りが階段上り下りするような感じ・・? 
で、やっぱりスケールがよろしくないと。はい。分ります。分りますが今の私にはこれがいっぱいいっぱいです。「これはこのまま置いておきましょうか。次は楽そうな2楽章を・・」って先生、「じゃあこの曲どうすればいいですか?合格しないならするまでやります。来週でも。それかもう一度弾かせてください、テンポ上限どれくらいならいいですか?」と結構むきになって言ってしまったかも。でもこれ以上残して指に負担掛けたくないのよ、合格できなきゃできるまでやっちゃうもん、そしてスケールもテンポも普通に弾けるのなんて、この先一体いつになるか分らない。ここはひとつ、この7ヶ月の私の努力(?)を認めて頂くってことで・・・ で、再度弾かせて頂いて無理無理合格ってことに。しかし先生も抵抗あるのか○がない(笑)レッスンの終わりに「先生○書いてください」と催促してしまったよ(~_~;) 
とにかくこれはすっきりしないけどとりあえず終了。はー長かった・・・・そして、不満足だった。 
 
・ショパン ワルツイ短調 
手や体の状態、1楽章でのすったもんだと次回の選曲とで時間を取ってしまい、通しで1回弾いてるうちに次の生徒がやって来る。「いいんですが、左が荒いので、これはもう一度聞かせてください」と。。「先生~ 終わらせましょうよ~(;´д`)」と一応言ってみる。。ま、仕方ないね。確かにこれは左怪しいの自分でも分ってたから・・ 
次回は2週間後、ほんとはソナチネ1番の3楽章やりたいとこだけど、我慢してワルツ、もう一度見てきます。。 
 
レッスン前に、とても残念だけど今年の発表会は見合わせると先生に伝えた。 
発表会は、自分の中でもとても大きなイベントだし、大事な区切り。ピアノを習っている以上、こういう機会はちゃんと自分に課そうとずっと続けてきたので(苦手だけど嫌いじゃないし)、今回出場出来ない(しない)のは本当に残念だ、選曲も考えてあった事だし・・・。だけど手のことを考えると、出場は身体的にも精神的にも大きな負担になる。土壇場で「やっぱり無理です」なんて迷惑も掛けられないし。来年は出られるよう、しっかり治したい。今年はずっと客席側で応援する事にします。 
 
そして、出来れば年末まで一切弾かずにいようかとも考えたのだけど、それではもっと精神的な負担を強いられそうで、先生とも相談した結果1ヶ月に1度とかそれ以上の長期の開きがあっても、レッスンをすることにした。「お子さん達の使っていた導入用の教材とかでもいいんじゃありませんか?」と言ってくださったので、最低限の出来る範囲に留めておくよう、気を付けて選曲・練習しなければ。 
次回用に先生が提示してくださったのが9番の2楽章とあとプレの35・36番。35・・すげー情けないくらい簡単そうなんだけど。。「全部じゃなくていいです」との事だし、次回までに今度こそワルツを終わらせたいのでどこまで弾けるか分らないけど・・ あ~なんか情けないな・・・・ なんて言ってないでやってみなけりゃね。きっといくら簡単そうに見えてもプレ、侮れないだろうし。て事でソナチネは緩楽章以外はしばらくお休みです。次のレッスンでワルツ上がったらその次は9月頃にしてもらおうかな・・ 
 
私の新しい月謝袋。今回もこんな可愛らしいの。でも嬉しい(笑)
2007-07-12_16-15.jpg
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.