FC2ブログ
今日のレッスン
なんて久々のタイトルなんだ(笑) 
 
1月以来、超久々に自分の先生のレッスンを受けた。レッスン中断して以来お宅にもお邪魔してなかったし先生にお目に掛かる事もなかったので、随分懐かしい感じがした。 
久し振りのレッスン室には、前にはなかったシナモ○・ロールのぬいぐるみが置いてあった。私これ好きなんだ~ 家では「ふわわちゃん」と呼んでて、本まで買って持ってる。抱っこしてたら先生が入ってこられた(笑) 
 
「まあお掛けください」と勧められ、まずは先生とおしゃべり。最初に手の事を聞かれたので現状を説明。そして発表会の話。「今回は出ないでおこうと思っていたのですが、○さんから12月だとお聞きして、それならと思い・・」と言ったら、「えっ!それ違います!11月23日です」って、ええーーー?! ○さんにも教えとかなきゃ・・( ̄□ ̄|||! 
 
て事はあと5ヶ月かぁ。。でも出ないと何となく意識が低くなる気もするし。とりあえず西村さんの「波雲」とモー様の7番1楽章を触ってますと言っといた。 
 
さて、約半年振りに見てもらうソナチネ1&2楽章、ショパンワルツイ短調。 
・まずは1楽章から 
一通り弾く。覚悟していたよりミスは少ないし流れていた。「フレーズ感が良いです。でもここが・・」と指摘されたのは、当然16分のスケール。ここは指の都合でどうしてもきれいに弾けません、おまけに昨日練習しすぎちゃって(実は録音までした)今日は指きついです なんて言い訳を。スポットレッスンの時も話したが、ミから#ファへの移動は右3-4。ここが広げられないし力が入らないので、どうしてもヘロヘロと弱々しくなる。 
この曲は他に細かい事を殆ど言われず、「テンポゆっくりでもいいです。16分が無理なく弾ける速度で弾いてきて下さい。」と。あ、先生、これ、持ち越しなんですね・・・・ 
 
・2楽章 
これは自信アリ。先生宅の華やかで上品な音のピアノで気持ち良く弾く。 
一つだけ「スラーで」と言われただけで、2回弾き、「これはいいですね。それにしても、これまで2楽章は苦手でしたよね~ 今回よく弾けてますね」(と先生びっくり?)ひゃっほう!! これはペダルも自分で色々工夫したし、短いからよく聴く様にしました。でも、アレ?先生、○は・・・? 
 
ついでに「弾いて見ましょうか」と言われ、3楽章も最後まで通した。ガタガタだけどなんとか弾ける。これはらく。でも「1楽章終わってから練習します」と言っておいた。弾きたいけど。 
 
・ショパン ワルツ イ短調 
通して弾き終わって、しばらく何もおっしゃらないのでビクビクしてたら、「きすけさん、これいいじゃないですか、発表会これと西村さんでどうです?」と。ええーーーー、マジですか!でも2曲は自信ないのでやめときます・・ 
意外だったのだけど、この曲私にしては珍しく褒めて頂いた。「ワルツの伴奏感が出てます。右もきれいです。」「これまでこういう曲はどちらかと言うとあんまりだったのに、よく弾けるようになりましたね」・・ハイ、実はスポットレッスンも受けてですね・・ とはとても言えません・・( ̄m ̄;) 
その後この曲に結構時間を掛けていただき、ペダル濁る箇所、フレーズきちんと切れてない箇所、調が変わった時の音色の変化、高音メロディー部の伴奏控える等の指示をいただき、最後に通して、「いいですねー」やたっ!!「先生、これもういいですよね・・?」「いや、次回もう一度やりますよ!」って、えええーーーー(;´д`) 
 
でも、スポットレッスンの成果がワルツにはしっかり表れたのだな。ちょっと心苦しいししっかり掴めた訳ではないけど、受けておいてよかった。 
本当にこの手の曲大の苦手だったのに、自分にしては随分弾けるようになったと思う。 
「これからもこういう曲を弾かれたらどうです?右は和音なしのメロディーだけで・・」とおっしゃるので、良さそうなのを教えてくださいとお願いした。 
 
次回は2週間後にとりあえず。しかしコレ発表会入れたらこれまでの様に定期的にレッスン受けないとなぁ。そこら辺の話もするにはしたけど、さて今後どうなるか、すべては手の調子次第。一応次回までに西村さんとモー様も少しやっておいて見てもらう予定。 
 
おしゃべりしている時、「私もあと2、3年でやめようかと思ってますし・・」と先生。ええーーーー?!そんな、もうちょっと頑張ってくださいよー、、 「ええ、でもまあ、あと数年ですね」って、先生、い、一体何が・・・?!ものすごく心配・・・・ 
 
次女の作ったてるてる坊主、「リボンを片方だけ色変えたら、まゆげみたいになっちゃった」そうです(笑)


2007-06-28_21-15.jpg
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.