FC2ブログ
子供に対して私にとって重要な一年
今日は次女の小学校の遠足だった。 
昨日は帰宅後友達と遠足用のお菓子を買いに行き、「明日のお弁当は、おにぎりは○ふりかけと△ふりかけとしそ昆布ね!おかずは○と○と○・・・」としっかり指示、リュックサックの中にはポケットティッシュ4つも入れてるしすごい気合の入れようだった。 
6年生になった次女達は、1年生とペアを組んでの遠足だったのだが、帰って来るなり「1年生の子、可愛かったんだよ~」とあれこれ遠足の話をしてくれる。昨日買ったお菓子も見せてくれたのだが、学校前の駄菓子屋で買ったそれはいかにも小学生が好きそうなチマチマしたものばかりだった。 
 
そんな次女は寝る時は「一緒に2階に行こ♪」と私を連れて行き、ぬいぐるみをあれこれ並べ直し、なぜか気に入ってる懐中電灯を持っておやすみのチューして寝る。寝るのは大体10時頃。夫がいる時は、夫がおぶって部屋まで連れて行く。そしてしばらく一緒にいる。 
 
片や中2になった長女、勉強してピアノして風呂入るともう12時前。起きてる時間が小学生ではない。体も大きくなり、側にいると何となくカサ高さを感じる。もちろん甘えるが、さすがに次女とは違う。考え方もやや大人びてきた。 
 
来年は次女も中学生。よく考えてみたらもうこれで遠足はないんじゃないか、秋は修学旅行に行くから。赤白帽ももう今年で終わりだ。私は未だについ「お手手洗いなさいよ」と言ってしまったりするが、さすがに中学生になった子供には言えないだろう。来年になったら、子供に対する接し方もある程度変わってくるだろう。第一向こうが変わるだろうし。あらぁ、気が付かなかった、後少ししかないじゃないですか。来年の春まで、よーく味わって小学生との生活を過ごさなきゃ。とは言ってもきっとなーんにも気に掛けずに過ぎて行ってしまうんだろうけど・・ と、何となくちょっとあせってしまった日でした。
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.