スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指ならし
昨日今日と続けて弾いてみた。と言っても昨日はショパンのワルツ19番を2度、今日は4度、超ゆっくーりのテンポで。時間にしたら5分・10分。昨日弾いてから以後特に痛みはない と思う、昨夜夜中に指が痛いと思ったのは夢だったのか現実だったのか覚えてないし・・ とにかく今日は昼間一回痛い時があっただけで後は大丈夫だった。今からの調子はどうかな。 
当分このペースでショパンだけやっていくつもり。ソナチネはテンポが上げられるだけに自重出来る自信無く恐い。でも早くソナチネやりたい。ソナチネを沢山弾きたい。焦らないよう、気を付けよう。 
 
猫の恋の季節?先週から毎日毎晩、近所の♀猫ちゃんが一生懸命アピールしてる。うちの庭で・・(^_^;) 
いつもよりちょっと早いと思うんだけど、ここにも温暖化現象? 
スポンサーサイト
母からのプレゼント
先日実家母からうちの娘達へとちょっと可愛いものをもらった。 
知り合いの陶芸家さん作の陶板、お雛様の図柄がとても可愛い。 
全国的にどうか知らないが、私の住んでる地方では子供が産まれてからの初節句のお雛様やこいのぼりは、大抵実家側が用意している事が多いと聞く。しかしウチの場合は夫の両親は地元の人ではないし、初孫、しかも初めて見る女の子だったので、夫側がお雛様を買ってくれた。 
実家の母は同時期に内孫も出来たので、安心したような困ったような複雑な気持ちだったのだろう。「初節句に何もしてあげられなかったから」と幾分ホッとしたような感じで届けてくれた。私としてはお雛様があればどっちでもよかったんですが(^_^;) 
猫飼いだしてから被害が恐くて、クリスマスツリー同様お雛様も出してなかったので陶板のお雛様でも嬉しい。でも、今年はこれだけじゃなく本物の方も思い切って出してみようかなぁ。。 

2007-01-30_21-24.jpg
伸びた爪
ピアノ弾きの皆さんは短い爪が当然だと思うが、私も練習中断するまでは週に一度、大抵レッスン前日の木曜日に必ず爪を切ってきた。元々爪の形が良くないので爪のおしゃれにそれほど熱心ではなかったが、それでもおねいさんの頃はそれなりにマニキュア塗ったり爪を伸ばしたて形を整えたりはした。 
子供が産まれてからはずっと短い爪のままではあるが、ピアノを弾き始めてからの様な厳格な短さはなかった。やっぱり鍵盤に当たる爪のカチカチ言う感触がいやだし、弾き難いスケールも爪を切ると結構すんなり弾けたりもするし。 
 
近頃はなんか指先に違和感が・・と気が付くと、爪の白い部分が1mmとかになっていたりする。痒い所があったりすると、気を付けないと伸びた爪で皮膚を傷つけるくらいになったりもする。ん~、でもこの感触、まさしく「痒い所に手が届く」って感じ~~~(*^^*) 
 
で、丁度いい機会だからちょっと爪を伸ばしてこの際ネイルアートなどやってみようかと考え中。。。一度でいいからやってみたかったのよね~ ラインストーンとかは付けなくてもいいけどさ。ピンクのグラデーションとか多色使いとか・・でも節くれだった指には似合わないかも( ̄ ̄;) 
 
一昨日大量に作ったミネストローネがまだ沢山余っていたので今日はフォカッチャを・・ 
ローズマリーはお隣さんのお庭のを分けて頂いた♪ 

2007-01-26_20-24.jpg
だらだらの日
今日は一日何だかやる気が全く出なかった。朝一通りの家事を済ませると、何でかこたつのスイッチ入れてTV付けた。別にそう決めてる訳ではないけど、午前中はこたつに入らず動いてやる事を全部済ませる様にしているし、ただでさえTVは滅多に観ないのに、朝から目的も無く眺めるなんてありえない。 
「こんなことじゃいかーん」と、5分間その場駆け足してみたら益々やる気ダウン。結局昼から寝た。又風邪かい?体動かすのが面倒くさい。 
 
こたつと一体化してるみーちゃん。保護色? 

2007-01-25_20-19.jpg
レッスンお休み
ほんとは明日レッスン日なんだけど、結局この2週間でソナチネとショパンのワルツをそれぞれ1回ずつ試しに弾いただけの状態でレッスン行っても意味無いので、先日先生にお電話してお休みにしてもらった。こちらが申し訳ないと思う位先生も心配して下さる。先生すいません・・  
電話で「じゃあ今度はこの日に」と言う話もしなかった。また次の2週間後にレッスン受けられる状態に、つまりそれまでに弾けてる状態になってるとも思えないし。「弾けると思えるようになったらいつでも連絡してください」と先生に言っていただき、習い始めて以来初めて、とうとうレッスン中断。 
 
最後にレッスンで弾いてから1ヶ月経った。自分としてはものすごく長く弾いてない気がするんだけど、まだ1ヶ月。その間に手はどうなっているんだろう?少しはよくなったかな? 
ピアノ弾くのはもちろん、特にこれと言って何もしない状態でも、あちこちの指が毎日痛んでいた。でも、この間の日曜日はまだ(何もしない状態でも)左右4・5指に熱感と痛みがあったけど、昨日と今日は初めて一日中全く痛み無し。ちょっと晴れ間が出てきたのかな?こうなるととても弾きたくなるが、今日もグッと我慢。もうしばらくしたら弾けるかも? 
 
昔タイピングの検定受けたのでPCの入力はそこそこ速くは出来るが、ここんところずっとゆっくり打っている。それでも右4・5には負担掛けてる気がするので、右は1・2の指だけにしてみようかな・・ 
それにしてもピアノの時間がなくなった分を色んな事に回す事が出来るので日々余裕がある(^^; 例えば通販のカタログをゆっくりじっくり読むとか、面倒と感じるお菓子作りをする気になったりとか。 
昨日お友達のブログに、とても美味しそうなお手製のチョコレートケーキの写真があって一日頭から離れなかったので(笑)、タイプは違うけど私も作った。これは先日長女が大人になったお祝いその2でもあるんだけど(^^) 
画的には苺と共に白い生クリームをケーキの隣にポテッと置きたかったのだけど、何しろ体力無いので力尽き・・ 

2007-01-24_21-20.jpg
ゆったり曲
ちょっと風邪ひいてました。もう熱も下がってるんだけど、一旦寝込むと復活するのに時間が掛かるなぁ最近・・やっぱり体力の低下。食はしっかり取ってるのに(~_~;) 
明日は友達とエクササイズの無料体験行く予定なんだけど、どうするかなぁ・・ 
 
昨日子供のレッスンで、先生が「古典の(2楽章等の)緩徐楽章の演奏を聴けばその人がどれだけピアノを弾けるか分る」と言うようなお話をされたそうだ。状況はモチロン子供の2楽章を聴いてもらった後ね(笑) 
そう言えばソナチネやってて、ゆったりした2楽章って私は苦手(って、速いのが得意って訳でもないけど・・)。 
音をしっかりホールドしながら表情を付けるなんて器用な事がまず出来ないし、いくら短い曲でも曲想を感じられないしまとめられない。確かに音楽センスが問われる類の曲なんでしょうなぁ・・ 
 
先日お友達が「悲愴の2楽章なんてどうでしょう」と言って下さったが、そう言えば私はあの超メジャー曲をこれまで弾こうと思った事が無い。楽譜を見た事はありますよ。声部が分かれてて、それだけでまずギブアップ。そしてどう考えてもしっとりと表情豊かに弾くなんて出来そうにないし、ただ「音が鳴ってる」だけの曲として一番バレバレになりそうなスローな曲は、ハッタリに頼るばかりの私としては最も避けたい類のもの(~_~;) 全くだめですねぇ・・ 
 
しかし今のこの手の現状を考えると、緩徐楽章もってこいの曲ではないのかしら、とその提案を聞いて考え直し、「そのうち何か簡単そうな2楽章でも探してみよう」と考えてた所へ昨日の子供の先生のお言葉。自分に出来るとは全く思えないけど、チャレンジしてみるのはいいかも知れない。 
 
私は指の回る方ではないので急速楽章でもテンポ通りには中々弾けないが、曲の性質が変わる位のテンポで弾くのには結構抵抗がある。それで美しく弾けてる場合は問題ないけど、私はそんな演奏は出来ないから・・ 
だからテンポを遅くして弾くのではなく、遅いテンポの曲をきちんと弾いてみようかな、と。もちろん弾けるようになってからですが。。 
ペコちゃん元気出してね
先日お友達のブログで今問題になってる不二家について書かれてましたが、今日は私もそれについて・・ 
 
ケーキ等甘いもの大好きなのだけど、不二家で滅多に買い物しない。美味しくないとかではなく、他にお気に入りのケーキ屋さんがあるって理由なんだけど。 
滅多に買わないけど、でも不二家のイチゴショートには思い出があります。 
 
私が4歳の頃、母が入院し、私と妹は父の実家に預けられた。そこはど田舎で公園も何もなく、あるのは山と川だけ。幼い私達姉妹が遊べるような物はほとんど無かったし、父は通勤が大変なので毎日は帰って来なかった。厳しい祖父母に叱られないようちょこちょこと毎日を過ごしながら、妹と二人母が帰って来るのを待っていた。まあそれでも小さかったからそれなりにフツーに過ごしていたと思うけど。 
 
父の会社の近くには不二家があった。 
もうすぐ5歳になる誕生日の直前のある晩、父と入浴中、「今日不二家で美味しそうなケーキを見付けたから、誕生日には買ってきてやるからな」と父が言った。「どんなケーキ?」とワクワクしながら尋ねると、父は湯気で曇ったお風呂の窓ガラスにケーキの絵を描きながら、「ここにクリームがはさんであって、イチゴも沢山はさんであって、何段にもなっていて、すごいぞー」と、ニコニコしながら説明してくれた。田舎で何もない所で毎日のおやつも無い日を過ごしていた私にとって、それはどんなに魅力的な話だった事か。誕生日まで本当に楽しみでした。そして誕生日に父が持って帰って来たそのケーキは、父の説明通りの、ホールのとても美味しそうなケーキ。当時の私にとって、本の中から抜け出た様な、そんな特別感がありました。だから今でも「不二家のイチゴショート」と聞くと、その時の嬉しかった気持ちがこみ上げてきます。 
 
昨日母との外出からの帰り道、近くにあるお店はシャッターが下りていて張り紙がしてあるのを見て、誰に対してと言うのではないけど、ちょっと悲しい気分になりました。 
 
それだけのお話。 
筋肉作らなきゃ
年末から運動不足をかなり実感、足なんて見る見る内に肥大していく・・(;-_-;) 筋肉、ありません。だるい→ごろごろ→筋肉落ちる→更にだるい→更にごろごろ→・・・ と延々と続く訳ね。 
スイミングに行くのが一番いいかと思いつつ、寒くて全然気が乗らず。 
今日は暖かかったので思い切って行って来た。泳ぐの夏以来・・・?心地よい疲労感があり、今日はお風呂がさぞかし気持ち良いだろう。 
 
私は息継ぎがヘタなのでクロールでも中々進まないのだが、今日久々に泳いで、以前行ってたスイミングクラブのコーチの言葉を思い出した。それは「もっと力を抜いて。その方がスピード出て速く進めるでしょ?」というもの。聞いた時は「あー、そうなのか」と納得したものの、実際どうやればいいのかは分らない、今でも分らない。スピード出すにはパワーでしょ?と思うんだけど、どうもそうではないらしい。せっせと泳いでる内に解かる日が来るのだろうか。 
ふ~。
ようやくトップページを直しました。 
iPod用のソフト入れてから音源ファイルの流れるページへのアクセスがものすごくおっそーい!! ので開設以来の「パルティータ」消しました。 
あと、来て下さる方もほぼ固定してきたと思うので、サイトマップを無くして更新情報もトップに。まだイマイチ気に入りませんがとりあえず・・ でこのままずっと行くんだろうな( ̄▽ ̄; 
 
そういや2年前の今頃、毎日せっせせっせとこんな事ばかりやってました。日記も丸っと2年だよ、早いなぁ。 
 
独り言なので心配頂きません様なにとぞ。 
手は予想不可的に痛んだりしてる。昨日はブラウニー作るのにチョコレートを刻んでいたら、後で右が痛んだ。それは分るが、ここしばらくずっとうんともすんとも言ってなかった左が今日は急に痛み出した。4の指。何でなんだろうか。PCのキーボード打つのは日記と掲示板くらい。メールもほとんど無いし。最近はもう心配通り越して「えっ?今日はまたどんなご用件で?(・_・)」って感じすらする。今週からピアノ少しずつやるつもりなんだけどまだ無理かな。さすがにもうスケール弾ける気がしないわぁ(笑)
更新しました。
最近自分自身のピアノネタも無いので、今更ながら発表会曲のモーツァルトの音源をアップしました。 
 
アップしといて何ですが、実は「アップ用に」の録音してなかったのです(爆)  
以前日記の方にアップしたリハ時の携帯録音を自分では気に入っていたので、「もうアレでいいや」と思っていたのと、手のトラブルで本番終了後全く弾く気になれなかったのとで、改めて録音する気にもなれず・・ 
フルに録音してあったのは全部で3つ、その内の1曲は本番前日のもので一番マシかなと思いアップしました。 
大きなミスが一箇所、猫の声入り。右手の厳しい箇所以外は比較的リラックスして弾ける様になったと思う。これが今の私の限界です。モーツァルトやってて、以前よりは音色を気にしながら弾くようになりました。もちろんまだまだですが・・(_ _;)  
 
結構重いです、4.7MBあります、すいません。。
古典のロマン
いかにもピアノチックなタイトルですが、本日は文学が対象(笑) 
 
中1の長女、今日学校の国語の時間に百人一首の50問テストがあったらしい。そういや自分が中1の時も夏休みの宿題に5首暗記と言うのがあった。 
恥ずかしながら坊主めくりくらいしか興味が無かった私、大人になって学生時代に使った国語便覧で小倉百人一首をたまに見ても特に感慨も持たず来ただけあって、辛うじて覚えている数種の意味すらきちんと理解していなかった。 
 
昨夜娘の暗記用の資料を読んでいたら、現代訳が載っていたのでちょっと興味をそそられた。そして読んでみてビックリ。何とまあロマンチックな歌ばかり。撰者の意図は分らないが、調べてみたら、百首の内43首、約半数近くが恋の歌で占められている。全体をざっと読んでみて思った事は、古くは大和時代からのこの時代の人達、何と大らかに恋の歌を詠んでいるのだろう。 
ここしばらく江戸物を長く読んでいるので、その武士道的感覚では考えられないような男性からの熱いラブコールなんかがいくつもあって本当に驚く。 
「私の心は、陸奥で有名なしのぶずりの乱れ模様のように忍ぶ恋で乱れていますが、これはだれのためでもない、あなたのためです。」とか、「うわさが立って逢うことができない今となっては同じことです。難波の澪つくしという言葉のように身を滅ぼしてでも逢いたいものです。」の様に直球な歌もあれば、「しのぶれど 色に出でにけりわが恋は 物や思うと人の問うまで」とちょっと可愛いめの歌、かと思えば「あなたに逢って契りを結んだ(注:「契り」=つまり“そういう事”ですね(^。^;)後の私の深い気持ちに比べれば、逢う前の恋の悩みは何も思っていなかったようなものであることだ。」みたいなあからさまな歌まで(ちなみにコレ皆男性の歌です)。 
光源氏ではないけれど、こんなロマンチックで押せ押せの歌を詠まれた女性は、きっとものすご~くいい気分だったんだろうなぁ。Rockの歌詞で言えば「I want you,I need you,baby~~~!!!」ってとこでしょうか。文学は全く詳しくないのでいい加減な事も言えませんが、何十年振りかに触れたニッポンの古典、ショパンよりもシューマンよりもロマンチックなものでありました。 
 
夕食時に長女が「女の人の歌で恐いのもあったんだよ」と紹介してくれたのが、「あなたに忘れられる私の身のことなどどうでもいい。神にかけた私の誓いを破り、神罰で死ぬだろうあなたの命が惜しく思われるよ。ケッ!」というものも(~_~;) 最後の「ケッ!」は私の注釈ですが。 
で、「この詠み人もさぁ、何百年も後に自分の歌が有名になって学生の宿題にまでなるなんて思っても見なかっただろうね。きっと他にもいい歌があっただろうに、『よりによってこの歌かよ?!』って思ってるだろうね~」と、詠み人の彼女に同情したりしてました。 
大人になって読む和歌、なかなかいいもんですね。中学生じゃやはり今ほど理解は出来ませんでした、色々と( ̄▽ ̄)
今日のレッスン
昨年末のレッスン以来全く練習しないので行っても仕方ないのだけど、先生が指を痛めた時の状況をお聴きしたかったし、他にも話があったので、先月から先生にお借りしてたギロックの楽譜とお月謝のみバッグに入れ先生宅に向かった。 
 
先日の宮谷さんのコンサートでもお会いしたが、今日も先生若々しいなぁ。スカートはいて可愛いし、ヨレヨレジーンズとパーカー姿のやる気の出ない私の方が年上みたい(;-_-;) 
 
相変わらず指が痛むので練習出来ない事、今後治っても最低限しか弾かないという事を伝えた。つまり「ハノンはやめようと思います」と。 
先日ネットで「ハノンは必要か」と言う疑問符付きの話を読んだりした事もあるし、限られた時間内での練習で、ハノンに時間を取るよりソナチネを弾きたい。 
先生は、「きすけさん、習い始めて随分経ちますね・・ まあハノンはよろしいんじゃないですか。スケールも全部終わった事だし。」と快諾して下さり一安心。 
「レッスン」である以上、先生それぞれの指導方針があると思うが、私は最初から結構我儘言ってきて、今更って気もするのだけど、それでも自分勝手にハノンをやめるのもどうかと思うので、「いや、ハノンやりましょう」と言われたらどうしようと心配してたのだけど。ほっ。。 
 
「ほんとは今年はツェルニー30番もやりたかったし、ベーソナもチラッと考えてたんですけど」と言っても仕方のない愚痴を先生にこぼす。そして、来週くらいから初めは10分位から、徐々に少しずつ時間を増やして練習を再開しようと考えてる旨を話す。とにかくハノンを外し、ソナチネを練習の主軸にして、簡単なロマン派、その2曲に余裕が出来たらプレを入れ、1時間以内で終わるようまとめる。 
以前ステッ○用の自由曲の選曲用に先生が貸してくださったギロックの「叙情小曲集」の楽譜をパラパラ見てた時、曲が1Pずつと短くて入りやすそう(知ってる曲も多いし)だったので、ロマン派とギロックを交代で弾いてもいいかもと話したら、「子供のレッスンでも、ロマン派の導入として最近よく使います」とおっしゃってた。短くて焦らずに済みそうだし、譜読みの練習にもいいかも。 
痛みが早く取れるといいなぁ。でも取れたら又一直線にGO!GO!ってなるだろうから、「飛ばし始めたら止めて下さい」と先生にお願いした(^_^;) 
 
弾けない間は楽譜読んでますと言ったら、「きすけさんは歌うの苦手だからいい練習になりますよ。少し弾いたら楽譜を読んで、又弾く という様に、続けて弾かないようにしてください。それから、弾く前は指よりも体のストレッチをするといいですよ。血の巡りが良くなって弾きやすくなります。」と。確かに体固いまま弾いてるもんな~。今年は肩と脇の脱力も意識しないとね。 
 
日記も短めにしよう。 
面倒な整理整頓
家の中の整理、例えば押入れやクローゼット、引き出しの中の片付けは、ある日思い付いて突発的にやる事が多いが、ほこりでくしゃみ・鼻水でヨレヨレになるのが予想されてもまだやろうって気になりやすい。 
しかしPC内の整理はちょっと気が重い・・ 
私のPC、USBの差込が一箇所壊れてて、何やるのも不便ってのもあるが、動作が遅いので億劫なのが一番の理由だ。 
なので昨日からまず一番場所を取ってるiPodの処理を始めた。4GB取ってたファイルを整理し、これで随分すっきりしたが、明日はものすごい数の画像も片付けなければ・・ 
サイトのトップも変更したいと思いつつ随分長く放置したままだし音源ファイルも何とかしたい。ピアノやってない内に片付けないとね・・ 
 
今日は久し振りに昼寝したのだが、2階で遊んでいた次女の友達が帰る「お邪魔しました~」の声で気付いたら5時前・・ 寝てたのは2時間だけど、こんな時間に目覚めると中々覚醒せず、結局今もボーっとしたまま。今日はこのまま何もせず寝たいな~ 何にもやる気にならないので今日のから揚げは美味しくなかった。寝ぐずりする赤ちゃんの気持ちがよく分る気がする・・(-_-;) 
寒くなってきたので
今日はこんな物を買ってしまいました。 
 
こんなのが3足1000円で。いい年になってこんなのに目がないなんてのもどうかと思うけど、ついついね・・(^_^;) 
 
この冬の足元は、5本指靴下&うさちゃんで行こうと思います。冷え性の方、5本指良いですよ~(^^)

2007-01-09_13-42.jpg
ピアノな日々
と言っても自分で弾いてる訳ではございませんが(^_^;) 
 
昨日から明日まで3日間、ピアノの演奏会三昧の日々。昨日はプロのコンサートを堪能し、今日・明日はコンクールの上位入賞者の記念コンサート。 
今日第一日目、半分しか聴かなかったが、皆それぞれとてもお上手。しかし中でもやっぱり突出して光る子がいて、それは年齢が小さくても大きくてもこちら側が感じるものは同じ、自分の世界を作り上げていてしかもきちんとそれをコントロールしている。 
 
ショパンをたくさん聴いた。小学校低学年の子のエチュードなんかも。さすがに達者に弾いていて、ワルツでも何でも、テンポの上での問題は全く感じない。 
同じ様なコンサートを年末にも聴いたが、「大人でもここまでは中々弾けまい」という演奏の子もいた。恋の3つや4つもしなけりゃショパンは弾けないんじゃないかと個人的には思うが、中にはとんでもなくすごい演奏をする子もいる。ここ数年比較的レベルの高い子供の演奏を聴いてきたが、どんな曲でもそこに演奏者自身が見える演奏が好きだ。弾く人のカラーが出ている演奏が。 
 
ネットのピアノのお友達の演奏もよく聴かせていただくが、すごいなと思うのは、皆さんそれぞれにきちんとカラーをお持ちな所。 
本格的に勉強している子供達とは違うアプローチでの練習だと思うが、大人にはやはり色んな面での経験が大きく作用してるのか、どの方の演奏も味わい深くて素敵だ。 
そこで自分の演奏を振り返ると、どうもマイナス面のカラーしか出ていない。今年は少しずつでもそんな箇所を直していきたいなぁ・・ この3日間のピアノもきちんと活かして・・
免停
今日は今年初めての子供達のレッスン日だった。帰宅後長女に「少し弾いといてね」と言い、ピアノの部屋の暖房を付けに行ったら、何となく「ちょっと弾いてみようかな」という気になって、ソナチネ1番を弾いてみた。 
ちょっと弾くだけだったので楽譜も出さず、うろ覚えで途中まで、ふにゃふにゃゆるめの打鍵で弾いてたら、どうにも弾きたくなって、楽譜立てて1曲だけ全部弾いた。 
弾いてる途中では手は大丈夫。きっとまた後から痛むんだろうけど。でも、2週間振りに弾いたピアノ、「もう弾けないかも」と思ってたスケールも何とか弾ける。まだしばらくは普通に練習は出来ないだろうけど、“弾ける”って事がものすごく嬉しくて涙が出てきた。 
 
そこへ練習しに入って来た長女。私がピアノに座って泣いていたら、その理由は充分理解出来る程には私の手の話はしてある。160cmの身長の私と大して差がなくなった娘が、子犬の様になってしくしく泣き出した。私が弾けない事を悲観して泣いてるんだと思ったんだろう。「弾けなくて悲しくて泣いたんじゃない、弾けて嬉しくて泣けてきたんだよ」と伝えた。 
 
初めて病院へ行った日から、今日まで手の事でそんなには悲観してなかった。だってまだ手を休めてからの状態が想像も付かないし、特別な事じゃないという妙な安心感もあったし、何となく弾けない事がピンと来なかったし。 
だから「悲しい」とかはちょっと違う気がしたし、「ああ、もう弾けないんだわ」なんてばかばかしい悲劇チックな気分に身を置く気もしなかった。 
 
今日は本当に、「あー、弾けるわ、何とか。よかった。」って気持ちだけだったのに、いつの間にか結構元気良く泣いていた。自分で分析するに、これまで溜まっていたちょっぴり不安な気持ちが、かたまりになって押し寄せて来たんだろう。悲観的にならなかったのは、悪い事を考えない様にしていたからだけど、どっかで無理してたのかも知れない。今、もうすっかりすっきりしてこれまで以上に悲観的な気持ちはなくなりました。 
 
昨夜弟・妹一家とうちで新年会をしてて、「免停」の話題が出た。実はわたくし一昨年の夏、子供のレッスンへ向かう途中の名古屋高速でスピード違反で捕まり、3万円の罰金を払いました(;-_-;) が、実はホントだったらそんなもんじゃ済まない速度で私は走ってたんでございます。お上のお情けで罰金3万で済みましたが、ほんとだったら確実に免停になってたよなー。と話したら、弟や義弟から「俺達男が同じ事やったら即免停食らうぞ!」とブーイングの嵐でした。 
で思ったのが、昨年秋のピアノの練習。私は120km/hが自己ギリギリMAXな所を(制限速度は80km/hくらい?)、140km/h位で飛ばしていたんじゃないかと。(実際そんなスピードで走りませんよ、念の為 笑) で、そっかー、今免停食らってピアノ弾けない状態なんだな、と、年の初めに飲みながらしみじみと考えたのでした。 
免停だったら1ヶ月はおとなしくしてなきゃね。昨日は飲んでる最中にも指が痛んだし。 
新年早々こんな話ですいません。。
♪迎春♪
新年明けましておめでとうございます。 
ネットでお付き合いいただいた皆様方、昨年は色々とありがとうございました。本年もどうぞよろしくお付き合い下さいます様お願い申し上げます。 
 
今日は暇。朝9時ごろ家族でおせちをいただき、その後は年賀状を眺めたり昼寝したりしてゴロゴロと過ごした。ピアノも弾けないし。 
2日は親戚宅へ行くので1日外出し、3日に私の弟妹がやって来て新年会の予定。正月三が日は大体毎年このパターン。 
子供の頃は父の実家で親戚一同全員集まり、飲めや歌えの大騒ぎ、子供達は家中走り回り、すごく賑やかで楽しいお正月だった。その分母はとっても大変だっただろうと今では思いますが。 
 
さてここ数年新たな1年の目標をカミング・アウト(~_~;)してる訳だが、毎年なかなか思うように実行出来てない。 
「昨年の目標は・・?」と日記を読み直してみるとソナチネ制覇&グレード受験。・・・・・。。 
モーツァルトのせいにする訳ではないが、発表会曲であんなに苦労するとは予想外でありました。。 
先月も発表会後早々とステッ○受けると公言したのに、まだピアノ弾けそうもない。締め切りは後1ヶ月なのに、どうしたもんだか・・ まあ地元で受けなければ又今年中に機会はあるんだけど。課題曲が変わっちゃうかもだが。 
 
そんな私の今年の目標は、先日日記に書いた様に控えめにかつ慎重にピアノの練習を進めていく事。 
振り返ってみれば、モーツァルト始めてからずっとピアノに縛られていた様に思う。常に焦りが付きまとい、家事や子供会の仕事もやっているものの、余力は全く無かった。それでもそんな風に思考をピアノに占領されててもそれはそれでいいと思っていたのだけど、こうしてピアノ弾かない日が10日以上(えっ?まだ10日?!)続くと、ちょっと不自然なことをやっていた様にも感じる。 
そういう訳で、今年はコンパクトな練習を心掛けます。何だか地味な目標だけど、そこから家事の充実にも(気分的にね)もなり得ることでしょう。もし私がまた飛ばし出したらどうぞどなたか止めてくださいまし(笑) 
色々と物事スムーズには行きませんが、こんな私に今年もご教示下さいます様、よろしくお願いいたします。 

2007-01-01_00-33.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。