FC2ブログ
ひ~~、、ついに明日
5月に選曲したこのモーツァルトのソナタK.570 第一楽章、半年近く持ってたんですね、長~~~・・ 「それなのにこの程度?」「いや、半年掛けた甲斐はあった」の相反する自分自身の評価がぐるぐる回る。結論は明日出すとして、手を傷めるというアクシデントに見舞われたけど、自己設定の7割位は練習出来たのだろう。ほんとは120%っていばって言いたかったとこだけど、これが現実。不出来な所も出来た所も全部自分の物、確実にプラスになっていると信じよう。 
 
昨日の演奏を聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございます。 
「きっと本番終わったら、録音する気もなくなるし、それ以前にその為の練習なんて、絶対しないだろうな」と予測したので、あれでお茶を濁そうかと思いまして・・((;^_^A 今日、本番対策として気持ちを追い込む為サスケで録音しました。でも音割れしてても昨日の方がきれいに聴こえる。それは謙遜でもなんでもなく、ピアノのせいです。鍵盤は軽くよく響く。そしてホールのせいもあるし。あと、携帯を連弾用に置いてあったもう一つの椅子に置いたのだけど、それが自分の右側にあったので伴奏も控えめに聴こえたし。 
 
明日はきっとガタガタ。あー、いやだ。。と、どうしてもネガティブな方向へ思考は走る。 
が、今日読んだ「BURRN!」誌に載ってたポールのインタビュー記事の中にこんな言葉が。 
 
「自分を信じられないような奴を、一体誰が信じるんだ?」 
 
ポールさま~~、おっしゃる通りでございますねーーー(ToT)  
「成功出来ると自分自身が信じることから総ては始まる」そうであります。愛するポールの言葉を演奏中にも思い出そう。励まして下さった皆さんの言葉と共に。 
もしかしたら、「上手くいく!」と念じたら、ホントに難所の16分もこけずに済むかも知れない。 
 
明日の開演は1時半、私の出番は43番目・・ 最初からホールで聴いてるか、それとも時間まで自宅で練習しているか・・ これが最後の悩みどころ・・・
スポンサーサイト



Copyright © 2020 ・・K-日記・・. all rights reserved.