FC2ブログ
実感
これまでの発表会曲で、今年ほど時間を掛けたものは無い。毎日3時間練習してもその内の半分はハノンやらソナチネやらもやっていたし。今年の様にまるまる全部発表会曲と言うのは初めて。毎日あっと言う間に練習時間が過ぎて行く。そして毎日「今日も目立った進歩は無かった」とちょこっとだけ虚しい気持ちでピアノの蓋を閉じる。こんな事を、ここ1ヶ月ずっとやってる(それまではそこまでの練習も出来てなかったので)。 
 
2日ほど前から、前日頑張った事が翌日には成果としての兆しがほんの少し見えるようになった。こんな事は普段のソナチネなんかの練習では「そりゃそうでしょ」クラスに起こっていたのだけど、モーツァルトではなかなか無かった。釣り鐘を持ち上げるくらい手に負えなかったトリル部分も、重い鐘がほんの少し動いてくれた。そして今日はメトロノーム外して115位のテンポで弾いたら、やっと、この曲と少しお近付きになれたという感じがした。手が、少し表現してくれた。ほんの少し。あ~、やっと曲を弾いてるって気がした。ホントは1ヶ月以上前にこうなってる予定だったんだけどね(^_^;) でも又少し希望が見えてちょっと安心。 
引き続きテンポアップの努力はするが、あまり速さにこだわるのはやめよう。 
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.