FC2ブログ
今日のレッスン
ここんところレッスンの度変なプレッシャーやら緊張があってリラックス状態での演奏なんて全然出来ない事が多かったけど、今日は特にそういう事もなく、平和な一時を過ごしてこれた。 
 
・ハノン C dur 
ホントは出来たらa mollも と言われてたけど、C durに慣れるまで結構大変だったのでa mollはやらず。 
先生に「C dur、今までの調で一番やり難かったです。脳が退化してきたのかと思いました。」と言ったら、「私もこの調弾きにくいですから」と慰めてくださった((;^_^A 何でも、ショパンもお弟子さんに「C durは一番難しい」と言ってたのだそうだ。 
リズム4種で練習していたのだけど、出来は悪くはなかった。次回新たにリズム練習を増やしてもう一度。先生わざわざ弾き難いリズムを3種類も選んでくださいましたよ・・ひー、計7種類のリズム練習。。。 
 
・ソナチネ10番 2楽章 
通しで弾き終わったら、「いいですね。」 ただ、最初よりテンポが上がってくるので、速度を一定に保ってもう一度弾き、この曲は合格。 
この、1P程度、テンポもゆっくりの曲だと、気分的にも技術的にも楽で余裕を持って弾けるよなぁ・・ 長いのは集中力が続かなくて・・・。 
発表会曲を始めなきゃならないので、ソナチネはこれで一旦お休みになった。ちょっと寂しい。 
 
・インベンション 8番 
今回は最初からちゃんと両手で(^_^;) まだまだ1小節毎につっかえるって感じなのに、どうしてもテンポを上げてしまう。子供が弾いた時のテンポが頭に焼き付いているので、崩れるのについつい速くなってしまうのだ。ゆっくりやろうとすると何が何だか分らなくなってしまうし。。 
でもそれならなおさらゆっくりのテンポでやること、そしてメロディーの上下の流れをよく表わすこと。後、16分よりむしろ8分の動きの方が弾き難いので、そこは1小節を2つの和音に分けて練習すること。 
右は結構スタッカートも脱力して弾けるけど、左はまだまだ重いねェ。更なる練習を重ねるべし。 
 
・モーツァルト K.570 1楽章 
結局譜読みと言ってもまともに出来なかったモーツァルト、とりあえず2Pだけ見てもらい、「もっとレガートで」「16分すべらない」等の注意をいただき、もうこの曲にほぼ決定かなー。。「やっぱりドビュッシーのグラドスとか頑張ってみようかなぁ」とかチラッと思ったけど暗譜出来なさそうだったし(_ _;)  
先生に恐る恐る「私にモーツァルト弾けるでしょうか。。」と尋ねたら、「確かに以前のきすけさんの弾き方だとモーツァルトは考えられませんでしたけど、今はもう大丈夫ですよ」と言っていただいた。が、果たしてどこまで通じるか。大博打のような気もする。。。 
 
昨日遊びに行ったKISS友宅で撮ってもらった写真を、加工して送ってもらった。まさしくこんな心境だったワタシ。素敵なバラとふきだし、ありがとう★

RIMG3279tike.jpg
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.