スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嬉しい復活
昨日裏庭に出た時ふと目に入った小さな花。一昨年の酷暑で枯れてしまったと思っていたお気に入りのクレマチスの原種が見事に復活していた(T▽T) 
原種は弱いと聞いていたし、実際去年は葉すら付けずとても残念な思いをしたのだが、他の園芸種に先立って可愛い花を付けてくれた。お母さんは嬉しいぞー♥ 
 
今夜は役員会で寒い学校にいて冷えたせいか、ジョーバ30分やったせいか、非常に腰が痛い( ̄^ ̄;)←すぐ欲張るから・・・ 
お風呂で温めてとっとと寝よう。。 
 
今日はインヴェンション8番のみ。左がすごく弾き難い。スタッカートが多いのが気になるなぁ。両手でちゃんと合わせられるのだろうか、不安。 

DSCN1193.jpg
スポンサーサイト
指輪とさよなら
16年間ずーーっとはめていた大切な指輪を昨夜外した。ここ最近の急な体重増加で指も当然太くなり、いずれ抜けなくなるだろうと思い、石鹸付けて「イタターーっ!」と言いながら何とか外した。 
 
この指輪、以前妹がアメリカ行った時に買ってきてくれたお土産。アイルランドに古くから伝わるデザインだそうでクラダリングと言い、王冠をかぶったハートを両手が支えている。人によっては「これってカブ?」と言う人もアリ(笑) 
 
妹がアイリッシュの友人から聞いた話によると、人からプレゼントされたものをはめていると幸せになれるそうな。その時どん底だった私はこの指輪を心の支えに過ごしました。 
 
甲状腺ホルモンの数値が正常になったら体重も元に戻るものなのかどうか、とにかく痩せなければこの指輪は永遠にはめることもなくなるだろう(あるいはもっと太って別の指にとか・・それは絶対避けたい(;-_-;)) 
・・ってことは誰かにプレゼントしてもらわなきゃねぇ。ずっと右中指にあったものだからいつもの癖でつい手が行っちゃうし。 
 
夫に頼んでみよう ( ̄m ̄*)♪ 

2006-04-26_16-26.jpg
引き続きインヴェンション#4
こないだ4番合格したものの、どうもいつものようにさっさと次へ行く気になれない。録音がまだ終わってないせいもあるんだけど、どうやっても納得行くように弾けないのが引っ掛かってしまって、新曲の8番の練習も全然はかどらない。相変わらず4番中心の練習メニュー。。これでいいのか・・(;-_-;) 
 
なんだか最近左の動きがよろしくない。インヴェンションだけでなく、ハノンやってても感じること。 
一つクリア出来た事は、何でも永続的であればいいのに。 
 
何だか又寒い。今週末は潮干狩りに行く予定だったのに、これじゃとても無理みたい。 
久々のギター
最近お隣の中学生のお兄ちゃんがギター(アコギ)を始めたと聴き、今夜は超久しぶりにギターを弾いてみた。 
 
ギターを弾き始めたのは9年ほど前。電子ピアノを買うまで1年間ほぼ毎日練習してた。ピアノが来てから全く触らなくなってしまったけど、今日その時練習してたKISSやThe Offspringの曲弾いてみたら8年振りながら少し弾けた。速弾きソロなんかはもちろんとても無理だけど、弾けてみて改めてピアノの難しさを感じた。だって8年も弾いてないピアノ曲、楽譜も見ずに絶対弾けないから。 
 
ギターは、慣れるまでは弾いてて指が痛くなるのと、ドの位置があっちこっち散らばっているってのが納得行かないってので、結局ピアノほど続かなかったが、でもやっぱりアンプを通した好きな曲のフレーズを弾く&聴くのは楽しい。今度はキチンとスコア(なぜかギターの場合“楽譜”じゃあない(^_^;)見て弾いてみようかな・・ その前にインヴェンションなんだけど。 
 
写真、長年部屋の装飾となっている私のギター。。彼の今後や如何に。 
 
DSCN1174.jpg
今日のレッスン
ピアノのレッスンを受けていらっしゃる皆さんは、先生宅でのレッスン時に、妙に気構えてしまったりする事はないだろうか。「今日は上手く弾けるだろうか」などと考えながら、体が固くなり、自宅での練習のようにうまくいかなくなるような、そんな事は私だけだろうか。 
 
今日は前回と同じ持ち越し3曲。ソナチネ2楽章以外は結構仕上がって来たと自分では思っている。 
今日は朝のウォーキングも行かず、家での練習でもOK。それなのに、先生宅で何で弾けなくなるんだろう。もう5年も通っている場所なのに、緊張って事もなかろうに・・・ 
 
・ハノン Ges dur スタッカート系リズム3種、 es moll レガート 
前回も書いたが、Ges dur弾き難かった。その上苦手なスタッカートのリズム。これは真面目にやらないと2週間経っても絶対弾けないぞと思い、地道に練習しました。気を付けたのは音の粒を揃えること。どうしても1の指は飛び出しやすいので、なるべく他と足並み揃える様に・・・ 
一通り弾いてみると、音こぼれあるものの、「いいですね」と先生。長調は合格。 
es mollも和声的音階・旋律的音階両方弾いてみる。初回にしては悪くないと思う。 
「これもちゃんと見れてますね。ただ、左の1の後の4の指が弱いので音を揃えましょう。3が強いですね。2も弱いです。」と、一番気を付けていたはずの音の粒が、全然揃っていませんでした(笑) 
3を中心に、周りの指での音が弱い。次回はes mollをスタッカート・アクセント・6/8で練習。 
 
・バッハ インヴェンション 4番 
冒頭でのフリはここに至る。「さあ今日こそ合格・・・!」と意気込んで弾き始めるも、普段間違えた事ない箇所で詰まる詰まる・・ もう、軽くパニック。 
「う~ん、前回よりいいんですけどね~、、、」と先生も困ったご様子・・ 左8分が連なる所、「もう充分音は出ていますからそんなに指を上げず、もっとフレーズ感を感じて弾きましょう。」と。ハイ、これも家でちゃんと意識して練習してましたのよ。。先生曰く、とにかく固い、ガチガチらしい。自分でもすごく力が入ってるのが分る。おーい、何とかならんのか・・・ヽ(´o`; 
何度か部分的に引っ張り出して修正し、もう一度暗譜で通し。まだだめ。3度目の通しでようやく脱力して弾けた。 
「やっと弾けましたね~(^_^;)、いつも最初からこんな風に弾けるといいんですが・・ これ、どうしましょうねぇ・・・ ま、あ、、4番は合格にしましょう」と、思いっきりおまけの合格・・(;´Д`) 情けなや・・・ 
次は8番。 
 
・ソナチネ10番 第1楽章 
バッハで憑き物が落ちたように、こっちは気楽に弾ける。しかし後半からミス多発。 
「きすけさん ソナチネ良くなってきましたね~ まとめるのも上手くなりました。バッハやり出してでしょうかね? でも、後半から崩れるのが残念ですね~」 おっしゃる通りです。。私はいつもそう。後半、大体展開部辺りになると集中力と体力が持たなくなり、ガタガタになってくる。もう癖になってると言ってもいいくらい・・(;-_-;) 確かにこれがクリア出来なければ、発表会でも同じようにガタガタだろう。何とか直すつもりで録音もするようになったのだが、まだまだダメだ。 
前回言われた所を再び指摘され、これは持ち越し。今度はノーミス目指さねば。大きな大きな、課題。 
 
・ソナチネ10番 第2楽章 
「これは、ゆ~~~っくりでいいんですよね?」と確認してスタート。ある方のアドバイスのお陰で重音の調子は結構いいぞ。流れ的にも悪くはない。気がする・・(^_^;) この1週間で少し弾けてきたせいか、練習してても結構楽しい。 
まず最初の左4分の単音伴奏、よく音が抜ける。「オーケストラの、コントラバスのようなイメージで、弾く時は手首上げずに音が沁み込んでいくように。お豆腐に指を突っ込んだ時みたいに弾いてください」と、先生のアドバイス、とっても分りやすい(笑) あと譜面通りきちんと強弱を。自分じゃ付けてるつもりでも全く付いてなかったよ。これも仕上げること。 
 
バッハにしてもソナチネにしても、「これくらいならOKだろう」的な考えが、自分にあるのがこわい。その、「OK」とする根拠は、「そういや子供はこれくらいで合格してたから」という、すごく足元のいい加減なものだ。結局こんなだから曲の後半で崩れたりするのだろう。私のネックになってる一つ。今日からこれを直していこう。 
それにしても今日ほど喜び感の無い合格は初めて。「家では弾けたんです」から、いい加減卒業したい。 
せめて録音は納得出来るものにしたいもんだ・・・・(_ _;)  
ダメあれこれ
ここんところ子供会の仕事が目白押し。お陰でネット時間が激減。 
これからやる事、やった事、その他諸々の事を会長用ノートにて整理しているのだが、つくづく思うのは、私ってノート取るのヘタだってこと( ̄д ̄;)学生の頃と一緒だよ、いくら丁寧に書いてもすごく見づらいぞ・・ 
 
今日はバッハを録音、タイムを縮めたい訳じゃないが、1分以下で弾けるようになった。  
しかし録ったものを聴き返してみると、やはり右のトリルと左のメロディーが合っていない。 
娘に聴いてもらったら、右トリルが段々速くなって行き、それに追い付こうと左も崩れ出す様だ。 
このままいくら今までどおりの部分練習してたって絶対きれいに直らないと思い、この部分だけメトロノームに合わせてまずは片手ずつから。そして両手で合わせてもまだダメ。 
そこで、思い付いて右トリルに合わせて、左は弾かずに左の音階を声に出して歌って合わせてみた。簡単そうな事なのに、やってみると全然合わない。何とか合うようになっても、歌が8分音符どおり「ファ/ソ/ラ/シ/ド/レ/ミ/レ/ド/シ/ラ/ソ・・・」と、ブツブツ一音ずつ切れてしまい、きれいに繋がって歌えない。 これをきれいに出来るようになるまで結構掛かった。最初は超ゆっくりのテンポで右トリル+歌、それが出来たら両手で弾く。クリア出来る毎に1、2段ずつテンポを上げていって、最終的にいつものテンポで・・ と思ったけど、そこまでは無理でした。そういや、のだめも平均律でこんな練習してたなぁ。。違う動作を一緒にするって、ホントに難しい。タコってすごいと思った。タコと言えばそのアルバム・ジャケットから思い出すのがコージー・パウエル(元Rainbowのドラマー 故人)。ドラマーってやっぱすごいよね。しかも中には歌っちゃう人までいる。トリル+歌くらいサクサクやれるようになりたいもんです。 
 
それにしてもコレは結構効果あり。明日も引き続きやってみよう。って、気付くの遅いって・・・ 
やっと春
今年は桜の時期に雨が続き、花見には行けずに終わってしまい、とても残念。寒さがいつまでも長引いていたからか、庭の花の咲き方もおかしい。いつもは3月半ばに咲く雪柳が先週まで咲いていたし、写真のかいどうも随分遅かった。今日お邪魔したご近所の庭には、未だに沈丁花が咲いている・・もう桜も散る頃なのに。 
今日は昼間柔らかい気温でようやく春って気が。しかしまだ冬用靴下の私(^_^;) 
 
ここんとこようやくソナチネもバッハもまとまってきた感じ。やはりソナチネは両手で弾けるようになっても、片手練習は必要ねー。バッハは3箇所ほど厳しい所があるので、今度の金曜までにきれいにお掃除出来たらいいのだが。 
それにしてもやっぱり重音難しい。以前ベートーヴェンの「ト長調のメヌエット」の楽譜を、発表会曲用にわざわざピースで買ったのに、重音だらけで思いのほか難航したのであっさり断念した。ソナチネの1楽章も2楽章もコレで難儀してる。1・3の指の時はまだしも、2・4、3・5はダメ、全然ダメ。この3度の和音の移動の時、いつも思う。「指の長さが5本とも一緒だったら弾きやすいのだろうか」と。。 

DSCN1158.jpg
スタインウェイ・トゥ・ヘヴン
「Stairway To Heaven」、邦題「天国への階段」。言わずと知れたレッド・ツェッペリンの名曲。 
このタイトルをもじって作られた「Steinway to Heaven」と言うしゃれたタイトルのアルバムがあるそうな。内容はロック・プログレ等のキーボード奏者がそれぞれの解釈でクラシック音楽、ショパンやベートーヴェン、ブラームスを弾くという企画モノのCD。私の大好きなDream Theaterのキーボーディスト、ジョーダン・ルーデスもショパンの「革命」で参加している。 
結構興味あるものの、ネットで評判をチェックしたら賛否両論と言ったところ。まだ買うかどうか迷っているけど、ネットで試聴してみたらある意味キワモノ的な色合いがしなくもない。嫌いじゃないけど(^_^;) 
ご興味のある方は一度お試しを。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000003ZBC/qid%3D1144924147/249-8648507-6886767  
 
アルバムに参加メンバーの全員を知っている訳ではないが、キース・エマーソン、リック・ウェイクマン他、キーボード奏者としてかなり有名な面々が集まっている。前述のジョーダン・ルーデスも9歳位でジュリアード入りした天才らしい。それぞれ恐らく最初はクラシックから始め、後に違う路線に転向したパターンが多いとは思うが、皆さん確かに指は恐いくらい回るだろう。んで、そのクラシックに対する音楽性はどんなものか。試聴したジョーダンに限って言えば、こんな「革命」は初めて聴いた。クラシック奏者がこれやったらブーイング出るのかなぁ。でも、ロックの延長上として聴くとおもしろいかも知れない。誰かバッハもやればよかったのに。そこでふと思った。超有名なクラシック・ピアニスト、例えば中村紘子さんとか仲道郁代さん、今は亡きケンプとかがロックのキーボード・ソロをやったらどうなるか(笑)まあまず「ふざけるなー!」で一蹴されるとは思いますが。。一度聴いてみたいものです。どこかが企画しないかな~ 
やっぱ大切な地味練
今週はハノンも含め、全曲真面目にしっかり片手ずつの練習からスタート。長くやってるソナチネの1楽章の方も。 
「う~ん、やっぱ効果出るよなぁ( ̄ ̄;;」と、改めて実感。先週も「一から練習やりなおした方が早いぞきっと」と思いつつも、な~んか出来なかったのですよ。「急がば回れ」。充分分ってるんだけど・・・ まだまだイカンなぁ・・・ 
 
今日はソナチネの2楽章をメインに練習。重音丁寧な音が出るように。でも気を付けてても気を抜いても、ダメな時はダメ。上の音は全然出ない。 
けど、少し流れるようになったかな~ 1楽章とインヴェンションは今日は調子良かった。やっぱりインヴェンションは調子に乗ってテンポ上げすぎるとそこで「今日の練習終了」になるくらい全てがガタガタになる。元のテンポに戻してもダメ。 
今日は指が少し軽くなった。ハノンのスタッカートリズムの練習のせいか? 
 
母からもらったきのこ。本シメジらしいけど、いかにも「きのこ~」って感じが可愛い♥ ガラスのカエルさんと。 

2006-04-13_18-23.jpg
ヘンなテイスト
このサイトのプロフのページに自分の気に入っているものを書いてあるのだが、実はあの他にも自分でも「ちょっとヘン」と思う好きなものが、「妖怪」(爆) 
思い起こせば小学3年生の夏、家族で行った本屋さんに「日本妖怪図鑑」なる子供用?の怪しげな本が置いてあり即買い。妹と弟と私ですごく盛り上がり、それぞれが本に載ってるほとんどの妖怪を覚えた。ヘンなきょうだい。。 
「GEGEGEの鬼太郎」や「妖怪人間BEM」とかもいつも見てたし、怪談とかも大好きで、我ながらKISSやマリリン・マンソンが好きなのも合点が行くと言うものだ。これら以外にもギーガーだとか、同じようなテイストの貴重な友人はやはりKISS ARMY(笑) 
 
“妖怪”って言うと、個人的には何だか子供じみた雰囲気と懐かしさと自然が詰まっている。(この場合の妖怪は国産限定。)イメージする背景は江戸以前。木と土と古い家屋の匂いがセットになって。この3つが好きだから、それに絡むものも好きって流れなのかも知れないな~  
 
いきなり何で妖怪かってーと、今読んでるのが「しゃばけ」と言う、私の好きな「江戸」「妖怪」が一緒になってるミステリー&ファンタジー。表紙の絵からして楽しいです。これも文庫待ち(貧乏くさいなぁ)でやっと読めた。先日まで「博士の愛した数式」を読んでて、何年振りかに見る「素数」だの「平方根」って文字に怖気づきながらもこれはこれでとても良かったけど、やらいつも側に置いてあった「しゃばけ」が気になって気になって・・(笑) 
ずっとジェフリー・ディーバーのヘヴィーなのが続いてたから(短編集「クリスマス・プレゼント」すっごく良かった!)、この手の軽めのは今丁度手頃でいい感じ。ワクワクしながら読んでます。続編も買うぞー♪ 
ちょっとショックな発見
昨夜見た鏡に映る自分の横からの姿、何だかお腹が出てるなぁ・・ 確かにこの2ヶ月で5、6kg太ったのでもちろん出て当たり前なんだけど、どうもそのせいだけじゃなく、真っ直ぐ立ってみるとどうも腰を前に突き出してる感じ。ラジオ体操で腰に手を当て胸をそらす時の様な。普通に立っててもそうなる。姿勢だけは良かったはずなんだけどなぁ、いつの間にこんなおかしな姿勢になってたんだろう?そういや2年前の夏にも気が付いたけど、その時はすぐ忘れちゃってたよなぁ・・でも今はもはや忘れたり出来るレベルじゃない。だってその姿勢だと楽なんだもん。 
 
今朝義母に「何だか姿勢悪くなってさ~」と状態を説明すると、「それは背筋が落ちてるのよ。お腹前に出して腰に手を当てると楽でしょ。私達と一緒で老化よ。」と・・!!やっぱりか~~、もちろん心当たりはありますとも、甲状腺炎なってからずっとダラダラしてたから、この冬の間に筋肉と言う筋肉が落ちたような気すらするもん。歯磨きしてても腕だるいし。 
 
筋肉落ちると代謝も落ちるそうだ。ただでさえ病後代謝が良くないのに、そりゃ体重も急増するはずだ。私の背骨は側わん症で歪んでいるので特に姿勢には気を付けていたのに、これではいずれ背中や腰に負担が掛かってきそう。と言う事で、これまでのゆるい意識じゃあダメだ!今日から真剣にエクササイズに精を出すぞ(>_<) 
3日ぶりのPC
週末は祝い事続きで美味しいものが食べられ嬉しかったけれど、自分の時間は全然取れず、PC触るのも3日ぶり。気になりつつも日記の更新も全然してない。レッスンの日の晩はどうにも寒気がして早々に休み、「今日のレッスン」が、初めて「先日のレッスン」になっちまいましたよ、まあどうでもいい内容なんだけどね。。。( ̄▽ ̄)  
で、 
「先日のレッスン」 
 
・ハノン Ges dur 
以前、♭6つなんてすごく弾き難いだろうな~ と言った私にある人が、「弾きやすいよ、黒鍵ばっかだもん」と答えた。たぶん曲としてはそうなのかも知れない、しかし私にとってはめちゃめちゃ弾き難かったです、このスケール。C♭とFの間が開いているのに中々指が慣れず、つっかえず両手で弾ける様になるまで時間掛かった。これは次回はリズム3種で。「3種類もかぁ。。(ー_ー )」と思ってたら  
「es mollも二つともやってきてください。」と先生。あひゃー。。 
 
・インヴェンション 4番 
最近は時々録音すらしていたインヴェンション、完成にはまだまだ遠いけどちょっと弾けてきた感もする。「まあ明日は合格は無理としてもかなり弾けるんじゃないかい?」なんて思っていたのに、弾けてるはずのとこすら弾けない、全然っダメ。 
この日の朝はご近所とのウォーキングの日、最近急成長気味な私、「確か以前ウォーキング後のレッスンガタガタだったよな~、どうしよ・・・」と悩んだものの、1日も早くどのジーンズも履けるよう、ウォーキングに出掛けてしまいました。止せばいいのに、ついいつも通り両腕をしっかり振って・・・ 
結果、帰宅後の練習でも腕がだるくてまともに弾けやしない(ФoФ;) 先生の所でも当然直らず、同じ轍を踏んだ事への後悔しきり。あ~、私のあほぅ・・・ 
弱い所は益々アラが目立ち、まったくまとまり感のないインヴェンション。情けなくも先生に「いや~ウォーキングのせいで・・・」と言い訳(;-_-;)  
この曲は結構練習細かくしてても、なかなか効果が表れてくれない。先生に「どうしたら・・」と尋ね、結局これまでの練習に加え、更に出来ない箇所だけゆっくり・・との事。弾けていても聴けていないだろうから、ダメな部分は聴けるまでゆっくりと。意識してるつもりだったんだけど、弾いてるうちに聴かなくなってたのかなぁ、あ、先生の所では全く聴けてませんでした。。 
 
・ソナチネ 10番 第1楽章 
「これは仕上げでしたっけ?」との先生の問いに「えっいや、まだまだです」と答える。ホントは暗譜もしてあるし仕上げだったはず。しかしこのウォーキング疲れの腕ではまともな演奏無理だ。って、最初からまともにも弾けてないけどさ(^_^;) 
注意された部分は少ないのだけど、例えば左、3拍子で8分のスタッカート和音が6つって単純な伴奏のテンポがなぜか遅れてしまったり、付点2分の単音、3小節分クレッシェンドが出来なかったり。ものすごく単純な部分が出来てないのは、なぜ??「次は仕上げで」 「(次“も”です・・・)」 
 
・ソナチネ 10番 第2楽章 
苦手な重音、上の音出なーい。「私2楽章って苦手です。」「私もどちらかと言うと苦手です」と先生。じゃあ私が苦手でも当たり前だね♪ 
ソナチネやってて、2楽章が出てきて嬉しかった事はたぶん1度も、無い。今回も「うげー、これやらなきゃダメなの~?」がホンネだった(~_~;) 大抵練習の一番最後にやるから気力落ちるし、テンポもメロディーもゆるやかで、なんだかやってるうちに眠くなるし、なかなか進歩してかない。とりあえず譜面は読めてたみたいで、和音は上の音キチンと出るよう、まず高い音だけで繋げて弾くこと。次からは最後ではなく最初に持って来てしっかり練習すること(笑)。 
 
さて今日から長女のお弁当作り開始。家事の中で最も苦手とするこの作業を、この先何年続けていかなければならないのかと思うと、かなり気が重い。しかしおかずの使い回しや組み合わせに頭フル回転(しなきゃ出来ないんです)させてるうち、脳も活性化されるんじゃないだろうか、とちょっと期待も。 
入学式
日頃の心掛け?卒業式に引き続き本日も風の強い寒い日でございました。家から歩いて7、8分の中学校まで風に吹かれ「寒ーーっ!」と言いながら、長女の入学式に向かう。 
 
夫も私も同じ中学に通っていたので、小学校に比べると掲示物がそっけないもんだけど、ちょっと懐かしい。 
式では上級生が校歌他を合唱してくれたのだが、とてもきれいで素晴らしいものだった。男女生徒合わせて結構な人数が居たが、有志を募っての出演だったそうだ。中学生にもなるとそんなイベント、かったるくて出たがらないもんだろうけど・・えらいぞー。 
 
今日もらった教科書、自分達の時とは違ってフルカラーだ(笑) 
なんやかんやで、小学生の時と同じようには過ごしていけないな、と実感。これから子供も人生の過渡期に入る。できるだけのんびりと暮らして行きたいけど、なんだか大変そうだなぁ・・ 
 
仲良しと全員クラスが別れて、結構ナーバスになっている長女。疲れただろうな。今日は母すら疲れたよ。。 
お風呂入ってさっさと寝よう。入学式が木曜で、ほんとによかった。。 
ちょっとだけよくなった? <バッハ>
相変わらずバッハ中心の練習メニュー。初見練習もやるにはやっているが、本音はこれもハノンもしばらく置いときたいくらい。もー、毎日バッハだけでいいや・・(;´д` ) 
 
ようやく今日はちょっとテンポを上げられるようになった。それでもCDとは大きくかけ離れたスピードだけど。それでもテンポを上げると、いかにも自分自身で“操縦してる”って感じがして、気持ちいい。しかしここでいい気になって毎日の片手練習を怠ると又すぐ弾けなくなってしまうので気を付けなければ。 
まだまだガタガタのミスだらけだけど、試しに録音してみたら、やーっぱり演奏固まる。んもー、ほんっとに情けないわねぇ・・(-_-;) この分じゃまた「録音成功まで100回」コースだわ。 
 
明日は長女の中学の入学式。寒くないといいが・・ 
今日もバッハと格闘
いい加減晩御飯の支度をしなければ~~~ と思いつつ止められないインヴェンションの練習。今日は音の響きをしっかり気にして弾いた。ちょっと気を抜くと押さえ付けた音になってしまうので一音一音よく聴いて練習していると、時間なんて本当にあっと言う間に過ぎてしまう・・ 
 
4番は、中々流れず苦労しているけど、つっかえず弾く事より先に拍感と8分音符の音の響きにこだわってる。先にスラスラ弾ける様になってからの話だろっ!とも思うし、長くこだわってる割に一向にその二つが上手く行かないのだけど。 
 
速い曲なので軽さは出したいけど、なんか自分でも変に思うくらい音に対してこだわってて、別にチェンバロヴァージョンのCD聴いてた訳でもないのに、ああいう「ピーン」とした音にしたくて仕方がない。無理なんだけどね。 
 
不思議なのは、その日の最初にいくら片手ずつの練習しっかりやっても(毎日それぞれ20分ずつ位・・少ない?)、その後長く両手で弾いていると終いには指使いが怪しくなって崩れてくる。1番ではそうでもなかったのになぁ、やっぱまだ片手ずつの練習が足りないのだろうか。 
お陰でソナチネの新曲今だ弾けないよ、今週レッスン・・(_ _;)  
 
ところで今日買い物の帰り道、舗道にキラリと光る物を発見、拾ってみたらそこそこ大きなダイヤ?だった。立て爪の指輪かネックレスから落ちたのかな。 
本物かどうかの見分けも付かないけど、もしか本物を落としてしまったら、私なら気を失ってしまうだろう。なので交番に届けに行ったのだけど、そこで受けた説明で、6ヶ月過ぎても持ち主が現れない場合、そのブツを頂くか受け取りの放棄をするかの選択をしなければならないそう。 
貧乏高校生の時、7000円拾って半年後しっかり受け取りに行った事がある。現金ならそれも考えられるけど、宝石類の場合、持ち主の思念が込められてそうで、なかなか受け取り難いものがある。で、「放棄」って事で帰ってきたのだけど、そうするとあのダイヤ?は最終的にどうなるのだろう?とちょっと気になったのでした。引き取り手のない放置自転車の様に売りに出すのかな~?持ち主の手元に戻るといいが。 
開幕戦
ようやく四月になりました。 
一昨日から雪が降る寒い天気。雷も鳴るし・・ 折角咲き始めたムスカリ達も、「なんじゃこりゃーーっ!!」って思ってることでしょう・・・ 
そんな不安定なお天気の中、今日はナゴヤドームへ中日ー広島の開幕戦を観に行った。 
 
去年にも書いたかも知れないが、野球観戦に掛かる費用はありがたいことに全て夫持ち ( ̄m ̄*)V 今日も私はお茶とチョコレート買っただけでのんびり楽しんできました。その代わり、過去に買った応援グッズの数々をテーブルに並べて「各人一人一個は持つように。」とのお達しをいただきましたが。 
 
特に野球に興味は無いし、選手の名前も何もほとんど知らないものの、その場の雰囲気で結構のって応援してしまうもんだ。何しろ回りはドラゴンズファンばかりな訳だし。 
 
今日は中日のマスコット・キャラクターの他にグランパス・エイトのシャチの着ぐるみまで登場してて、これがすっごい可愛かった。 
試合も何とか逃げ切り、気分良く帰宅。 
しかし毎度思う事だけど、もう少し野球好きだったらもっと楽しめるのになぁ。まあ別にいいんだけどさ。 

2006-04-02_19-42_0001.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。