西村さんのコンサート
先週少し暖かい日が続いたが、昨日今日はめちゃめちゃ寒かった。それでまたこんな寒い日の朝に暖房のタイマーを忘れていたりする。。 
 
昨日は西村由紀江さんのコンサートだった。 
去年、コンサートのページにも書いたが、いつも2月の、それも寒~い日に当たる。なぜだ。。昨日も終演後、近くのパーキングに戻ったら人用の出入り口が全部閉鎖されてて、遠くの車用出入り口まで歩いた時の寒かったこと(>_<) 
 
今年は西村さんのデビュー20周年という事で、1部はクロニクル的な進行だった。 
私は西村さんのCDは後半位からしか持ってないんだけど、初期のアルバムの方が自分の好みに合ってるような気がした。 
長く司会を務めてた番組がスクリーンに映し出されたが、20年前は触れたら壊れそうな雰囲気だった。当時メディアへの露出は苦手だったそうだが、人間何事も経験によって強くなっていくんだね。自分もあと15年くらいしたら発表会でもあがらず弾けるかも と希望が湧いた(*^^*) 
 
お客さんは相変わらず男性多し。今回は私と娘2人に義母も一緒だったのだが、同じ様に親子での来場も多かった。 
私たちの前の列に4、5歳くらいの女の子とお母さんが座っていたのだが、その子がずっとヒソヒソ声でお母さんにしゃべりかけていた。 
西村さんの音楽は、あまり音数は多い方ではない。右手高音部のみだとハンマーの音が聴こえるくらいの静寂。そんな中でそのあまり遠慮の無い子供のヒソヒソ声は結構目立つ。演奏の最中に席を立ったりとかもあり、隣の席の女性はチラチラ目をやって気にされていた様子。2時間強のコンサート、そりゃ演奏に没頭出来ないだろうなぁとその方に同情。子供だから仕方ないと言えばそれまでだけど、パブリックな場所ではルールに従うのは当然、それが出来なければ無理せず次回を待ってもいいだろうけど、事情もあるかもね。 
今週末に中村紘子さんのコンサートにも行くのだが、チケット取ってくれた友人はホール関係者から「違う所で拍手入れると怒られるのよ」と聞いてきたそうだ。恐らく楽章と楽章の間とかに入れるなって事なんだろうけど(例えばピアノの学習者じゃなくても知っている様な知名度高いピアニストのコンサートでは時々起る現象)、そう言えば演奏中に静かに出来ない子供をたしなめたりするって話は私も聞いたことが。でもそうしてコンサートホールは特別な場所って知るのもいいことだろう。まあ、コンクールの審査の最中に携帯鳴らされるよりはまだいいけど・・ 
スポンサーサイト
今日のレッスン
今回の練習は比較的楽だった。ハノンは長調のみだったし後は持ち越しのソナチネ、新しいインヴェンション。やっぱ自分にはこれくらいの量が妥当だな~ 
 
・ハノン Des dur 
1音ずつアクセントをずらしながらの練習。4つ目の音にアクセントを付けるのがやりにくかった。先生宅でスタッカート、ノンレガート、3連符などのリズム練習やって合格。次は b moll 2種。 
 
・ソナチネ 
前にも書いたけど、この曲は弾きやすかった。ロンドで繰り返し多くて譜読みが楽だったから、前回のレッスン後暗譜に向かった。なかなかテンポを上げられなかったけど、CDテンポを目指したら速攻で自爆したのでそこそこの速さで。アウフタクトの上、出だしの一拍目の左が休符なので拍感取りにくい。でも、何となく調子よく弾ける時もあって、好きな曲だし楽しい1ヶ月でした。 
レッスンでは最初速いテンポで弾いたら崩れてしまい、頭から順番に先生に修正入れてもらう。 
◎特に出来なかった所・・・・右手は下降のスケール、左は上昇の3度和音移動の所(なぜか1オクターブ低音の箇所のみ) 
これは自分でも「汚い」と実感してた部分でとても気になっていた。何度か両手で弾きなおしていたら先生が「右が下降、すなわち左に向かっているため、左手は右に向かって行かなきゃならないところを釣られてしまっているようですね。」と。私の左手は、右手と同じ事をしたがるらしい。出来なかった理由が分ったのは嬉しいが、かなり強く意識しないと難しいなぁ。 
それと、今回感じていた事は、毎日片手練習しているものの、バッハに比べると絶対的に練習量が少ない。そのせいか、左手の音を聴き忘れることが非常に多い。やっぱりこういう曲は、ついつい右のメロディーばかりに意識を置いてしまいがち。次からここも気を付けよう。 
あれやこれやの注意が沢山入り、また持ち越しか~ と思ってたらスルッと合格。あれー、今回まだ2回目のレッスンなんだけど。もしかして過去最短かも~ ってそれでも1ヶ月掛かってるけどさ(~_~;) 
 
次は10番の第一楽章を最後まで。先生、目次見ながら「結構進んできましたね~」とおっしゃる。ソナチネ全12曲の内半分終了。「でも、ここまで来るのに3年掛かってます。」と言ったら驚かれていた。 
そうなんです。最初の2年、ブルグの18やりながらってこともあったんだけど、ソナチネ、全然進みませんでした。1年で2番程度・・?もちろん全楽章やってたけど、1曲につき2ヶ月以上掛かってたよなぁ・・ 今みたいに1楽章全部見てくるってこともなかったし。 
てことは、後丸々半分残ってるってわけ。しかも難しい曲ばかり。こりゃ後2年は掛かりそうだな、やはり・・・ 
 
・インヴェンション 4番 
「すごいゆっくりです。」と前置き、弾き始める。はぁはぁ言いながらようやく頂上にたどり着いたって感じ。 
しかし先生は「でも両手で弾けたなんてすごいじゃないですか~」と言ってくださった(^_^;) 私のことだから、まだ片手ずつでないと無理かもと思ってらっしゃったようだ。4番、まだ簡単な方ってこともあるけど、ネットのピアノ弾きさんは1週間でバッハを両手で作ってらっしゃる。少しでも近付ける様、頑張らねば(^ー^* )♪ っても、ここからが長いんだ、私の場合・・・ 
私の春○社版の楽譜には、4番はどこにもスラーの指示が無い。CD聴いても割と切れ気味な演奏が多い。どう弾くべきか。。。まだ合わせるので精一杯でそこまで指が回らないが、先生は8部音符は一まとめにして弾きましょうと。私のは1小節どころか1音ずつバラバラでございました。あと、強弱も付ける。 
 
早速ソナチネ10番の譜読みしてみたけど、メロディー解かり難い所があり、CD聴こうという誘惑に負けそうになる。別にそんなストイックにならなくても既に子供がやって知ってる曲だから一緒のようなもんだけど、なるべく譜読みの段階はCD聴かず、譜面をしっかり見るようにはしてるんだけど、これが仕上がり遅い原因でもあるのかな~  
 
さて今夜は一人 ( ̄m ̄*)V お風呂入ったらゆっくりイビキなしで寝るぞー♪ 
ちょこっと模様替え
最近子供の楽譜がどんどん増殖し、小さな本棚だけでは間に合わなくなってきたので、もう一つ(これまた小さな)本棚を買ってついでにピアノの位置も変えてみた。今度からは私・長女・次女とそれぞれの棚にそれぞれの楽譜。私の楽譜が一番多い。買ったまま置いてあるだけで弾いた曲はダントツに少ないけど(笑) 
 
バラの楽譜を整理していたら、子供が年中さんの時の発表会の曲のとか、まだ私がレッスン受ける前に弾いていた超簡単な曲の楽譜なんかが沢山出てきて、「お~~、それぞれ進歩したもんだよ、みんなこんな曲でヒーコラ言ってたもんなぁ」と嬉しくなってきた。 
 
環境が新しくなってピアノの練習も気合が入るってもんですが、どう頑張っても自分のテンポの限界ってあるわね。。ソナチネ、とてもCD通りには弾けませんや。 
今日、2ヶ月ぶりに聴いたバッハの「ゴールドベルグ変奏曲」が、これまでとは違って聴こえた。何ていうか、これまでモヤがかかってたのが、今日はちょっとすっきりした感じ。自分もバッハやり始めたからだろうか。 
 
写真、猫も気合を入れて練習中。(ウソ。) 
 
DSCN0933.jpg
少しずつ
本当に少しずつかも知れないけど、甲状腺の状態は良くはなってきているらしい。 
今日は検査の日、今年からそれまでの2週間ごとから3週間ごとの検査になった。前回の検査から直後、体のだるさがひどくて2週間くらい毎日ゴロゴロ寝てばかりだったのが、今週からラクになってきた。担当医にそう言ったら、極端にホルモンが減少していた形跡はないとのこと。多分、甲状腺が炎症起こして以来運動らしい運動何もやってないから体力が落ちてて、ちょっと調子悪いとだるさも倍増って感じなのかな。 
この間の数値のUp度は正常値に届くまでの2割程度。普通になるのにはまだもう少し掛かるのかも知れないが、これからは少しずつ体力も付けていかないとね。久しぶりに泳ぎに行ってみようかなぁ。 
 
インヴェンションはおもしろい。なんだかパズルをやってるみたいな感じ。今日はようやく両手でつながってき始めた。 
 
ネットコンサート
土曜日から開催されているatsuさん主催のネットコンサートに初めて出演させていただいている。 
総勢20名位の方々の素敵な演奏を聴いていると、色々と考える事が沢山出てくる。 
「指が良く回るなぁ」とか「音色がきれいだな」、「きちんと構成されてるな」「こんな風に脱力してみたい」とか・・。 
多分出演者の中で一番初心者のワタシ、ギリギリ一杯の演奏なんだけど暖かい言葉をいただきとても励みになりました。 
スタッフの方のお話を聞くととてもご苦労があった様子、大変な思いをして我々出演者の為にご尽力くださった事に、深く感謝しております。 
緊張なく「コンサート」に出演出来る喜び、簡単に他の演奏と聴き比べる事が出来る便利さ、何より自分にとっては縁の薄い大人ばかりの演奏会・・ とてもいい経験をさせていただいた。 
機会があればまた是非参加させていただきたいと思います。皆さんどうもありがとう。 
 
今日はインヴェンションの片手練習に2時間近く費やした。ようやく両手でよたよた弾いてもそれぞれのメロディーが聴こえてくるようになった。やっぱこうなると両手でも弾きやすくなるね。スラスラいけるようになるまでまだまだ掛かりそうですが。 
しかしそれを邪魔する鼻水の嵐。去年の1割位とは言えやっぱり今年も戦わねばなるまい(ー_ー;) 鼻の下痛いぞー・・ 

インヴェンション 4番
この曲、すごく好き。インヴェンションの中で一番好きかも。 
後半の右手スケールがリッチー(ブラックモア)・スケールと似てて(リッチーがパクったんだろうけど(~_~;)、ピアノ弾いてて思わずテンション上がって来ます。 
しかし、右はともかく、左弾きにくい。この段階で無謀だとは分ってても一度合わせてみたら全然ダメ。激ダメ。右手はおろか、両方の音が聴こえない恐ろしい現象が。 
好きなだけではうまくはいかない。。 
 
ソナチネはちょっと軽く弾けてる気がする。 
最近甲状腺の減少のせいか、ちょっとの動きで非常に疲れるんだけど、これ片手練習の時に顕著。力入れてるつもりじゃなくても、手がだるーくなってくる。少しでも力入ってるってことなのね。分りやすい目安になっていいわ~ 
 
どの曲でもそうだけど、半音の繋がりが弾けない。3・4・5の指が分離してくれない。 
以前ネットのピアノ弾きさんに教わった(?)隣の音2つだけ取り出し練習やら、ノンレガート他リズム練習してるけど、相変わらずそこだけ音がすべる。次のレッスンまでの後1週間で何とかなるのか? 
インヴェンション1番Up
自分的にはものすごく苦労して、ようやくHPにインヴェンション第1番をUp。はーーーーーっ疲れた。。 
 
コレ、録音にマジ100回近く掛かりました、その内ノーミスは最後の一回。もちろんUpしたヤツ。ほんっといい加減自分が情けなくなりましたね。 
 
音源のUpの仕方忘れちゃってるし、サイトの更新してる時にぼんやりしててサイト丸ごと削除しちゃったし、HP作って1年経ったのに未だにサクサク出来やしない。 
 
今日は「とりあえず音源のページ作りました」って感じなので、その内もう少し整理したいと思います。 
笑えたメール
今日お昼ごはん食べてたら実家の父から携帯にメールが。 
こないだ夫と子供達が実家と食事に行った時、ついでにちょっと早いけど父にバレンタインのチョコを渡しといてもらったのでそのお礼のメールだったんだけど、「お礼といってはなんやが○○(産地名)のイチゴ、おかん(母の事)が食べてなかったら持ってってくれ♥」と。 
・・母が食べちゃってたらナシってことですね・・(~_~;) しかも最後のハートマークは一体・・ バレンタインだからか?どうでもいいけど、ちょっと父かわいい・・(^_^;) と思っていたら、すぐに「まちがい あの♥まーく(←ひらがな)」とメールが。ひー、おかしーーー。。。 
父のメールは絵文字がふんだん。句読点がいつも変。自分のことは「わし」と書いてくるし。内容はフツーの事が書かれているのに、いつも笑いを取っている事は本人は全く知らない。  
 
今日ようやくインヴェンション第1番の録音が出来た~ 
ここんとこ録音に時間取られてて初見の練習が出来なかったけど、今日からまた復活。相変わらずモタモタしてます。 
 
高級ピアノ
今日は機会があってYA○HAの400万超えのピアノを試弾できた。 
ウチのグランドより二回り大きいサイズのSシリーズ。はーやっぱすごいですよー。音はまろやか、どこを取っても気に障る音が無く、タッチは軽く、レスポンスがすごくいい!!ペダルもウチのより断然踏みやすい。う~、持って帰りたかったぞ。。 
 
何年か前に中古のスタインウェイを弾かせてもらう機会もあったのだが、さすがスタ様、音がサラッとし過ぎず、かと言って粘っこくもなく、「う~ん、ディーープ~~~」と思ったものだ。 
やはり高価なピアノはそれなりの音やタッチを見せてくれるが、「じゃあ♪」と言って簡単にゲット出来る代物では、ない。まったくない。 
でもまぁ、はー、素敵だわ~ とウットリ思いながらたま~にこんな機会に恵まれる事を喜ぶだけで満足なんだけどね。 
今日のレッスン
今回ブルグの録音の為ハノンの練習が手薄になってたので間際になって大慌てで地味に片手ずつ練習。何だかテスト前の一夜漬け思い出した。 
 
・ハノン f moll 1、2 
前回に続き2回目のf moll。リズムも1つ増えて計3種。 
えっと、14のリズムはひさびさだったんだけど、これって結構効果あるかも。特に左手に。 
珍しく弾き直しなしで合格、この調は比較的弾きやすかった。「黒鍵多いほど弾きやすいですからね」と先生。 
次回はDes dur をアクセント位置変化させて。 
 
・インヴェンション 第1番 
今回は合格を目指していたし、ミスはちょくちょくあるものの暗譜も出来た(恐らく・・)。レッスン前の自宅での練習でもまあまあ。思わず「今回は自信あります」なんて言いそうになったが押さえる。言わなくてよかった。。弾き始めたら思わぬ箇所でのミス多発。きゃ~(;@_@) こんなハズでは・・ 緊張してるのか?! 
弾き終わってガックリしてたら「きすけさん これは家では弾けてたんですよね。前回とは違うの分ります。」と先生がおっしゃる。はい~~、その通りです~(ToT) 
昨夜は練習してる所へおやすみを言いに来た長女が、「う~ん、私は譜読みママよりかなり早く出来るけど(オイ)何か違うよ。ママはやっぱりバッハが好きなんだね。」と言った。別に上手く弾けてたわけじゃない。出来の良し悪しは置いといて、弾いてて気持ちがいいってのが伝わったのか。 
1番、それから先生が気になった所を片手ずつ確認、先「あ、出来てますね、いいです」 き「はぁ~~~~~(終わった~)」 先「いえ、まだです。もう一度最初から弾いてください」 き「ひ~~~~。。。(ToT)」 
『ガタガタになったらまた持ち越しか~?!頼むよ~』と祈りつつ弾き終わったら「いいでしょう、前回と全然違いますね。声部の違いが出てます。」と、○を下さった。 
うっひゃ~ 2ヶ月かかってやっと合格しましたよーーーヽ(^◇^*)/♪ 超亀進度だけど、嬉しい~~ 
 
やっぱ暗譜してからは随分弾きやすかった。「これからも出来るだけ暗譜するようにします、でないと私やっぱり弾けません」と先生に言った。でもそこまで行くのにはやはり2ヶ月、いやもっと掛かるだろうなぁ・・ 1年に5、6曲、ヘタすりゃ4曲程度かぁ・・ でもまあいいか。少しずつ2声に慣れていけますように。 
次は4番。一番好きなやつだ・・・。 
 
・ソナチネ6番 第2楽章 
前回合格した1楽章に比べてなんて弾きやすいの~ ロンド形式だから繰り返し多くてラクってのもあるけど、1楽章のような小憎たらしいスケールがここにはない。 
2回続けて初回レッスンでヨタヨタながらも通しで見てきた事に先生驚いてるらしい・・( ̄▽ ̄) すいません、今まで勝手に半分までとかで終わってて。ようやく3Pくらいなら通して譜面見れるようになりました。 
ちゅーか、どうなんだろう。今まで出来ないと思い込んでやらなかったのか。うーんやっぱ出来なかったんだろうな、譜読み遅いし。最近は例えば展開部まで と区切ってやると、そこから後の練習がいつまで経っても始まらない事に気付きましたので・・(~_~;) 
この曲ではフレーズのまとまり感を注意された。ヘンなところで区切らない。アクセントの前で、指は動いてるけど気持ちは止まってしまってる所があるので、繋げる様意識すること。後左の3和音、5の指の音がいい加減になってることが多いのでここも注意。短調から長調に変わる所は音色も明るく変化させる。次回までにもう少しテンポアップ。  
 
家へ帰って早速インヴェンション4番弾いてみる。左手の音が全然掴めない。 
 
1番録音が全然出来ない。ブルグよりもうんと短い曲なのに、何てことなのーーー! 
ディーヴァー再び
ここんとこ読んでたジェフリー・ディーヴァーの「死の教訓」やっと読了。サラ・ウォーターズ以来長編は久々だったなぁ。 
何年か前の「このミス」で1位だったかの上位にランキングされてたディーヴァーは、そのテンポ感と内容のおもしろさに一時期すごくはまってたけど、当時読んでたシリーズもの最新作の結末がちょっとお粗末でガッカリして以来遠ざかっていた(新刊は高いって理由もあり。)けど、久々に読んでやっぱおもしろい。次は買ったまま積んであった文庫を読もう。と思ったらありまへんがな(*o*) そういや妹に貸したままだった。。 
 
本流れでついでに。 
今日子供の習い事の待ち時間に久々に本屋へ「BURRN!」を立ち読みしに行ったらなんと巻頭特集がリッチー(ブラックモア)じゃないですか!アラ新譜出てたのね。来日してくれないかな~ 一昨年来た時は台風のせいで電車も止まり、泣く泣く行くの諦めたんだよね。 
んで。楽しみにしてた先月のDream Theaterの記事載ってないじゃん。どれどれと巻末見たら来月号、しかもなーんと!KISSも?!えっ?!何で?!今月あるエキスポ絡み??なんだか分らんが、とにかくわーい!!♪ 
 
明日はレッスン。まだまだミスするものの、弾き始めた片手練習の時以来久々に「やっぱバッハって気持ちいい~~~」と思った。ほんとなんでこんなに気持ちいいんだろう? 
気になる爪
私の周りでたまたま見掛けるだけなのかも知れないが、最近爪の長い男性をちょくちょく見掛ける。 
一番最初は近所のスーパーのレジ係り。若い男の子、時期は違うがそこでは二人見た。 
その時は気になりつつも「不精して切ってないのかな~ 」で済んだんだけど。 
 
甲状腺炎になって処方された薬を取りに薬局へ行くと、そこの薬剤師の兄さんも爪が長い。 
初めてお世話になってからもう2ヶ月経つけど、いつ見ても長い。私が行く時だけたまたまって事ではなかろうと思う。 
「こちらでよろしかったでしょうか(いつも、つい『よろしかったです』と返事したくなる)」とにこやかに語りかけられる間、どうしてもその薬を持った指先に目が行く。 
 
私自身はピアノを弾くし、爪の形も悪いので結婚以来伸ばしたことは一度もないけど、女性の手入れされたきれいな指先はきれいで素敵だと思う。形悪いなりに独身時代は爪も伸ばしマニキュアも塗っていたし。 
 
だけど、男性の爪の長いのは、個人的にはな~んかちょっとイヤ。 
きっと清潔にはしてあるとは思うけど(思いたいぞ)、女性とは違って何となく不潔っぽい気がして仕方がない。「アンタ彼女いないの(-_-)」と余計なお世話な事まで考えたり。 
 
今日近所のドラッグストアに行ったら、そこの男性店員さん(白衣着てる)も爪が長かった。一体これはどういうこと?私が知らないだけで、最近の流行ですか??もしそうならそんな流行嫌だなぁ(;-_-;) 
録音終了
あるピアノサイトさんのネット・コンサートに出演させていただくことになって、ここ数日録音の日々だった。しかしいつもの練習と平行しての録音は成功する事が全く無く、これ1曲にかれこれ6、70回やり直ししたんじゃないだろうか( ̄▽ ̄) 皆さんサクサク録音しちゃうのかなー こんなに時間掛かるの私くらいだろうな・・ 
今日は午後からと夜と、ハノンや他の曲はやらず録音のみ。家族が「西遊記」観てる中私一人もんもんと録音しておりました。は~~~、きっつぅ。。もう、これが精一杯・・・ 
 
最後の方はもう開き直りみたいに弾いたんだけど、録音ボタン押しただけで、もう頭が普通じゃなくなる。弱っちい精神力・・(_ _;)  しかしコレは集中力鍛えるのに中々よさげ。これからも普段の練習曲も録音していきます。 
 
2月18日(土)~3月5日(日)の間、atsuさんのサイトにてhttp://homepage2.nifty.com/siawase8/私の拙い演奏もUpしていただきます。 
 
今日は激寒。そして先週学級閉鎖になった次女のクラスは再び閉鎖。 
次女、もう気分は春休み。私は友人とのランチを3度キャンセルさせていただきました(*_*)  
寒い節分
節分は大抵毎年巻き寿司を食べる。吉方に向かってかぶりつく事はしませんが。 
 
今日はお昼からどんどん寒くなってきて、冷たいお寿司もなんだからレンジで暖めて食べた。お吸い物やお茶を飲んでも一向に身体が温まらない。さ、寒いよーーー 
ちなみにちゃんと暖房入れてます。 
 
今日は検査の日。前回の検査で血液中の甲状腺ホルモン値も正常になってきたので予測はしていたけど、今度はこれまで炎症でホルモンが漏れ出した分、不足しているらしい。今日の検査では正常の8割弱。もっと少ないと薬で補充しないといけないのだけど、私の程度ではヘタに補充すると身体が「あ これでいいんスか」と働かなくなるそうだ。すぐに怠けるのはどこも同じねー。 
最近どうも動くのが億劫だったりするのもこのせいなのだそうだ。寒いからかと思っていたんだけど、いやー、いい言い訳出来ちゃったよ(笑) 
で、この後しばらくするとちゃんと甲状腺も元通り復活して、完治ということになるそうだ。ターニング・ポイントは過ぎ、ステロイドとも今日でお別れ、後はのんびり待つだけ。あ、次は花粉との戦いですか・・(-_-;) 
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.