FC2ブログ
新年のジンクス
そうなのか違うのか、ほんとの所よく分らないけど、ウチでは毎年正月に何事かちょっと不具合な事が起こる。そしてそれが起こった年は特に困ったこともなく1年無事過ごせる と言う、妙なジンクスを作ってしまった。 
 
初めて起こったのが9年前、新年の初詣に夜中に義父と出掛けた夫が靭帯切って帰って来た。その後毎年、小さな事ではあるが普段レベルでは「え~、ちょっと勘弁」的な事が必ず起こる。 
それはもう、まさしく降ってわいた様なプチ災難で、例えば新年早々のトイレの逆流だったり、娘のオネショだったり、ある年は抱っこしていた娘が持っていたお年玉袋の角が目に刺さった事も。病院行って麻酔してもらうまでの苦しみったら出産以来・・ あとちょい出の駐車で隣の車にドアをぶつけたりとか夫婦喧嘩したりとか・・ 
しかもコレなぜか私の肩に掛かるようなことばかり。もちろん靭帯切ったのは夫だけど、その翌月は新居に引越しの年だった。夫はギプスで動けず。娘のオネショもその日に限って私の布団(~_~;) 一体どう言う訳で・・? 
 
そんな「よりによって元旦じゃなくてもいいだろう」と言いたくなるような出来事が、ウチではお約束のように起こる。そしてこれが↑に書いた様に、厄払い的な意味を持つ?と思ったのは、特に何も起こらなかった3年前、月を追う毎に色々とちょっとずつキツい事になって行き、最終的に精神ヨレヨレ。果ては発表会までボロボロ。この年、「やっぱ新年のアレが無いとイカンのか?!」と確信のようなものを持った。 
 
今年はどうかと言うと、前日まで調子良かったのに、大晦日の晩からどうも思わしくなかった甲状腺の調子が昨日ピークになり、1ヶ月振りに熱出して寝込みました。しっかり来たわ~。 
今度は前とは反対側が腫れ、ほんとに律儀に先生の言う様に病症進むなぁと感心するほど。あちこち痛み、医者に診てもらってホッとする夢まで見るくらい。 
まぁ前回と違って薬も合ってるし、熱も一気に出てすぐに治まったので、夜は「ルパン3世」のDVDなんぞ観ておりましたが。これで大体のサイクルも分ったし、丁度いいや。あ、あと、お風呂のシャワーヘッドがネジの部分から折れてしまいました。直るまでホースからぶっ掛けかい・・ 
 
こんな訳で、今年はきっと大難無く過ごせる予定。でもこれって考えてみたら、私個人の厄払いじゃないか・・? 
まあいいか。嫁が元気に過ごすのが家内安全の第一歩だもんね。 
スポンサーサイト



Copyright © 2020 ・・K-日記・・. all rights reserved.