バロック曲
バロックは、子供が始めるまで楽譜見たことありませんでした。バッハこんなに好きなのにね(^_^;) 
まずは当然プレ・インヴェンションからだったけど、私自身それまでポリフォニーの曲はごく簡単なフーガしか弾いたことなかったから、プレですら難解な曲に思えました。今でもだけど(;-_-;) 
 
子供が4年前から受けてるコンクールは、バロック期から近現代までの4期を弾き分けるため、全部のジャンルが課題曲になっているのだけど、その際毎年悩むのがバロック。 
講評用紙にバロックについて書かれる内容は、審査員全員一貫性が無い。 
ある先生は「バロックなのだからそんなに歌ってはだめ」 また別の先生は「もっと歌いましょう」 
他には「この時代にはチェンバロによって演奏されていたのだから」はたまた「現代のピアノで弾くのだからその様な演奏を」 ・・・どないせいっちゅーねん(-_-#) 
他の、古典・ロマン派・近現代、どのジャンルを見てもここまで評価の分かれるものは無い。 
まあいずれにしてもキチンと美しく弾けてたらどこからも文句の出ようもないのでしょうが(~_~;)、この事によって、随分考え込んだものでした。 
 
ピアノという楽器が確立されてなかった時代の曲、その時のリズムを考慮して、決してロマン派の様にルバートしたりしない。それぞれの旋律をよく弾き分けて、2本の旋律の時ですら立体感を持たせる。 
ここら辺はきちんと押さえるとして、自分としてはどちらかと言うと「チェンバロ云々」と言うよりは「現代のピアノで弾くバロック曲」というスタンスで向かい合いたいと思う。 
コンクールの審査員の中で、あれだけ意見が分かれるのも、各先生が持っているバロックに対するスタイルが、他の時代の曲ほどはきちんと統一されてないんじゃないだろうか。 
 
好きだから詳しく知りたい。自分の中できちんと確立させたい(イメージだけでも)と思う。何曲かやってる内に見えてくるものなのかも知れないが、何だか今は暗中模索って状態で、作りたい形が全然見えてすらこない。それが何となく不安。ソナチネなんかじゃ思ったことなかったけど、バッハは、「まぁやってるうちに、そのうちネ(* ̄∇ ̄*)」と、軽く思えない。 
色々知識を得たらどうにかなる と言うより、多分私は「これ!」という弾き方を知ったらそれを模倣しながら進んでいくタイプだと思うんだけど、これが中々なぁ。。。 
 
そのうちインヴェンション1番録音するので、出来れば色々とアドバイスいただけると嬉しいです。 
 
スポンサーサイト
庭スッキリ
昨日うちの方は本当に暖かかった。 
ずっと気になってた庭の乱れ、「今日は思い切ってやってしまおう」と、ジャケット・帽子・軍手のフル装備で庭に出てまずはメキシカン・セージの枯れ枝の撤去からやってたらすぐに暑くなってきた。風もなく穏やかな暖かさに幸せを感じる。うぉぉ~~今日は私張り切っちゃいますよー と、子供も手伝わせ3時間半ほど庭の汚れを片付けていたら、今日は体中筋肉痛。う~ん甲状腺患ってから運動全くしてなかったもんねー。 
なので夜は銭湯行ってジャグジーで腕、手、背中、腰をマッサージしました。それまで痛かった所がウソのようにラク。あ~これ効くわ~~~。家にも欲しい~~ 
しかしいくら時間掛けたとは言え、枯れ枝や枯れ草の処分だけで筋肉痛になるってねぇ。。  
 
甲状腺の方は最近どうも治ってきた気がする。2ヶ月間続いてた痛みが最近全く無い。今週また検査があるのだが、もうステロイドともサヨナラしてもいいんじゃないかなー。そしたらまたウォーキング復活させようか・・とにかく運動しなきゃ。ちょっとの動作でピアノ弾く事も出来なくなるんじゃあ問題だ。 
 
ピアノは、インヴェンションに悩み中・・ 
バロックに対する明確なガイドラインみたいなものが欲しい。 
練習に満足
いや内容にってワケじゃありませんが。 
今日は久しぶりに充分な練習時間が取れたので、出来るだけ細かい練習をした。今日はスピード上げないぞー。 
 
ソナチネ6番第2楽章は、今この譜読み段階でもなんだかとても楽しい。これは出来れば次のレッスンまでにそこそこ上げていきたい。 
 
昨日も先生に話してたんだけど、インヴェンションは一旦暗譜しちゃうと、もうそれからは楽譜見ても全然分らなくなってしまう私なので、なるべく視奏でと思って暗譜しなかったんだけど、どうしても指が飛ぶ箇所とかでミスが多発。昨日は上記の理由で暗譜しません と言ったものの、やっぱり暗譜でいこう。 
 
トルコは、雑だなー!!録音してみたらテンポが右手に引っ張られてウロウロするし。安定感全くなし。 
 
今日はコタツの中の猫に構って遊んでいたら、いつの間にか潜り込んだまま猫と一緒に自分も寝てた(爆) 
ウチのホットカーペットのカバーはふわふわ。コタツ布団もボア地でふわふわ。猫ももちろん。今日は風が強くてメチャメチャ寒かったけど幸せー。 
今日のレッスン
今日は寒いし、レッスン前に40分位は練習して指を暖めていくぞ( ̄ー ̄)と思ってたのに、知人に電話したらギリギリまでしゃべってしまっていた。あわわわ。。。 
 
さーてと。 
・ハノン f moll 
スタッカート系のリズム2種での練習だったのだが19番のリズムが上手くいかず。 
「ゆっくり弾いてみましょう」と言われ思いっきりテンポ落とすとア~ラ不思議、益々弾けなくなってしまう( ̄▽ ̄) 
確実に鍵盤をタッチすること。 
別のリズムも新たに加わり、3種+レガートでもう一度。 
 
・インヴェンション 1番 
「先生、この曲やればやるほどどんどんダメになっていきます!」「そんなはずはありません。」 
冷静に対応してくださる先生。悪い原因は必ずあるんだよ・・ 
今日もいっぱい指摘入りました。 
先日アーティキュレーションを気を付けようと思い、スラーとスラーの間を切りすぎないよう心掛けていたら、「きすけさん、ここは繋げないで一応楽譜通り切りましょう。」と指摘が。「あ、やっぱりですか。いや~録音してみたらスラー最後の音がスタッカート気味だったので直そうと思って気を付けてたらこんなんなっちゃいました。」と言い訳。出来る箇所と出来ない箇所があるのは聴いてないから。 
そして、左右それぞれのモチーフが歌えていない。やっぱりどうしても右手ばかりが目立ってしまって、それぞれの声部の脹らみ所が全然感じられない。「頭をうんと働かせましょう。」はぁ。。脳ミソ~、フル回転してくれよぅ・・・ 身体の各パーツの伝達能力がものすごく悪いです。 
他にも16分で続くメロディー、デコボコしない。先生の前で何度弾いても1音飛び出す。簡単な事が中々直らない。 
「まぁね、まだ始められたばかりですから。何曲かしてるうちにバッハに慣れてきますよ。」と優しい先生。好きな曲と弾ける曲は違うよな~ とまた思う。 
これももう一度。 
 
・ソナチネ6番 第一楽章 
では と通して暗譜で弾く。あー、この曲だけでも少しでも家でやっとけばよかった。  
前にも書いたが、とにかく自分にとっては拍の取り難い曲。厄介なスケールのある時は、拍をきちんと感じながら弾くと割とすんなり弾ける。大抵メトロと合わせて何度か弾いてると、自然とある程度拍感を掴めるもんだけど、この曲はそれが6割ほどしか出来なかった。 
しかし弾き終わったら意外にも「前回より随分よくなりましたね。これはいいでしょう。」とアッサリ合格。エッ?!スケールも右4指自分でも激しく分るくらいヨレヨレだったよ?!粒全然揃ってないし。 
でもまぁ敢えて突っ込まず「ありがとうございまーす」とさっさと目線を次に移す。 
次は第2楽章。こっちの方がやりやすそうだ。 
実際夜練習してみたら、楽しくなるほど1楽章より簡単。 
 
・トルコふうロンド 
これは前回指示入れてもらったペダルが上手く入らない所を見てもらう。ペダルに頼らず音を繋げる努力を。 
長調部分は少しだけテンポを落として優しさを出してメリハリを付ける。 
 
さて、やっと新曲。約2ヶ月振りだよ。 
1曲に掛かる時間をもう少し短くしたいなぁ・・・。 
トルコが終わったら当分他には入れないで集中的に2曲を練習していくようにしよう。初見練習もしなきゃならないし。 
お雛様
毎週子供の英語のレッスンの待ち時間は近くの図書館で時間を潰している。大抵自分では買わないお高めの写真も美しく格調高そうなご婦人向け雑誌を読んでいる。 
今日も今月号を読もうといつもの本棚に向かったら、入り口付近の棚にお雛様特集として関連本が色々並べてあった。 
そこに大名家のお雛様の本があったので、今日はその本を持って椅子に座る。本の中には主に江戸時代の、姫君が輿入れ時に持参したそれはそれは立派なお雛様達が何種類も並んでいた。 
 
お雛様には小さい時から結構思い入れがある。 
子供の頃、女の子が3人もいたにも関わらず、うちにはお雛様がなかった。友達の段飾りがすごくうらやましかったし、小学生の時に読んだ本に載ってた桐の箱に収納できるお雛様にもすごく憧れた。 
 
祖父母の家に、雛祭りの時期になると祖母が嫁入りの際持ってきたお雛様が飾られる。 
段も調度も官女も無い、カップルのみのお雛様だが、少しほつれた髪や古びた感じのする衣装に色んな思いを見るようで、大人になってもその時期になるとわざわざ車で1時間半掛けて見に出かけた。人形全般、特に好きではないのだけど、お雛様だけは特別。じっと見てると何かしゃべってくれそうでワクワクする。 
 
娘が産まれウチにもついにお雛様がやってきたのだが、猫を飼い出した3年前からお雛様を飾っていない。お雛様に傷を付けられる心配があるからだが、今年は思い切って出してみようと今日本を読みながら思った。 
 
今日はKISS友が遊びに来てくれて、久々に熱く話しました、色々と。 
明日はレッスン。昨日からインヴェンションの録音を試みているのだけど、もう50回位失敗している(ー_ー#) やればやるほどダメ。もう、キーーーーーッッッ!!! 
久々のHeavy級
元々聴く物読む物は重い目・長い目が好きな私だが、去年の暮れに読んだ「江戸の老人力」に収録されていた山本周五郎がえらく気に入り、そのゆっくり流れるような文体に癒される気がして2冊程読んだ。しかし時代物は池波正太郎の「鬼平犯科帳」での口語慣れがあり、何となく雰囲気的に物足らなくなる。 
 
なので今日は本棚探してまだ読んでないジェフリー・ディーバーのミステリーを出してきた。 
一時期この作者の本にすごくはまり、何冊か立て続けに読んだが、結構痛い。ノン・ストップの面白さはあるのだけど、状況とかが痛いです。日本で出版される海外(主に米国)物はミステリーが多いと思うけど、ミステリーと言えば殺人、そりゃ仕方ないとは思うけど、最近何だかこの手の読み物がキツくなってきた。てことでちょっとマイルド系を探して読んだりもしたが、10年前までモダン・ホラーとかばっか読んでたのに(スプラッターはダメ)、どういう変化なんだろうか。まぁ読み物の幅が広がっていいんだけどさ。 
まだ読み始めたばかりだが、ディーバー、今回は主人公に面白みがあまり感じられない。ちょっと残念。 
 
今日はソナチネちょっとだけ良くなった気がする。 
バッハはまだミス多し。 
 
義母が買ってくれたルームシューズ。羊さんの毛で、すんごーくあったかいじょー(*^^*) 中にいるのはミーナのネズミ。 
 
2006-01-24_23-17.jpg
風邪の季節
巷でインフルエンザや色んなタイプの風邪が流行っておりますが、ウチでも先週末からまず長女、続いて今日から次女が発熱。 
学校の出停の事もあり、先日長女を病院へ連れて行ったら、高熱出たにも関わらずインフルエンザでもなく、胃腸風邪でもない、「普通の風邪です」と。 
薬飲んでおとなしくしてたら良くなってきたからいいけど、これっていつも家族中を駆け巡るんだよね。義母に行っちゃうと長引いて大変だから気を付けなきゃ。 
 
長女は今日学校へ行ったのだが、お昼過ぎに帰宅し、「何で?!」と尋ねたら学級閉鎖になったらしい。クラスでも欠席してる子の席はまばらではなく、隣同士だとか前後だとか、近所同士で感染したのか固まりになって空席になっているらしい。毎年思うことだが、こんな時期に入試って、ほんと大変だ。 
 
今日の次女は、長女の時ほど熱も高くなかったのだが、長女の時に居間に(うっとおしいけど)布団を敷いて寝かせていたら「いいなー」と言ってたので、ちょっと元気目の彼女にも同じようにした。 
前夜雪の降った寒い午後、気が付けば、コタツに入って宿題してた長女・同じくコタツで「鬼平犯科帳」読んでた私、そしていつの間にか猫のミーナまで一緒になって次女の布団に群がって熟睡していた(^_^;) 
 
ここ近年毎年恒例になってる伊勢参りに行った実家の父が、お香好きの私に今年もお香を買ってきてくれた。その年々のお香にお題が付いていて、今年のは「笑み」。 
大事なことですね。心掛けよう。 
 
今日はインヴェンションのスラーの切り具合を直した。録音してみたらちょっと元気よく切りすぎててスタッカート気味になっていた。でもなかなか直らなーい 

2006-01-23_22-46.jpg
更新
今日は宮谷理香さんというピアニストのコンサートに行って来た。感想はPiano→ConcertのページにUpしました。ついでに先日のDream Theater第2弾も追加しました。 
 
最近また右手首の調子が悪い。「トルコふうロンド」の右オクターブのせいに違いない。結構オクターブ弾いても脱力出来てきた気がしてたのになぁ・・ 痛むって事はまだまだなのね・・ 
今日コンサートで聴いた曲も右オクターブは当然出てきて、あんなに速くきれいにどうやって弾いているんだろうと不思議。プロってすごい。 
 
先日母から借りたファーのバッグを物色中のミーナ。どうもコートの襟なんかに付いてるファーが気になるようで、よく舐めている。 

DSCN0795.jpg
最悪だ
今日子供の習い事に付き添って同室させてもらっていたのだが・・・ 
レッスン終了後車に乗り、何気に視線を落とすと、パンツのファスナーが開いているではないか(倒) 
うそうそうそーん( ̄□ ̄|||!! 今日は先生との初顔合わせだったので立ってご挨拶もしたし、その前には楽器屋よってお店の人と雑談して来たし・・・(;´Д`) なんて間抜けなんだ、画としてこれほど間抜けな事ってないぞ、ああもう最悪 
 
はーーーーーー 
 
っと話題を変えて(;_ _) 
 
先日購入したグレード用の初見問題集、買ったはいいが、初っ端から挫折。実は7級受けるつもりで所見問題集もそれ用のにしたんだけど、お店で見た時は「なんだー これくらいならもしかして楽勝?( ̄m ̄*)」と恐れ多い事考えちゃって、いざ家で弾いてみたらぜんっぜん弾けないの。ゆ~~~っくり棒弾きならいざ知らず、ちゃんとテンポ指示もあるし、「ダメだこりゃ」と思って問題集のグレードを下げることにしました。8級と、それから9級用も買ったぞ。これで一から練習しなおしだ! 
 
画像は最初に買った7級用。はー、私はこの程度も出来んのだね・・ とガックリきてたら、長女が「あれ私もやってみたけど結構ムズいじゃん」と言ったのでちょっと安心。。 って、安心してたらイカーン 

DSCN0790.jpg
ライブぼけ
久々にライブ呆けしてます。 ’04 KISS以来だなぁ。 
一応日常の雑用はちゃんとやるものの、頭の中はまるでカレの事を考える女の子(*/∇\*)みたいにライブの事ばっか再現してる。 
Rockなページの更新分も長くなること長くなること・・どうしたもんだか・・ 
でも、こういう感覚って楽しいなぁ。ばーさんになってもこんなことしてたいな。さすがにKISSやDTは無理でしょうが・・(^_^;) 
 
今日はOL時代の同僚と10年振りに会ってきた。 
お互い三重在住ではあるものの、北部と南部なので中間地点で集合し、お昼を食べながら約3時間。当時からおしゃれだった彼女は、今もちっとも変わっていない。よく家にお邪魔して手料理をご馳走してもらったもんです。楽しい時間をありがとう。 
 
今日はなんだか練習する気がないなー。 
風呂入って早く寝よう。 
写真は今日のランチ帰りに娘達に買ったおみやげ。ラベンダーの香りのする羊さんの枕、実は自分の分も欲しかった((;^_^A 
 
DSCN0788.jpg
Dream Theater 再び
昨日急に決めて、今日は昼から大阪へDream Theaterのライブを再び観に出掛けた。 
ホントは今日は昼から子供のレッスンで名古屋まで行かなきゃならない日。けど、今日のライブ行かなきゃ一生後悔しそうだったので、義母に無理を言い代りに名古屋へ行ってもらい、自分は大阪へ。 
もうもう、、本当に行って良かった(ToT)子供の時からの夢が叶ったよ… 
 
昨日は狙ってた良席をオークションで落とし損ない、チケの確保や出発の時間に悩んだりライブの内容が気になって、とてもピアノが手に付かず。腰も落ち着かず、結局練習せずDTのDVD観てました(-_-;) 
 
とにかく。 
良かった。いいもの見れて、ほんとに良かった。 
なんか活力が沸いてくるぞ。詳細は後日また張り切ってROCKなページにUpします♪ 
 
ただ・・さすがに3時間立ちっぱーのライブ、しかも今日のホールは前の座席の背もたれもつかめない。。ただ今非常に腰が痛い・・・ 
 
今日のレッスン
今年初めてのレッスン。 
昨日日記にも書いたように「時間も心配なのでハノンは後回しに・・」なんてお願いはやっぱりとても出来なかった(~_~;) いつも通りハノンから 
 
・ハノン As dur 
前回レッスンから随分間があったのに、レガートのみでの練習。多分先生リズムでの練習を言い忘れたんだけど、自分としては出来ればハノンすらせず3曲やりたかったのでありがたかった。 
とりあえずこの調合格だけど、次のf mollと共に引き続き練習すること。うぇー 今回ハノンが大変だ( ̄д ̄;) 
 
・ソナチネ6番 Op.55-3 一楽章 
弾き始めて1ヶ月経つのに未だにつっかえつっかえしか弾けない。アウフタクトの部分が1拍半ってのもメトロノームに合わせ難く、自分のリズム感の無さを更に実感。 
とにかくスケールが難しい。ソナチネの曲はどれもこれもスケールだらけではあるけど、ジグザグのスケールがこれだけ頻繁に出てくると、Allegroでなんてとても弾けない。いけないのは分ってたんだけど、フレーズが繋がらないから と思ってついついゆっくりの練習を怠けて、速く&通しでの練習ばかりしてたので余計上達しない。いつまで経っても進歩しないのでイライラしながらもメトロノームでテンポ下げて練習したら、やーーっと少し繋がるようになった。ああ、急がば回れ、やはり何を置いても地味な練習をしないといけませんね・・・・ これがレッスンの二日前(x_x;) 
「弾けてるんですがつっかえるのが多いですね」と先生。それとスケールの指替えの時、特に上行時の1の指で手首が下がってしまってその音にアクセントが付く。この悪癖が全編にわたり出没。これまでも指摘されてる事なので気を付けてるつもりだったんだけど、実際はダメダメ。あう~~~ 
あと、強弱を付けてのまとめは、やはり楽譜をもっときちんと読むこと。このフレーズの頭の音より次のフレーズの頭の音は高くなってるからこうする とか、音のベクトルをどこに持ってくる とか、もっとよく考えましょう、と。譜面の強弱記号とフレーズの雰囲気とで大雑把に「こんな感じかな~」でいつもすごしてたけど、自分で強弱書き込むくらいの勢いでやらなきゃダメかな、やっぱ。 
先生の「もっと楽譜を読んでください」の言葉に、「私に理解出来ますかね~・・・」(←ものすごく消極的)と返事したら「出来ますよ!」と、先生、一体何を根拠に・・・ でも、やってみます。和声の本読んでも分析なんて難しくて棚上げしてたけど、自分にも出来る所から始めよう。今年は上がった曲は録音していきたいし、次回のレッスンまでに何とか仕上げたい。 
 
・インヴェンション 1番 
これも両手で弾けるようになった喜びで、いつの間にか片手練習に時間を掛けなくなってました。と先生に自己申告。「それでも前回より弾けるようになりましたね~」とは言ってくださりつつも、ここでもやはりダメ部分は指替え、1の指。バッハ弾く事を嬉しがってるばかりじゃダメだ。これももっと細分化して練習。 
 
・トルコふうロンド 
3曲の中で一番簡単だったこの曲は、他より時間掛けなくてもなんとかなりそうな希望が持てる。もちろんまだまだ仕上がりには程遠いけど。 
あちこちにペダルの指示をいただき、更に弾き込み。 
 
ソナチネは以前に比べてちょっとだけ弾けるようになってきたので、この6番も「まとめたるっ!」と、結構やる気だけはある。 
今日の発売日を待って病院の帰りに買ったのだめを読み、千秋の不屈の精神に感動。どんな時もあんな風に前向きでいたいもんです。  
更新
久々に「Rockなページ」を更新しました。昨日のDream Theaterのライブについてです。 
っても、全然レポになってなくて、私の個人的な思い入ればかりつらつら書いてしまいました。 
彼らを知らない人にとってはつまらないかも知れませんが、とにかくいいラブで、とても楽しめました。そう言えば昨日はKey.ソロの時モーツァルトのキラキラ星のフレーズが一瞬出てきた。今日は楽譜出して弾いてみたかったけど、とてもそんな余裕はない。 
明日レッスンなので昨日もライブ前にきっちり練習し、今日もソナチネ重点的に練習。だけどだけど、スケール~~~~・・・  
 
明日はレッスン後検査の予約入ってるので、全部見てもらえるか心配。ハノン後回しにしてもらおうかな・・その方が好都合だし・・(ーー; 
ちょっと躓き
はー ソナチネが弾けない。全然まとまらない。 
6番の第一楽章ってそんなに難しくはないだろうと思っていたのに、動きの変化に付いて行けない、スケールが難しい、ちっともきれいに弾けない。 
昨日・おとといと練習出来なかったってのもあるけど、それでも簡単なブルグの方はそれなりに調子いいのに、も~、ソナちゃん・・・ 
 
バッハは一日でも空けるとダメなの分ってるんだけどブランク作っちゃって、今日は大変でした。金曜日今年初のレッスンだけど、それまでにインヴェンションは暗譜出来そうにないや。 
 
昨日は子供の演奏会だったのだが、その中でちょっとおもしろい曲を見つけた。 
「日本民謡の主題による変奏曲」というもので、カバレフスキー作曲。プログラム見てどんな曲だろうと思っていたら、「さくらさくら」の変奏曲だった。 
「さくらさくら」の変奏曲は他に2曲知っているが、ロシア人による編曲は初めて聴いた。所々長調になったりして、ちょっと意表を付かれる曲だった。 
 
明日はDream Theaterのライブ。来日アーティストのライブは10ヶ月振り(ToT) 長丁場、頑張ってくるぞー。楽しみ~~~♪ 
進歩
大人になってから、「進歩したな~」と思えたことってとても少ない。 
習っていた英会話、スイミング、ワックス掛け、編み物・・・ 少しでも進歩を感じられたのってそれくらい。 
ピアノだってレッスン受けて5年、確かに進歩はしてるんだけど、お習字とか編み物とか、目に見えるものでもないから実感としてはやはり薄い。 
 
それが今回ブルグの「トルコふうロンド」弾いて、「お~~、、私も進歩したもんだよ(ToT)」としみじみ感じた。 
実はこの曲を弾くのは初めてではなく、6年前に長女が発表会用の曲として練習していた時、いい曲だったので私も一緒に弾いていたのだ。 
当時はまだレッスンは受けに行っておらず、自己流でポピュラーとかを適当に弾いて喜んでいた頃。多分初めて弾いたクラシックの長い曲じゃなかったかな~~ 
 
時間掛けて、一応全部弾けるようにはなったものの、当時の自分でも「なんかすっごく汚いなぁ(;-_-;)」といつも思っていたもんです。今思えばイロハのイも知らなかったのだからそりゃ見事に汚い音楽でしたねー。もう、雑音出してるって感じ。でもとりあえず長い曲が弾けた喜びが大きくて、弾いてて楽しかったのも確かなんだけど、あまりの汚さに「レッスン受けようかな」と考え始めるきっかけになった曲でもありました。 
 
先月来、再び練習してる訳だけど、自分でもあの当時と明らかに演奏の違いが分る。左はちゃんと伴奏(のつもり)になってるし、右はちゃんと主張してる(つもり)し。和音もちゃんと高音部出すよう心掛けている。まあ実際CDとかとの相対的レベルとしての現実は置いとくとして、個人としての比較では、6年前とは確実に違う、これは進歩と言っていいはずだ。 
 
子供のように当たり前に進歩というものがある年代ではない自分、ほんの少しであっても進歩って貴重で嬉しいもんです。後5年経ったらある程度の曲は弾いていられるといいなぁ。ショパンのワルツの1番とか、幻想即興曲とか・・ 
練習始めて一か月・・
発表会後ソナチネやインヴェンション始めて、丁度1ヶ月経ちました。 
そして、ソナチネとインヴェンション、ようやくテンポで弾けるようになりました。 
 
まぁその間体調悪かったり年末年始あったり、練習サボることも結構あったけど、ここまで来るのに1ヶ月ってのは、やっぱ時間掛かり過ぎだよなぁ、と・・(-_-;) ソナチネは暗譜出来たけど、インベンションは楽譜無しじゃ全然無理。(「トルコふうロンドは一番簡単な曲故いつも一番後回し、よって一番出来が悪い) 
 
原因はもちろん私の譜読みの遅さ。あと片手ずつの地味な練習の不足。 
他の人はどうか分りませんが、私は最初から片手ずつしっかり練習しないといつまで経ってもきちんと弾けない。 
 
子供が以前先生に、「譜読みが遅いので譜読みが終わった段階で曲も仕上がっている状態」言われていたが、私もそれに近いものがあるなぁ・・そこまですら行ってないけど。 
そういや発表会終わったら初見の練習もしようと思っていたのに、毎日の練習曲に時間取られて全然やってなかった。明日から少しでもやろう。 
新年のジンクス
そうなのか違うのか、ほんとの所よく分らないけど、ウチでは毎年正月に何事かちょっと不具合な事が起こる。そしてそれが起こった年は特に困ったこともなく1年無事過ごせる と言う、妙なジンクスを作ってしまった。 
 
初めて起こったのが9年前、新年の初詣に夜中に義父と出掛けた夫が靭帯切って帰って来た。その後毎年、小さな事ではあるが普段レベルでは「え~、ちょっと勘弁」的な事が必ず起こる。 
それはもう、まさしく降ってわいた様なプチ災難で、例えば新年早々のトイレの逆流だったり、娘のオネショだったり、ある年は抱っこしていた娘が持っていたお年玉袋の角が目に刺さった事も。病院行って麻酔してもらうまでの苦しみったら出産以来・・ あとちょい出の駐車で隣の車にドアをぶつけたりとか夫婦喧嘩したりとか・・ 
しかもコレなぜか私の肩に掛かるようなことばかり。もちろん靭帯切ったのは夫だけど、その翌月は新居に引越しの年だった。夫はギプスで動けず。娘のオネショもその日に限って私の布団(~_~;) 一体どう言う訳で・・? 
 
そんな「よりによって元旦じゃなくてもいいだろう」と言いたくなるような出来事が、ウチではお約束のように起こる。そしてこれが↑に書いた様に、厄払い的な意味を持つ?と思ったのは、特に何も起こらなかった3年前、月を追う毎に色々とちょっとずつキツい事になって行き、最終的に精神ヨレヨレ。果ては発表会までボロボロ。この年、「やっぱ新年のアレが無いとイカンのか?!」と確信のようなものを持った。 
 
今年はどうかと言うと、前日まで調子良かったのに、大晦日の晩からどうも思わしくなかった甲状腺の調子が昨日ピークになり、1ヶ月振りに熱出して寝込みました。しっかり来たわ~。 
今度は前とは反対側が腫れ、ほんとに律儀に先生の言う様に病症進むなぁと感心するほど。あちこち痛み、医者に診てもらってホッとする夢まで見るくらい。 
まぁ前回と違って薬も合ってるし、熱も一気に出てすぐに治まったので、夜は「ルパン3世」のDVDなんぞ観ておりましたが。これで大体のサイクルも分ったし、丁度いいや。あ、あと、お風呂のシャワーヘッドがネジの部分から折れてしまいました。直るまでホースからぶっ掛けかい・・ 
 
こんな訳で、今年はきっと大難無く過ごせる予定。でもこれって考えてみたら、私個人の厄払いじゃないか・・? 
まあいいか。嫁が元気に過ごすのが家内安全の第一歩だもんね。 
新年あけましておめでとうございます
皆々様今年もどうぞよろしくお願いいたします。 
そして良き一年を過ごせますようお祈り申し上げます。 
 
今年初めてPCに触る。なのに、ピアノにはまだ触ってない(-_-;) まだ順番が廻ってこないし・・ 
 
結婚後年末年始の色薄さが年々加速しているが、それでも一応お正月。普段歌番組全く見ないし曲も知らない私でも紅白は必ず観る、行く年来る年無しでは年が越せない。あの、「ゴ~~~~ン」の鐘の音を聞いてから支度をして近くの神社へお参りに行く。 
お風呂に入り、いい気分で新年を迎える。 
 
元旦早々甲状腺がまた少し腫れ出したが、夜妹や弟を呼んで飲み食いしたら治っていった((;^_^A 巷のおやぢじゃないけれど、「いや~アルコールで消毒だよ」ってくだらないギャグを実感とする。 
 
今日は義父母と親戚回り。帰りに山○屋の味噌煮込みうどんをお腹いっぱい、御飯もお代わりして満足して帰宅。今年は元気に過ごすぞー。 
 
さて、今年はピアノもちょっと進歩を促したい。 
以前からチラッと考えていた事を、今年は本格的に実行に移したい。 
一つは今やってるソナチネアルバム1を今年中に終了させたい。 
しかしこれについては、先生がこの本をどこまでやるかによっても大きく変わってくるのだが、長女の時は確かロンドやソナタはやらず、そのままソナタの本へ替わったはず。まあその人の進度によって違ってくるのだろうけど、出来たらこの1年でこの本の主だった曲は終わらせたい。 
 
もう一つは、今年中にヤ○ハのグレードを受けること。(うわー 言っちまったよ・・( ̄д ̄;)) 
これはもちろん初心者用の簡単な級を受けるつもりだけど、人前でのいい練習になるかな、と。お金は掛かりますが・・(^_^;) 
今年は娘達を夏のコンクールに出すのを中断しようと考えているので、その期間結構自分だけに集中出来るだろうし、今年の発表会の曲が決まったら早目に練習して、今年の終わりまでには受けようかと。 
あー これで後戻り出来ませんな(笑) 
 
と言う事で、新年早々大きく出てしまいましたが、去年の目標であった「体力増進」は全く逆方向に行ってしまった事実はこの際忘れて、出来る限り目標を完遂できるよう、日々頑張ろう。Yeah~ 
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.