土壇場でこれかい
ここに来て「おいおい夫の厄年(本厄)のあおりかぁ?!(笑)」と思ってしまうような出来事。 
先月末、痛みだした首のしこりを診てもらいに病院へ行ったのだが、要観察と言う事で首のお手入れもそこそこに1ヶ月放置、先週から大きくなりだし痛みも増したので週末病院へ。 
検査の結果どうやら亜急性甲状腺炎らしい。事前にネットで調べてみたら症状がドンズバなので、医師から病名言われた時は妙にホッとした。ややこしい病気じゃなくて、ほんとに良かったよ。 
 
首から耳・歯にかけての痛みと疲労感は最近は結構なもんだが、処方された痛み止めを飲めばスッキリ飛んでいく。時間は多少掛かるが、これだけでそのうち放っておいても治ってしまう病気らしいので全く心配はないのだが、一言不満を言わせてもらえれば、なんで後1週間遅くに悪くならなかったのだ~!! 
私の日頃の心掛け?! 
 
問題は、痛み止めの薬は確かに効くのだけど、そのせいか病気のせいか、何となく気持ちが散漫になったりして、どうもピアノが上手く弾けない(えっ?薬のせいじゃない?!)。PCのキーを打っていても打鍵ミス多発。微熱とだるさも手伝い、集中力がなくなってしまうのだろうか。おいおい頼むよ~、土曜日リハだぞ・・ 
 
病状的には今後定期的に血液内の甲状腺ホルモンの数値をチェックしていき、症状がひどければまぁ安静に、と。ふっふっふっ これで年末の大掃除、大いばりでサボれますヽ(^◇^*)/♪ 
 
と言う事で、昨日の「日記」ネタでの最終部分はネタや建前でなく、今日の前フリです。 
実際、大したことない病気なので本人まったく大丈夫です。だから昨日も書いたように、個人の日記の一記録として都合よく扱わせていただきたいと思っております。 
なので、どうか読んで下さる皆様には、ご心配いただきませんよう、切にお願いいたします。 
たまに「今日は熱が出て」なんて書いてあっても、「今日は化粧のノリが良くなくて」と同レベルで読み流して下されば幸いです。 
「じゃあそんなこと書かんでも」と思われるかも知れませんが、自分的にも調子の悪い事をグタグタ書くばっかりの内容は嫌なので極力避けたいと思いますが、短いスパン(1~4ヶ月)ではあるものの、風邪や下痢の様に2、3日で治るものでもなさそうなので、内容の抽出ばかりを考えているとそのうち無理が生じるかとも思い、それはもっと嫌なので・・ 
とりあえず、「本番不出来だった時の為の言い訳が出来たな」程度に考えておいてください。本人もそう思っております( ̄▽ ̄;) 
 
それにしても事故の後は病院・・ 絶対厄年のおこぼれに違いない。 
かくなる上は夫に何かしかるべき物を買ってもらわねば。カードでいいわよ( ̄ー ̄)v  
スポンサーサイト
日記
Web日記を使い出してもうすぐ1年になる。 
駄文をいつも読んでくださる皆様、どうもありがとうございます。 
 
私が初めて継続的に日記を付けだしたのは小学4年生の時の親友との交換日記。 
今思い出しても胸がキュンとなる、雑誌「りぼん」の付録のノートに、お互いの好きな男の子とか将来の夢などを書き合っていた。 
「20歳 大学で成績優秀 モテモテ」「22歳 モデルになる」とか、今は残ってないけど、もし読み返したら抱腹絶倒のものすごい内容。こんな内容のワタシ、どこにも存在しませんでした(笑) 
 
自分だけの日記をきちんと付けだしたのは中2の時。 
友達が「二つあるから」と鍵付の日記を譲ってくれて(画像上段一番左がそれ)、それ以来25歳までほぼ毎日書いてきた。 
プライベートできつかった頃の中抜けがあるが、結婚後はこの写真の物以外に育児日記が4冊。結婚後のプライベート日記はなぜかなかなか続かず、画像以外の3冊は全部途中で終わりだが、独身の頃は大抵毎日細かい罫に1P、多いと4、5P書いていた(よくまあそんなに書く事があったもんだ)。 
 
今日写真を撮るのに10何年振りに、まとめてあった紐を解いた。鍵付日記の鍵は失くしてしまい、全て無い。手近にあった1冊を取って読んでみたら高2の頃のだった。内容は、主に彼氏の事、友達の事。「やっぱ好きっ」とか、赤面する様なことがハートマークや♪付きで恥ずかしげもなく一杯書いてある。これは一生誰の目にも触れさすまい(ー”ー; ) 
あの頃、自分の今の年齢の頃なんてこれっぽっちも想像しなかっただろうが、若かった自分に「幸せになるよ」と教えてあげたい気もする。 
 
大人になってからはその重さに耐えられず、日記には辛い事は書かないようにもしていのだが、さすがにWeb日記ではその性格上、あまりにもプライベート色の濃い内容は書けない。 
この1年間でもアップした事以外にも書きたい事もたまにはあったのだが、まあ今の所概ね自己満足に足りている。 
良くも悪くもある程度のフィルターを掛けてあるような内容なのだが、いずれはこれまでの日記同様に活字にして残したい。なので本来ならば公にすべき事ではない様な、個人的なネガティブな出来事はWeb上では書くべからずなのかも知れないが、個人の一つの記録として読み流して下されば幸いです。 
 
はっきり言って自分の年齢、これからは体力的にも下降の一途を辿るばかり。 
「んもぅ、何もしなくてもお肌つるピカでぇ~☆」「2時間睡眠で仕事行ってその後また飲み会行ってぇ」なんて、昔の日記の様な日々はもうありえない。でもそれでいいんです。ネガティブな事があってもポジティブでGOで年齢を重ねて行きたいと思います。 
これからもこの駄文にどうぞよろしくお付き合いお願いいたしますm(_ _)m 

DSCN0550.jpg
今日のレッスン
昨日が昨日なだけに、今日のレッスンは結構不安があった。 
今日はゆかちゃんとの連弾も先生に見てもらう。つまり私のソロ曲にはギャラリーがいるわけだ。ありがたいことなんだけど、昨日みたいになっちゃったらその後の立ち直りが心配だなぁと思っていたから。 
 
先生宅へ行く前にうちでサラッとリベルタンゴ合わせてみたら、私が全然弾けない。あちゃ~~(>_<) これは多分座り位置が安定してなかったせいもあるんだけど、いかんいかん・・ 
 
先生宅で、まず私のソロ曲。心配だったけど、ゆかちゃんがいるとは言えそこはやっぱり慣れたレッスン室。緊張もせず割と普通に弾けた。ミスはちょこまかありましたが。 
 
考えてみたら去年の本番前は、ゆかちゃんの他に二人いた中でソロ曲弾いて、緊張してガタガタになったんだった。背中も縮こまって息すら出来ない、そんな状態でピアノに向かってた。 
それが今年は人数が減ったって事もあるだろうが、緊張なしである程度自分の思うように弾けたってのは大きい進歩かもしれない。そういやその前は先生だけなのに緊張してたし。 
かと言って本番でも緊張が無いってのはありえないから、「それがどうした」的な事なんだけどね(~_~;) 
 
ソナタは先生に3箇所ほど強弱の指示をもらい終了、さて連弾。 
この前うちでの練習の時、プリモとセコンドのバランスを二人で考えたのだが、ちゃんと弾けているのかよく分らない。 
初めて先生に聴いてもらったら、セコンドのバス音をもっと目立たせ、アーティキュレーションももっとしっかりするようにとの指示をいただいた。そうすると、それまでとは見違える(聴き違える?)ほど音に膨らみが出て、弾いててもノリがすごく良くなる♪この曲こんなにかっこよかったのね(ToT) 後は私のミスを無くすだけ(;´д`) 
 
レッスン後家でちょっと復習。その後今後の事とか色々話していたのだが、ゆかちゃんが「いつかもっと上手になったら老人ホームとかに慰問に行こうか」と言い出した。日舞とか大正箏とか、色々な催しがあるらしい。 
実際そんなことが出来るようになれるかどうかは別にして、なにか目標が持てるってのはいい事だ。ゆかちゃんの口からそんな言葉が出るなんて意外だったので、ちょっと感激だ。 
 
ゆかちゃん帰宅後、いい気分で買い物に出掛けたら帰り道トラックに車をぶつけられた。幸い大きな事故にはならず双方怪我も無し、私の車だけちょっぴり怪我した程度。トラックの不注意とは言え周囲の路駐の多さによるところも大きいので「運が悪かった」と思っておくしかない。 
そういや今年は夏に子供のコンクール本選の行き道でも信号待ちで停車中、2台後ろの車にぶつけられた。降りて車を見たらかすり傷程度だったので修理ももういいや、と思い、文句も言わずそのまま会場へ向かったのだが、2件ともちょっとした事で済んで本当によかった。本番前に怪我でもしたら大変だもんね。皆さんもどうぞお気を付け下さいませ。特に郵便局前。 
ややや、やばいです
今日は近所の友人宅のアップライトを借りてリハもどきをやらせていただいた。聴き手は友人一人、一応お辞儀もして調子良く弾き始めたのが・・ 
 
出だしはOK、いつもみたいに体も固くないし、息もしてる(~_~;)。 比較的リラックスモード。 
なのに恐ろしい事に、今まで全く問題なかった所が空白になってしまった、しかも何箇所も( ̄□ ̄|||! 
やり直したりそのまま次に進んだりして何とか最後まで弾き終えたが、ちょっと焦る。「リラックスしてたはずなのにコレってことは、本番はもっと恐ろしい事になりゃしないだろうか・・」とかなり不安になってきた(・_・;) 
 
昨日はロクに練習出来なかったしなぁ・・ 今日は気合入れて片手ずつ練習。3連符がまたダメになってるよ(>_<) 
 
ここんとこハノンもやらず発表会曲のみ。時々バッハが入るが、早く発表会終わって色々な曲弾きたいよー・・ 
などど言ってる場合ではない。 
明日はレッスン。ゆかちゃんと一緒に連弾見てもらう。 
よっしゃーー!買ったデー!!
ほっほーいほっほーい(とあるロールプレイングGのキャラの喜びの声 因みに子供用) 本番用のスカート買っちゃったーヽ(^◇^*)/♪ 
 
ちょっとした買い物がありデパートへ買い物行ったら、今日は特招会でごった返してた。そういや案内が来てたっけ・・ と、フラ~っと婦人服売り場のぞいたら、私の為に作られた(ような)スカートが!! 特招価格で10%off! これで気分も盛り上がるというもの。家へ帰って洗濯物取り入れながらも「やったー♪やったー♪」とか「ほっほーい♪」とか浮かれて言ってたら帰宅途中の中学生に聞かれてしまった。ほっほーーい。。。 
 
今日は連弾相手のゆかちゃんと練習。 
自身にそのような認識があるかは不明だが、ゆかちゃんは結構のん気さん。彼女がせっかちにガシャガシャ動くのを未だかつて見たことがない。「慌て者」と言われてる私にはうらやましい時間の巻き込み方だ。 
そんな彼女なので、「え~~っ、本番12月4日?!うそ~、もっと後と思ってた」と言った時も特に驚きはしなかったぞ。その調子で本番用のショパンのワルツも練習あまりせず、ソナタなんかをやってたらしい(笑) 
連弾は強弱やペダルを二人で考え、金曜にもう一度練習予定。 
一人では出来てても合わせると途端に弾けなくなる連弾の不思議。あなおそろしや・・ 
プログラム
とうとう発表会のプログラムが出来てきた。 
37人中小学生が24人。大人は私とゆかちゃんのみ。 
小学生達、昨日聴きに行ったプログラムとはかなり内容が違う。昨日のは昔からの発表会の定番曲(エリーゼ・乙女・人形の目覚めとか)が目白押しだったが、うちの先生は結構おもしろい曲を沢山入れる。私は邦人作曲家の曲が大好きなので、今回も平吉毅州や有馬礼子、中田喜直等が入っていてすごく楽しみだ。 
 
子供がお世話になって6年、ずっと発表会は親子で楽しませてもらってきた。プログラムにはその頃から同じように習っている顔ぶれが結構揃っている。知っている子がほとんどなので、「あの子今年はこんな曲弾くのね~」とか、「この曲はあの子に似合ってるな~」とか、おなじみならではの楽しみがある。 
だけど、今回何だか物足りない。そうだ、ウチの娘達がプログラムに載ってないんだ。当たり前のことなんだけど、これまでとは違う状況が、何となくちょっと寂しい。彼女達は彼女達で新しい先生の所の発表会に出るんだけど、お嫁に行って里帰りしたら自分の部屋がなくなっていた時のような感覚・・ 分ってはいるんだけど、「ああもう自分の場所は別の所になったんだった」と再確認する感じ。別に娘達自身がそう感じてる訳ではなく、私だけの思いなんだけどね・・(^_^;) 
 
プログラムが出来、本番まで2週間を切った。今日もまだクリア出来てない部分がある。ほんの1小節なのに、これがどうやっても出来ない。今日はCD何度も聴いて全体の流れを比べたりした。やっぱまとまってないなー。。 
 
あと、今更何着るかで悩み始め・・(~_~;) 去年着るつもりだったのでいいやと思っていたけど、曲の雰囲気に全然合わない。今から探すのも面倒・・・ あー困った。 
志の大事さ
今日は知り合いの子のピアノの発表会に出掛けた。 
そこで小学生までを聴いてきたのだが、こうして他の人の演奏を聞くってのはなかなか為になります。 
今日思ったのは、音をきれいに響かせて弾くことは本当に大事、そして、メロディーと伴奏とのバランス。往々にして左の和音、しかもバスじゃない方の音が大きくなりがち。気を付けるべき事の最上項目でもあるかと思うのだが、やっぱり難しい事なんだろうな。 
 
今日聴いててふと頭をよぎったこと。 
先日長女が「担任の先生は、よく「美しく~しましょう」と言うよ」と言った。 
察するに、例えば「文字を美しく書きましょう」「身の回りを美しくしましょう」「美しい言葉を使いましょう」といったような事でしょうか。 
 
きっと美意識の高い、良い先生なんだと思った。言うまでもない事だが、表面だけ美しくしてもしょうがない。ここで私の言う美意識とは「志」だ。常に物事全てに於いて「美しく」を心掛けるというのは、とても大切な事だと思う。またまた例えば家の中のちょっとした事や身だしなみ、社会における自分の存在まで、「志」のある無しで、ずいぶん大きく変わってくるように思う。(自分が常に心掛けているかどうかは別にしてですが・・) 
おいしいケーキ、おいしくないケーキ、おもしろいアルバム(CD)、つまんないアルバム、プロみたいなアマチュア、アマチュアみたいなプロ・・・ 全部本人又は職人の志に掛かっていると思う。 
 
今日の演奏は子供ばかりだったから話は別だが、演奏も気持ちが入っているものは例えたどたどしくても人の心を打つ。以前観たシニアの方々の演奏がそんな感じだった。明日からはそんな事も考えながら練習しよう。 
一人の週末
子供達は隣の夫両親宅、夫は出張。自分の仕事は全部片付いた。後はお風呂入って、それから何しよう♪お肌のお手入れして、DVD観るか・・ でもどのアーティストのにしよう♪今から朝まで何してもいいわーヽ(^◇^*)/ でも寒いから本屋とかには行く気はしないなぁ。今日はお風呂にもゴージャスにバラのアロマオイルでも入れよう。ワインも開けたいけど、さすがに一人じゃ1本飲みきれないしな。前にもこんな事書いたけど、たまに来るこんな一人の晩って、ほんっと「オフ」って気になる。明日の朝までゆっくりしよ~~っと(^ー^* ) 
 
今日はソナタゆ~~っくり両手での練習と、後は左を集中的に。効果ありますように。 
どうしても。どうしても、インヴェンションやりたい!と思い、3番まで(1番以外は半分だけど)両手で弾いてみた。モルデントやアーティキュレーションが難しく、曲ですらない状態だったけど、とりあえずこれ、弾けるかも・・! 
 
インヴェンションはバロックの初級メソッドとして扱われるのをよく目にするが、私にとっては初級なんてとんでもない、プレすら難易度結構感じるのに、インヴェンションなんて上級ですよ、あんなの両手でスラスラ合わせて弾けるなんて、自分にはとっても無理っ!と思いつつ憧れは募るばかり・・ 
えぇ~~い、発表会終わったら(コレばっか)見切り発進してやれ~~!・・・とりあえず1番だけ(笑) 
今日のレッスン
子供の頃から筋金入りの寒がりで冷え性だった私だが、年々末端の冷えに加速が増している。このままでは10年後は家の中でも手袋はめなきゃなー。 
今日もレッスンの行きには手袋して。それでも全然指は温まらない。困ったもんだよ・・ 
 
・ハノン c moll 
このスケール、左が結構やりにくく、ずっと片手練習していたけどどうしても左だけ重い。けど、発表会前にあまり新しいもの入れたくなかったので合格しない方がいいやーヽ(ー_ー )ノ  と思っていたら、珍しくあっさり合格。 
で、先生が「次は・・」と言う前に、「ソナタで主に使うト長調とニ長調のスケールをやってきます」と申し上げた。もうとことんソナタモード。 
 
・ベートーヴェン ソナタ Op.49-2 
まだ冷えたままの指でテンポで通しで弾く。そこそこ集中して弾くものの、あちこちでミス連発。曲が終了し、先生の方を振り向くと、楽譜に目を落としたまま無言・・ あや~~やっぱマズかったか~。。出だしからすっ転んだもんなぁ・・ と思っていたら、「きすけさん、左良くなりましたね~ 今回頑張って練習しましたね~ 左が良くなると全体の印象がグッと良くなります。」と。 
 
はっきり言って左3連符、めちゃくちゃ良くなってたワケではない。確かに自分でも2週間前よりは改善されたとは思うけど、劇的に全部の左3連符が素晴らしくなったなんてありえない。だけど、悪い所が聴き取れるようになった。現在6割位が整列出来つつある(後の4割は時々「前へ習え」も出来ない情け無い状態)。この調子であと2週間頑張れば、縦線の揃ったソナタが出来るだろうか。 
 
この話を子供にしたら、「いや~そんなことないですよヾ(^^;ゝって謙遜しといた?」って言われたが、アタシがそんな事言うもんですか。「え~、そうですか~~ヽ(^◇^*)/ いや~、この2週間3連符頑張りましたよ~◎」と言っておきました。 
 
細かい所を更に詰め、次回、来週のレッスンまでにそこそこ仕上げたいなぁ・・ って本当ならこの時期もう100%に上げて本番は120%にて挑むのが理想なんだけど。そんな芸当一生掛かっても出来そうにないや。 
「いいベートーヴェンにしましょうね♪」との先生の言葉に頑張る気が湧き上がる。 
 
・リベルタンゴ 
いつもは先生は離れたピアノでセコンドを弾いてくださるのだが、今日は位置の感覚を掴みたかったので「隣で弾いてください」と注文付けてしまった。やっぱ左手が窮屈。 
ペダル入れる所の指示をいただき、来週ゆかちゃんと自宅で練習。再来週リハで初めて先生に見てもらうことになるのだが、大丈夫かな~? 
 
寒くなってきたせいか最近やってる毛細血管の為のブラブラ運動のせいか(多分コレだな(ーー;)久々に右手首、きちゃいました。あうあう。。今痛めてる場合ぢゃないってばさぁ・・ 
夜は練習左のみ。こんな時、ある方がおっしゃった「右の不調の時は左の練習のチャンス!」と言う言葉が光る。 
ポジティブな考えって素晴らしい。  
 
写真は今日買ったスプレーバラ。白に淡いピンク、微妙に黄緑。柔らかい感じで、とても可愛い。 
猫も匂いに惹かれるのか、何度も噛み付きに行く。コラーッ! 

2005-11-18_18-47.jpg
本読み
そろそろ寒いです。先日から朝晩は暖房入れてます。そろそろ電気毛布とコタツも出さねば・・ ああ、これから朝が辛いなぁ(+_+) 
 
子供の学校では毎年この時期読書に力を入れるので、娘たちも図書室で毎日借りてくるのだが、最近は学校でもマンガも置いてようで、時々「ちびまる子ちゃん」とかがランドセルから出てきてビックリすることがある。 
2週間くらいの期間なのだが、本を読んだら、用紙に毎日色塗りしていくようだ。そこで問題は、これ、自分自身で読むだけでなく、「親の読み聞かせは○色で塗る」という塗り分けの種類があること。 
なので最近ピアノを中断して本読み・・ 
 
子供が小さい頃は毎晩寝る前に絵本を読んであげていたが、入学してしばらくするといつの間にかそんな習慣もなくなっていった。 
それでも時々子供用の小説なんかを何日か掛けて読んだりもしていたが、それも年に数度だけ・・ 
今回目新しい本も無いし、私の持ってた小川未明の短編集を一話ずつ読んでいる。 
「赤いろうそくと人魚」でおなじみだが、他にも沢山のお話が入っている。この時代の作家としては馴染みやすくて好きなのに、いつ買ったのかも覚えてないし、以前読んだはずなのにお話自体もあんまり記憶に残ってないとこが悲しいですが。 
 
で、文体がまた現在では使われないような言い回しが当然多く、恥ずかしながら結構つっかえたりしながら読んでいるのだけど、読んでてふと思った。 
「これってピアノで言えば初見と一緒。本読みは多少読みにくい物でもそれなりに抑揚つけて力抜いて出来る。こんな具合にたとえ初見でなくても演奏出来ないものか・・(ー_ー;)と。。 
本を読む時は抑揚を付けても決してわざとらしくなったりはしない。大袈裟にやる事もあるとしても、それはそれで耳障りが悪くならないようコントロールがしやすいのだろう。ピアノもそれくらい歌い方をコントロールできるようになると、今より更に楽しくなるんだろうな~ と思った夜でした。 
打って変わって
今日のソナタの出来の軽やかなこと。一体何なんだ・・。 
 
いつも練習はハノンからやって曲に行くのだが、今日は別のも弾いてみようと思いショパンのワルツを右手だけ。去年チラッとやった10番、発表会が終わったらブルグの代わりにやってみようかな・・ 
最初に違う曲やって気分が変わったのが良かったのか、ソナタ最初から調子良い。 
昨日までの練習の仕方をやめて、今日はメトロノームに合わせて5段階のスピードで練習。一番最初は104から、最後はアレグロの132まで。 
どのテンポでも結構いける。昨日の不出来は一体・・・? 
 
今日はOL時代の友人から電話をもらい久々に話した。 
彼女も大人からのピアノを少しやっていたそうだ。諸事情で中断したらしいが、なかなか音感が良いそうで、個人的に是非とも再開を願っている。 
いそうでなかなかいないピアノ弾きさん。引き続きサークルメンバー募集中・・ 
 
今日は部屋の中が結構散らかっている。うちは猫までゴミやおもちゃを散らかす。なんだか片付ける気が起こらず。寝る。 
ムラがあるのは分かるけど・・
今日は弾けない。全く弾けない。 
ソナタの両手の3連符が揃わない。前から思ってたけど、私の左は微妙に遅れる。なんで両手揃わないの?全くトロいなぁ。。まるで両手がケンカしてるみたい。3連符なんてアラまる分りのシチュエーションだよ、がくーん。。。 
 
速くも弾けない私は、まるで法定速度があるように、限度より先のスピードではいくらやっても絶対きれいに弾けない。アレグロは無理ですね。途中で事故っちまいます。ビバーチェなんて一生掛かっても無理っぽい。 
なんて今日のワタシ、とってもネガティブ。まあ明日になればコロッと変わってんですが(* ̄∇ ̄*) 
 
バッハー 弾きたいー インヴェンション~~ 
てな具合なので、連日インヴェンションのCDばかり。 
楽譜見ても、弾けるようになるのに間違いなく4ヶ月くらい掛かるな(-_-) とは思うのですが。 
 
昨日買った録音機器で録った曲をPCに転送。ファイルサイズを見てみたら 
「5MB~?!」 
え~なんでなんで?と思ったら、ビットレートが高いヤツになってんじゃないか。こんなサイズ、私が使ってるサーバー提供の容量超えちゃうよ。とりあえず2番目に小さいのにしといた。これで2MB。悩みは尽きず。 
ついに買ってしまった
連日楽しく録音ソフトやらのDLして楽しんでおりましたが、今日とうとうお手軽な録音アイテムを買っちゃいました。これで簡単にmp3に変換も出来て、果てはCDなんかも作れてしまうぞー。 
これまでは演奏チェックにMDで録音してたけど、音がずっと良い。マイク位置も気にせずに済むし、なかなかいいぞー。 
「これで後1万安かったら爆発的に売れたと思う」と言う某ネットショップのコメントにも大きく頷けるものがあるが、楽チンさでまぁヨシとしとこう。そうそう、楽器屋によって3000円もの価格差があるのにも驚きました。 
 
昨日は、一緒に発表会に出る近所の子供2人呼んでウチで弾き合いをした。 
みんなそれぞれソロ&連弾曲。一人の子はお母さんも一緒に来てもらって、うちの娘も観客に入り5人を前に演奏。よく知った人達だからか、あまり緊張せずに弾けた。ミスは多かったけど・・ 
大人の人には私の連弾曲のピアソラ気に入ってもらえたみたい。 
 
今日は夫に聴かせる。 
いつも夫に聴いてもらうだけでも軽く緊張したりするのだが、今回は全くせず。どうしたのだ。だらけてるんだろうか?? 
「ここからの所は雰囲気変えて弾いたら?」とかのコメントをいただいたのはいいのだが、「それにしても上手くなったな、俺よりずっと上手」って、そりゃ当たり前ざます(-_-)俺は学生の頃以来まともに弾いてないでしょ。 
 
お風呂から「ふぃ~~~。。」と出てきたら、TVでプロレスやってんじゃん。「んも~~、またこんな暑苦しいもの・・」と思ったら、なんかマリリン(マンソン)出てんじゃないの!「んなアホな!」と驚き、よくよく見たら、ちゃ~り~・まんそん??あ、レスラーさんでしたか。 
そういや以前ジーンのメイクまねしたレスラーがいたって話しだが、そのノリ?しかしメイクはマリリンでも、どうみてもオジー(オズボーン)に近いような・・・ どこの国のプロレスだったんだろう。。 
 
先生
発表会も近付き、音のチェックの為最近よく録音している。 
今回のソナタはいずれちゃんとサイトの中に置いてみようと思っている。他に上げたい曲もあるし。 
しかし、録音方法とサーバー容量との問題ですんなりサクサクって訳に行かず、ここんとこ毎日さるお方に色々と教えていただいている。あたしゃPCにマイク接続出来ることすら知りませんでした(;-_-;) 
 
長女が修学旅行行った時、前のピアノの先生にもお土産を買ってきたので、先日妹と二人で届けに行った。そしたら、レッス開始までの短い時間だったけど二人に会えてとても嬉しかったこと、お土産の油とり紙の使い心地が良く嬉しかったことなどを書き添えたハガキをわざわざ送ってくださり、親子共々感激し、とても嬉しかった。 
 
前に子供に、「私もあんた達の先生(現在の)みたいな人に習ってみようかな~」と冗談で言ったら、「ママまでS先生(前の&私の先生)やめちゃったら、先生と私達との繋がりがなくなっちゃうからだめー!」と言われた。 
 
上達するのに、師弟の愛情関係は必要ないのかも知れない。実際うちもそれがなかったとしても(信頼関係は必須)多分問題ないかも知れない。 
でも、信頼以外に愛情があるってことは、とても嬉しい事だ。 
この、以前子供達がお世話になっていたS先生は、ご自身の意思で自分から他の先生へと子供達を託されたのだが、お別れの挨拶の時などは、必ず涙ぐまれるような方だ。30人位生徒を抱えているにも関わらず、希望者とは生徒一人一人と、交換日記までしてくださる方だった。 
新しく変わった先生も真剣に生徒の事を考えて一生懸命教えてくださる立派な方で、子供も心底尊敬している。そして初めてのレッスン後からすぐに自分の意思で新しい先生に付いて行こうとしている。それでも、教室を変わった端、「今まで教えてくださったS先生のためにも、新しい先生の所でしっかり頑張る!」と言った子供の言葉に、これまでのS先生のしてくださった色々な事が凝縮されている気がした。改めて、深く感謝・・・ 
ロシアな気分
今日は午後からと夜と、ソナタ集中的に練習。相変わらずメトロノームがMy best friend。少ーしだけ左の3連符軽くなりつつあるような。 
ちょくちょくMDと電子ピアノにて録音して音チェック。 
弾いてても実感するが、テンポが安定しない。普通速くなることが多いけど、何でかゆっくりになって行ってます(?_?) 多分3連符で崩れちゃうんだろうなー。 
 
夜の練習の時、ちょっと違う曲も弾きたくなって、ショスタコーヴィッチとチャイコフスキーの子供用の楽譜をパラパラめくり、2曲ほどロマンチック系を弾いてみる。 
もちろん初見でスラスラ弾ける高等な能力は備わってないのでポッツリポッツリ音鳴らしてる訳だが、気分的には結構「ん~~ロマンスぅ~~」って感じ(=^^=) (ショスタコのタイトルは「ロマンス」だった。) ショスタコもチャイコもいいなぁ。 
チャイコの方は以前子供が何曲か弾いていたけど、本当に良い曲多い。発表会終わったらこの辺もやってみたいなー。 
 
でも終わったらやってみたいと言えば、一番にバロックだー。今日もグールドの「パルティータ」全曲聴いてて無性にバッハ弾きたくなった。もちろん弾けないけどさ。 
どうしようか、そろそろプレ・インヴェンション復活しようかな。それかアンナ・マグダレーナにしようかな・・ でもやっぱここはガマンして発表会終わるまでバロック断ちかな・・・ 
現実感がない
まだいいんだろうか。発表会まで1ヶ月を切り、自分の中では余裕があるわけじゃないのに、まだ焦りが出てこない。「あと2週間」ってとこ位に来てアワアワ慌てだすんだろうか。いつもは既にもっと焦りがあるような気がしたが、今年はあまり発表会に対して現実感がない・・ 仕上がってる訳でもないのに。 
もしかすると子供が一緒に出ないからだろうか?自分が習い始めて5年、発表会はずっと子供と一緒に出て、子供の分も焦っていたからなんだろうか?だとしたら、今年から先生別々になってほんとによかったわ~~(* ̄∇ ̄*) 
 
秋の花粉の時期。昨日は午後から鼻炎がひどく、夜はクシャミ疲れで早々と眠くなったのだが買ったばかりのワイン飲みたさに根性で起きていた。ワイン美味すぎで飲みすぎ。夕食でお腹一杯だったのにつまみも食べる。練習もせず何やってんだか。。 
 
今日も片手ずつ&両手での超ゆっくりの練習。メトロノームが「もう飽きた(-_-;)。。」とばかりに途中で止まる。フレーズの終わりがきれいに弾けない。「○○だったでしょっ!!」みたいな、きつい語尾の感じがまだチラホラ。これを直すためにも録音してんだけど、MDも電子ピアノも面倒。やっぱサウンド・○ケッチャー買おうかな・・ 
今日のレッスン
珍しく前回より1週間空きのレッスン。発表会が近いので、先生は「私で出来る事なら可能な限りしますので」と言って下さり、レッスンも希望であれば増やしましょう、と。「きすけさんはきすけさんで頑張ってくださいね」と念を押されもしましたが(^_^;) 
 
2週間毎のレッスンに慣れていると、半分の時間で出来る事、また出来る様になるって事に、厳しいものがある。例えば新曲が入ったりすると、「今回はここまで」という線引きが、1週間ではやはり短くなってしまう。 
しかし、ここで別に短くしなくてもいいのよね。「出来ないから」っていう思い込みだけで、本当はやる気を出せば案外出来るものなのかも知れない。もちろん限度はありますが。 
 
まあ今回ハノン以外新しく変わったものももちろん無かったのだが、連弾曲だけはいい加減形にしたかったので、この1週間はこれを目標に練習した。 
一昨日のゆかちゃんとの練習でもちょっと希望が持てたし、こうしてみると1週間タイトに練習するってのもいいかもしれない。 
 
・ハノン Es dur、c moll 
Es durの方は2拍子を意識して練習との事だったので、拍の頭にアクセントを付けて練習していた。ちょっと危ない所もあったが、何とかクリア。 
C mollは今回初めて見てもらう。普段の練習時から感じていたけど、珍しく左より右が弾きにくい。3と4の指の間が開くから。「まずいよな~」と思っていたら案の定きっちり指摘が入った。左もだけど、右はもっと粒が揃っていないと。そういや今年の3月「1音ずつよく聴いて粒を揃えるよう」と言われた事、もうすっかりと忘れていたよ・・ 1の指での飛び出し注意。 
次はC moll 2種。 
 
・ベートーヴェン ソナタ Op.49-2 
まとまってはきているんだけど、やはり左の3連符が乱れる。この1週間、ソナタはここの注意に尽きると言ってもいいほど気にして練習したんだけど、例によって練習した気になっていただけのようだ(-_-;) 
先生と「ここもです」「あっここもです」と、厄介な箇所を全部取り出し色々と弾き方を変えて練習のアプローチを考えていたけど、最終的に左手が絶対固まらずに済むゆっくりな速度で練習することに。 
早速家で、Allegroの所をAndantinoでまったり練習。ゆっくり過ぎるのも難しい。メトロノームに全然合わない。 
そういや去年の発表会の練習も、上手くいかない時にゆっくりでの練習してたなぁ・・ 1ヵ月半という短期間で仕上げるのに、夫が「とにかくゆっくりからやれ。メトロノーム使って。もっとゆっくり。」と、居眠りしそうなくらいのゆっくりな速度で練習しましたっけ。忘れてたけど、これすごく効果ありました。今日もゆっくり練習の後、1度だけ早く弾いてみたら、左軽いわぁ・・!当分これで練習。 
 
・連弾 「リベルタンゴ」 
「ちょっとよくなりましたね~」と、先生、言って下さったけど、言わせるのが遅すぎ<私 
アーティキュレーションのミスが1箇所あったのできちんと直すこと。後は弾きこみ。16分の両手アルペジオの成功率をアップさせること。 
 
この曲、私は暗譜でOKだけど(既に譜面を追えない状態 分る人にだけ分る事(笑))、ゆかちゃんは暗譜しないらしいので譜面立てるんだけど、最期のページだけ両人がめくれない状態。で、長女に本番の譜めくりを頼んだら「いいよ」とあっさりOKしてくれたのに、そうなると客席で聴けない事に気が付き(遅いぞ・・)またあっさり断られてしまった。 
譜めくりの練習もしなきゃ。 
 
次回は2週間後、それまでにあちこち改善させなきゃ。 
久々の更新
いえ、先日もリンクの追加で久しぶりに日記のページ以外を更新したのでございますがね(^_^;) テキスト書いたの久々だったので・・。 
昨日のマキシムのコンサートの感想をUpしました。 
「Music」→「Piano」→「Concert」からお入りになってくださいませ。。 
 
今日はようやく連弾相手のゆかちゃんと「リベル・タンゴ」の初合わせ。 
ここ数日テスト前の一夜漬けのような気分で必死で練習していたが、まだまだミスのてんこ盛りな状態。 
今日も朝からゆかちゃんがやって来るまで練習。CDに合わせ、結構流れるようになり一安心してソナタの練習してる所へゆかちゃん登場。 
とりあえずお茶を飲みながらひとしきりしゃべり、ピアノの前へ。 
最初はものすご~~~~くゆっくりなテンポで合わせてみたが、ゆっくりすぎるせいなのかどうなのか、私がガタガタ(テンポのせいじゃないですハイ) 
しかし、想像してたよりも悪くないし、弾きやすい。多分私よりずっとハイレベルなゆかちゃんの演奏力のお陰だろう。プリモの私は何となく安心して弾いていられる。 
テンポアップしてみたら、ミスはあるものの、結構展望は明るいかも。 
今後暇を見てちょくちょく練習する事に。 
 
ついでにソロ曲もお互い演奏。 
ゆかちゃんは以前聴かせてもらった時よりテンポもアップしてて、こなれている。とてもいい感じのショパンのワルツ第7番。 
えー私はと言うとぉ。最初はそこそこよかったものの、展開部から集中力が散漫になり、最後は「顔を洗って出直して来い。」な感じ。 
そろそろお客さん作って人前練習やらねば・・・・ 
 
一緒にお昼を食べ、ゆかちゃん帰宅後も連弾とソロを練習。明後日レッスンだし。何とか連弾の進歩だけでも見せておきたいもんでございます。 
マキシム様のライブ
恐らく今年最後のコンサートになるであろう今日のマキシム様。 
後日コンサートの感想を「コンサート」のページにUpしようと思うので、とりあえず「かっこよかった~♥♥」とだけ申し上げておきましょう。あっもちろん演奏もとても素敵でしたが(^.^;  
 
今日は長女の修学旅行、朝いつもより1時間早く起き、さっさと家事を済ませてピアノの練習。なぜって明日は連弾相手のゆかちゃんとの初合わせ。。(コンサートの後で練習なんて絶対やらないの分ってるからね・・。) 
でもCDで合わせてみてもまだまだ全然ダメ(_ _;)  ゆかちゃんはこの程度のレベルは楽勝なので、明日が思いやられるなぁ、私・・ 
 
ベー様の方は今日も録音してチェック、前よりどげとげしくなくなったけど、こちらもまだまだ・・・ 道は険しいのぉ・・・・ 
 
今日は名古屋ではドームにてQueenもライブ。私のKISS友も何人かそちらに行っている。どんな感じだったのだろうか、マキシムのインターミッションの時に、「そういや今頃あっちも真っ最中じゃん」と、これも気になる。 
が、やっぱいい男は見てて気持ちがピンクになるわぁ。今夜はマキシム様の夢が見れますように♪ 

2005-11-01_23-14.jpg
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.