FC2ブログ
9月でございます
日中残暑厳しい中、リカバリ後放置してあったサイトのデータを移し入れ、更新の準備を整えた とまでは行かず、とりあえず次のテーマだけ考えた。いつのUPになるかは不明・・  
 
ずっとバタバタしてて忘れていたが、この夏でピアノを習い始めてから早いもんで丸っと5年が経つ。無謀にもブルグから始め、2年掛かりで25を終了し、以降ずっと18&ソナチネ。 
当初の目標では、「5年後には“悲愴”の3楽章弾けるようになりたいな~」とそれこそ無謀なことを考えていたもんだ。5年経って、未だ弾ける目途立たず。今年になってからちょっとだけ進歩を感じられるようにはなったが(それまでがただ単に酷すぎただけなのだが)、相変わらず記憶力悪いし表現力も乏しいまま。 
 
つい最近あるピアノ弾きさんのサイトでもご本人が書いてらっしゃったが、同じくそれでもやっぱりピアノを続けててよかったと思う。これのお陰でどれだけ人生の充実度が増したことか。 
「ピアノを弾いてりゃそれだけで終わり」ってことは全くなく、むしろそこから興味の触手がどんどん伸びて、気づけば5年前とは比べ物にならない位の音楽を耳にした。 
 
子供の頃からやってた訳じゃないからほんとに拙いところから始まり、それは5年経った今もあまり変わってないが、それでも気づけば「階段ひとつ上がってる?」と思える時がある。 
年齢的に正直に右肩下がりな部分が圧倒的に増えてきている現在の自分の全ての中(これまでなかった肩こり、今日もひどかったっす(-_-;)、前向きになれる大きな要素の一つであり、その階段1段にとても時間が掛かるのだけど、とてもありがたい。 
 
8月が終わり、まだまだ暑いけど、夜はこおろぎが鳴いてるし、夕方の空気の匂いには秋が混じっている。ベートーヴェンと連弾曲、工事現場並みの勢いでやらなくては。 
明日はレッスン。 
スポンサーサイト



Copyright © 2019 ・・K-日記・・. all rights reserved.