今日のレッスン
3週間振りのレッスンとなりました。 
さすがにその間にソロ曲・連弾曲共に譜読みは出来たけど、暗譜には程遠い・・ 
私は弾きながら楽譜をめくるの苦手。ついでに言うと弾いてる間にしゃべることも出来やしない。全く余裕無しの弾き方ですな。 
 
ハノンはg moll2種、リズム練習でのノン・レガートがずっと弾けず。スタッカートだといいんだけど、結局運指がしっかり記憶されてないから、勢いがなくなると弾けなくなるのね。今回ハノンは練習薄かったもんなぁ、発表会曲に気が行っちゃって。片手ずつ丁寧に練習ってほとんどしてなかったもん。いつまで経っても危うい自覚はあったんだよね。これはもう1度。 
 
ベートーヴェン ソナタ Op.49-2 3連符の分散和音が左右重なると段々グチャグチャになってくる。先生が和声の分析を一部してくださって、「ここは5度7だけどこのままだと音が汚いでしょ?だからこうなって・・・」と、言われると「なるほど~」と思うんだけど、自分ではそこまで分析するのは相当な労力が必要。先生はどうして瞬時に分るのか(-_-;)←そりゃ先生だからに決まってますが。 
あと、左もメロディーの補佐って部分なんかは、部分練習してないと結構忘れてしまう。和音は記憶しやすいけど、旋律的な部分は徹底的に部分練習。 
前半はちょっとは余裕が出てきて体もラクにして弾けるのだけど、後半は背中も肩も丸まっちゃってますます弾き難い。要更なる弾き込み。それからアーティキュレーションをじっくり見直してみると結構発見が。=弾きやすさに繋がったりもする。 
 
連弾曲 リベル・タンゴ、これも2/3位は合わせてても何とか・・ 16分の7度の和音、指を目一杯広げた状態で指を動かしていたのだけど、当然手全体に力が入ってしまって、動きがとても悪い。一つづつ音を早送りするように弾くといいらしいので、これもしっかり練習。 
 
今日はまだまだ書きたい事があるのだけど眠くて限界。。。最近睡眠不足気味だぁ・・・ 
スポンサーサイト
昨日の猫ちゃん
さて一晩経って今日、まあ丸っと一日在宅だった訳ではないが、全く鳴き声聴こえず。どうしたんだ~?素早い動きが出来てたから体力はあるのかな、トコトコと再び旅に出たのかしら。微妙にホッとしたり残念だったり。 
 
昨夜のこと。遅くに帰宅した夫に子猫の話をするなりニコニコしながら「見に行こ♪」・・・「(私)見たら絶対連れて来たくなるよ?」「飼ってもいいかミーナの許可取ってみよう、ミーナーーー!!」・・って、んなアホな。現実見てもらって思いとどまってもらいましたが。 
と言いつつ、私も「2匹猫がいたらふわふわ×2~~」とうっとりしたりもしてるんですが・・ 
今頃どこで何をしているのか、ご飯にはありつけたかな。元気に生きろよ。。 
 
ソナタ&連弾、後半も何とかのらりくらりとは動きが出てきた。やっぱある程度コントロール出来るようになってくると、弾く楽しさも倍増するね(^^) 
明日はレッスン。その前にピアノ仲間のゆかちゃんが来る予定。連弾、合わせるにはちょっと無理があるかなぁ。。 
気になる猫ちゃん
今朝、掃除終わって掃除機片付けたら、かすかに聞こえる猫の声。 
「気のせい?」と思ったけど、側にいたミーナが「ダッ!!」と窓に駆け寄ったから本物に違いない。 
庭に出て、隣接している両親の家の床下(高床式みたいに全開放)覗いてみても暗くて分らない。私の気配を感じてか、鳴き声もピタッと止むし。 
 
ふと家で猫を二匹飼うことを夢想する。ポジティブ・イメージとネガティブ・イメージが半々でしのぎあう。 
まあ、現実考えたら無理だってー。 と家に戻る。 
 
夕方、今度ははっきりと子猫と分る声で結構しっかり鳴く。 
子供達も気付き、あちこち探し回る。「いたよ!」の声に飛び出していったら、丁度猫も飛び出して、一瞬だけ視界に入りまた軒下に消えてしまった。 
生後2ヶ月くらいの白っぽい子猫。あああぅぅぅぅぅぅ。。。。 
 
世の中で子猫ほど可愛い生き物はいないと思っている私にとって、これはかなり難しい状況。側でじっくりと見てしまったら、家に入れてしまうかもしれない。でも家にはミーナ、そして猫アレルギーの私と長女。多頭飼いするのは結構難しい。 
 
夜になったら鳴き声も聴こえなくなった。どこか別の場所に行ったのか、それとも床下で眠っているのか・・ 
ああ猫よ猫よ、どうかいい人と出会っておくれ。。 
手抜き料理
昨日から3回同じ料理を作っている。 
昨日は子供が運動会の代休でお昼ご飯を作らねばならなかったので、夫がお土産に買ってきてくれたばかりの紀州の梅干とベーコンで炒飯を作った。 
 
うちの子供は二人とも梅干が苦手だけど、この梅干ならあんまり酸っぱくないしいいかなと思い切って食べさせてみたら予想外に好評で、次女は今日の社会見学に持っていくお弁当もこれにしてと。 
 
ラクで助かった(^_^;) と喜んでたら、帰宅後二人が「夜もあれにして!」と。 
さすがに煮物やおひたしも作ったが、こんな楽チンな料理でこんなに喜んでもらえるなんてすんごい幸せ。だって、ベーコン刻んで油で炒めてたたいた梅干入れてご飯を炒めるだけ。ベーコンと梅干の塩分で調味料も要らず。んで、結構美味いです。 
 
何より、この梅干そのものをすごく気に入った。私自身もあんまり梅干食べないけど、これは昨日から10個以上食べてます。小粒ではありますが。 
今頃私の体の中、とってもヘルシーになってるに違いない( ̄ー ̄)v  (んなことない?) 
 
てことで、自慢の美味しい手抜き料理募集ちう。レシピ教えてくださいまし please。 
最近よく聴くCD
ここ数日、毎朝の家事のお供はショパン。プレリュードの他ノクターンやワルツが入っているCDなのだが、プレリュード、最近すごく気に入っている。2年前に買った時にはそんなに聴かなかったんだけどな~ 
 
プレリュード、短いし「これなら弾けるかな~」と思って楽譜を見てみたが、やっぱさすがショパン様ですな(^_^;) まあ発表会終わったら遊んでみよう。 
ノクターンは8番が入っているんだけど、この曲すごく好き。いつか弾けたらいいな、すごくロマンチック。 
 
プレリュードの20番は、私が好きな「アングラ」というブラジルのバンドのアルバムの中にも使われている。 
ただ単にモチーフとして使っているのではなく、あの曲全部に楽器と歌を乗せ、おまけに転調してさらに展開させている。これがまた荘厳な感じでいい仕上がりになっていて、かなり好きな曲だ。 
そういえばこのバンド、別のアルバムではパガニーニのカプリス24番も使っていたり、なかなか粋なアレンジをしてくれて、この辺りも好き。 
 
話が逸れてしまったけど、このショパンのCDの演奏者はケヴィン・ケナー、前々回のショパコンの最高位(1位なしの2位)を獲得したピアニストだ。 
2年前にコンサートで演奏を聴いたのだけど、すごく楽しかった。その時はなんと、「貴婦人の乗馬」なんかも弾いてくれたのだ!ショパコン入賞者の演奏するブルグ・・なんだかものすごく贅沢なものを聴けた気がした。 
 
私はワルツの中では16番すごく好きで、CDも3人分のピアニストの16番がある。それぞれに特徴もあり、素敵なんだけど、とにかくケナー氏のは軽やかでとてもきれい。何でもHeavy好きな私でも、彼の軽やかなピアノの音色にはつい仕事の手を休めて聴き入ってしまう。中間部の一番重い部分も、決して「ドスン!」とはならない、夢のような16番。またコンサートがあったら、是非プレリュードとこの16番を聴いてみたい。あっもちろんブルグも。 
 
ただ、「現実って厳しいな」と思ったのは、あんなに大きな国際コンクールなのに、1位と2位(たとえそれが最高位であっても)では知名度が全然違うところ。メディアへの登場もかなり少ないんじゃないのかなぁ。歴代の入賞者を見ても、2位で知ってたのは日本人以外では2人だけ。ただ単に私が無知なだけなのかな、でもコンサートの規模もやっぱり1位の人とは違っていたりすると、結構考えてしまうな~。 
のんびりした1日
昨夜夫が家を空け、子供も隣の両親宅でお泊り、私一人☆のゴールデン・ナイトを満喫~~ヽ(^◇^*)/ 
 
決して夫婦仲が悪い訳ではありましぇん。んが、たまには夜一人ってのも楽しいもんだ♪TVの音が無いのも嬉しい。 
夜の時間、遠慮なく自分の好きなように使える(って、普段も使ってるんだけどさ)ってのが、何となく一晩留守番を頼まれたティーンエイジャーって感じでちょっとパーティー気分。一人だけど・・(^_^;) 
 
何をしたかと言えば特に普段と変わらないんだけど、時間を気にしなくていいってのが日常の行動に付加価値を加えます。 
その調子で朝も遅くに起き、洗濯も量が少ないし掃除は夕方、今日は予定も無いしほんとのんびりできた。気温も高くなく、体感的にも気分いい。 
反って明日。結構ヘヴィーな1日になりそうで今から覚悟・・(;´д`) 
 
今日はソナタに時間掛けた。最初弾き始めたら、全然指が回らない。テンポ落としてもダメ。ハノン省いたからかなぁ。 
運動会
今日は子供の小学校の運動会、子供も頑張ったけど、親も朝から頑張りましたよ、暑い中~~~(x_x; 
 
上の娘は今年が最後の運動会。「よ~く目に焼き付けておこう」なんて感慨に浸る気も起こさないほどの午後の強い日差し。マジ暑いがな・・・・ 
この日の為に買ったUVカットのパーカーに日傘で参観してたけど、うっかり手に日焼け止め塗り忘れて今結構ヒリヒリ。またシミ出来ちゃうわぁ。。 
 
確かに6年生、大きくなったとは思うけど、まあそんなもん。 
けど、1年生がわらわらと入場して来たら、「こっ、細かい!!」と、小ささにビックリした(笑) 
 
終了後も6年生は片付けの為人気も少なくなった校庭で働いている。 
娘を待ちながらかつて自分も過ごしたことのある校庭をぼんやり眺めていたら、急に砂埃も気にならなくなり、裸足で運動場を走ってみたくなった。(もちろんやりませんが。) 
「校庭って、楽しい場所だったなー」と思い出し、そんな風に思い出が残っているのが嬉しかった。30年経っても、誰でも小学生の部分って残っているんじゃないのかな。男の子なんてもしかするとおっさんになった今でも追いかけっことかやりそうな気がする。私はあの頃読んでたマンガがすごく読みたくなった。某オークションで入手試みてみようかな・・・高いだろうけな。。(~_~;) 
 
ようやくソナタも「リベルタンゴ」も最後まで何とか行ったけど、さすがに今日は30分程度しか練習せず。 
ソナタに笑われているような気がする。。 
音の聴こえ方
自分勝手な認識かも知れないけど、多少なりとも音楽に関わりのある人は、耳がいいんだろう と思っている。 
耳という器官が入って来た音をきちんと拾い、脳でそれを分析し、そして心で感情に割り振りする。ちょっと違っているかも知れないけど、自分的にはこんな感じ。 
 
ところで、私は、耳は良い方ではないとずっと思っている。 
 
英会話を習っていた時、正しい発音を返せた時に「耳がいいと出来るんだよ」と先生に言われたことがある。けれどそれはたまたま好きなRockの歌詞の中のフレーズで、中坊の頃からよく歌っていて慣れてたから。 
 
うちのピアノの調律師さんにも「耳がいい」と言われたことがある。しかしこれはその方の勘違い、その時の私のデキのいい部分は指であった。ウチのピアノはよそのピアノに比べて弾き込みが深い気がする と言って調べてもらったら、実際1mmほど深かったのだ。それが何故か「耳がいい」ということに成り代わっていて、よく行く楽器店でもそんな話で通ってしまっていて何となく恥ずかしい心持ち・・ 
 
実際、耳鼻科での検査でも、どっちかの耳は聴こえのレスポンスがちょっと悪い。 
そして何より自分が「耳が良くない」と思う根源は、中学の時の、音楽の時間の聴音テスト。 
先生がピアノで弾く和音、全然分らなかった。 
 
子供は大抵誰でも耳がいい。うちの娘達も単音も和音も聴き分けられる。 
私は絶対音感はもちろんない。せいぜい、調による相対的な聴き分けが出来るくらい、あやふやな・・・ 
 
これから歳を取って行くにつれ、耳の判断力もどんどん低下していくんだろうと思っていた。そのうち何聴いても真ったいらに聴こえるのかな~ と。 
でも、これって違うんですね。自分的な基準になる、いい音を確保出来たら、全ての音が違って聴こえる。 
私の場合はもちろんピアノが基準の音になり得たのだけど、「打った音」と「弾いた音」の違いが分ったら、手持ちのCD、コンサートで聴く音なんかが全部変わってきた。ん~~~ 歳取ってもまだいけるわねっ 
 
この素晴らしい感覚の覚醒が、しかし演奏にはなかなか反映されない。 
「これがいいでしょ!!」と思って弾いても、ただの独り善がりな演奏だったり、全くの勘違いだったり。 
ただ、この夏、少しだけ分ったこと。 
音楽は、押し付けがましくなっちゃダメ 
 
これは私個人に特に当てはまることなんだけど、自分の思い入れの強い音に埋没してしまわず、客観的に自分の音を聴く。聴き分けられるよう常に注意する。これをずっと訓練していたら、いつか理想の音を作り出せるかも。 
 
という希望を胸に今日も練習、そして玉砕。 
苦悩は続くよどこまでも。 
 
長くなってしまったの~~~ 
 
この連休。
と言っても家族皆が家にいたのは昨日・今日だけですが。 
 
昨日は私の実家ほぼ勢揃いにて湯ノ山温泉の旅館にて食事会。 
実は私は今時珍しく4人兄弟(女3・男1)。両親と、それぞれの兄弟の家族全員の顔が揃うのは、年に一度くらい。普通はお正月に皆が揃うんだろうけど、ぞれぞれの家庭の事情でなかなか叶わない。まあ都合が揃ったところで、全員集合出来るような大広間は、家族の誰の所にも無いわけだが・・ヽ(ー_ー )ノ  
 
大人は大人で飲んで食べてしゃべって楽しんでいるけど、子供はそれ以上に楽しいらしい。自分も子供の頃、祖父の家で暮れに大人数が集まると、それだけでお祭りみたいですごく楽しかった。皆で走り回って遊んでいる側で酔い潰れて転がってるおじちゃんをつつきまわしたりもしてたなー( ̄▽ ̄) 
昨日は他所でもあったのでそんな騒ぎはなかったけど、ちょっとだけ「つまんないねー」とも思ったりした。 
 
食事の前に温泉入ったんだけど、露天風呂、しかも天気は残暑厳しいド晴天。 
顔に日焼け止め塗って入浴したのは私だけだったに違いない。 
 
その日の午後からは知人のライブを観に行った。 
このバンドはKISSのコピーバンドで、5年ほど前からやっているのだが、国内ではなかなかの人気でクオリティも高く、ステージもかなりいい。他のメンバーの事はあまり詳しくないので申し訳ないのだけど、Paul役の彼とは他のライブでもよく一緒になったりで顔を合わせる機会もあるのだが、会えばいつも熱くPaulを語る。種類は違うけど、いつも切磋琢磨している姿は他のピアノ仲間と同じく、私にやる気を起こさせてくれる。どんなことでも、努力してる人は本当にすばらしい。 
 
そんな久々のKISSの流れが知らずに続いていたのか、夜、夫がたまたま変えたチャンネルに突如ジーン・シモンズが(;@0@) 「えっナニ?何の番組?!」とプログラム探したらなんとヒストリーチャンネル・・・んなアホな・・ 
極楽
今日は朝からとっとと掃除して、溜めてた雑用片付け、一昨日作ったハンバーグと大好きなひき割り納豆でお昼ご飯(納豆2P食べちまった)。 
午後からも別の、これまた溜めてた仕事を片付けようと思っていたのに、気づいたらソファーで寝てる自分・・ 一体いつの間に・・・ 
 
今日も爽やかな風が吹くいい天気。目が覚めたら「サ~~・・」と風が部屋を横切り、すんごいいい気持ち。ああこのままもっと寝ていたい。。 
 
前にも日記に書いたけど、1年のうち、「今日の天気はサイコー」と思える日って、そんなには無い。 
うちは間取り上風通しがあまりよくないのに、今日は「天国から?」と思えるような風がずっと通ってて、ほんとに極楽気分だった。 
水槽の水音、近所の雑多な音(この際車の音は気にならない)、秋のものであるやわらかい光、そしてソファーの下にはぴったり寄り添う猫。(かわいー。。) 
 
9月に入ってから続けてた、そこかしこの大掃除疲れも、きれいに浄化されたひと時でした。 
 
しかし夜。。 
ハノン スケールの短調その2が弾けなーい、ソナタ今日も弾けなーい、ピアソラは何とか最後まで見たものの、まともに弾けるのまだ半分、引き続き指番号決めるの面倒くさーい・・(_ _;)  
いつも思うことではあるが、発表会、無事迎えられるのか?! 
あ~弾けない。
ソナタ、弾けない、弾けなーい。 
毎日練習してるのに、よくなるどころか、どんどん悪くなっていってる気さえする。最近片手ずつさらってないからだろうか。左の分散和音なんていつの間にか違う音弾いちゃってるよ。 
 
問題は、脱力が全然出来ないこと。 
なので左オクターブのアルペジオどころかふつーの和音も全然きれいに音が出ないし、右はスケールがたつくし~ 
「べー様だから」って、気張り過ぎてんだろうか。これ、モー様だったら「もっと軽く」を心掛けやすかったのだろうか。いや、何もかも私が理解してないからだろう、やっぱ。そういや、以前弾いたバッハのイギリス組曲のガヴォット、今CDで聴くと、弾いてた頃耳にしたよりもずっと軽く聴こえるし。なんかいつもどんな曲でも、私は力みすぎてしまう。最近は少しは歌って弾けるようにはなったけど、やっぱり力みは直ってない。「パワープレイヤー」と「脱力出来てない」ってのは全然違うのよ、と、分ってはいるんだけど。。。 
 
力んじゃうのはもちろん連弾用「リベル・タンゴ」でも。 
「なんか私、今戦ってる・・・?」って気すらする。アーティキュレーションのせい?いやいや、だから関係ないって・・(ーー; 
かわいい仲間
昨日はKISS友とのランチに出掛け、あまりの可愛さに「作って~~~!」とお願いしてあったビーズアクセを受け取った。彼女はとても器用な女性で、いつも素敵な物を作ってくれる。 
今回はちょっと秋っぽいブレスと、かわいい携帯ストラップをお願いしたのだが、どれもとても素敵★ストラップは一応子供の分も注文したものの、どれにするかで結構それぞれの駆け引きが見え隠れ(笑) 最終的に皆気に入ったものをゲットしホクホクと自分の宝箱に収納。 
 
今月は夏までのゴチャゴチャ一掃月間とし、今日も押入れの整理。 
「ここ片付けてもそんなにすっきりしないだろうな」と思うほど雑多な物が大量に詰め込まれていたのだが、終わってみればア~ラすっきり。こんなに空間出来ちゃったよ・・ 
私はなんてためるのがうまいんだろう、不要な物を・・・ 
 
ソナタの両手それぞれ3連符がバランスよく弾けなーい。左はガタガタ、右も全然滑らかじゃない。左は音量の調整も難しい。 
実は10月の初めに、あるホールで弾ける機会があったから、ちょっと無理して出演してみようかとも考えて申し込み用紙に記入までしたのだけど、締切日に断念。正解だった。。 
 
DSCN0265.jpg
汗をかきかきお片付け
暑さぶり返し。 
 
「行ってらっしゃ~い(あ~スッキリ(^^)♪)」 と皆を見送ったら玄関がヒドイありさま。 
金曜日に履いたままの子供のヨソ行き用の靴、お出掛け用の夫の靴、私のサンダル等々・・一体ウチは何人家族よ?と思うほど靴が散乱していたので台所より先に玄関を片付けた。 
気が付けば午後3時、それまでに下駄箱、引っ越して以来8年間ほとんど触ってない物が大量に詰め込んである2箇所の物入れ、ピアノの楽譜棚、果ては雑巾まで縫ってしまい、この夏ロクに働かなかった私が狂ったように動いていた。どうしちゃったんだろうか。今日着てたマリリン・マンソンT-シャツのご利益か?明日雨が降りませんように・・・ 
 
昨日はお昼の準備をしようとしてたら、実家父が「包丁切れるか?」と砥石持参でやって来た。 
自慢じゃないが私は包丁滅多に研がない。いや滅多にどころか、去年やはり父に研いでもらった以前は、6、7年間研いでいなかったハズ。それなりに切れてたから問題なかったんでございますが。。 
 
「おまえ、これで料理出来るんか?!」と呆れる父。「あー、いや~、ここんとこ料理作ること少なかったもんで(^_^;)」とごまかす私。「じゃあ子供ら何食べさせとったんや」「ん~、習い事の帰りとかにラーメンとか~」「おまえ、お母さん(my マミー:料理だけはマメ)には似んかったんか」と更に呆れる父。大体、砥石どこにしまってあるのかも覚えてない。「おい、おまえんとこのオバハン、あれでエエの?」と夫にまで水を向ける。も~、うるさいわね~~。。(;-_-;) 
 
その後家族でゴッホ展観に行き、帰り道またしても「らーめーーん!!」と言う子供の声に喜んで便乗し、結局ピッカピカになった包丁は、朝ごはんの時トマト・漬物・ウィンナーを切ったのがようやくの初仕事となりました。ゴッホ展の感想はまたあした・・ 
 
今日のレッスン
ずっと練習はしてたけど、ソナタが少し進歩したって感じのみの1週間。 
「お恥ずかしいのですが・・」という心持ちでのレッスン。。 
ネットのピアノ弾きの皆さん、よく1週間毎のレッスンで曲作っていってるなぁ、もうすごーく尊敬・・・ 
 
ハノンB dur、左の指替えが相変わらずヘタ。。 
でもリズム4種先生と共に丁寧にさらって、なぜかおまけ合格。 
今までのハノンで一番「いいんですか?」感の強い合格・・(-_-;) 
次は短調2種、同じリズムで。 
 
ソナタは先週よりも更に細かい指示が入る。 
先生の仰ることに一々納得。例えば和音の指使とか力の持って行き方とか。手首の脱力心掛けただけでオクターブのアルペジオがラクになったとか。忘れちゃダメよ~ 
メロディーの同音連打の部分、たった3音だけど膨らませる、決して全部同じ音にしない。っても、これpだよ、私に出来るのか・・? 
左の伴奏同音連打、適当にならない。ハイ、片手ずつだと心掛けてはおるんですが、右の重音が入るともうダメ。あーーっ、3度の和音の移動って、ほんと苦手(>_<;)いつも「ぱららっ」っつって、きちんと揃ってくれない。もう少しこなれてくればちょっとは改善するだろうか。 
 
連弾はお話にナリマセーン・・・ヘ(´o`)ヘ 先生が「も~~っとテンポ落として弾きましょう、止まらないでね」と仰っても、止まる止まる。結局先生セコンド弾くの諦め(~_~;)スイマセン。。 
次回はここ位まで・・・ と言いかけると、「そんなことおっしゃらずにきすけさん、出来るだけやりましょう!」とハッパ掛けられました。 
今度は次のレッスンまで3週間空きがあるから頑張らなきゃ~ 
エクササイズ
最近義母が乗馬もどきのエクササイズマシーンを購入。 
「効果のほどはさておき、おもしろそ~~~!」と到着後すぐ使用してみたらば、いや~ホントこれ楽しいですよ。 
 
何しろ座ってるだけ。ただし乗馬でございますからそのように揺れますので、ニーグリップというより太股でしっかりとホールドしなきゃならないわけです。これを15分、次の日内モモ筋肉痛(^^)v  
以前とあるTV番組で内腿の筋肉鍛えるとウエスト辺りもすっきりすると言っていたのだが、これを信じるならば1ヵ月後の私はきつくなってたジーンズもするりとはけるハズ。でも腹筋全然筋肉痛になってないんだけど・・ 
 
で、思い出した。私ってばスポーツジムに入会したんだったよ、今月まだ一回も行ってないよ、あっら~~~。。。 
 
明日はレッスン。 
不出来な連弾・・持って行くのが恥ずかしいくらい(-_-; 
風がすごい
台風で、雨はひどくないんだけど風が結構すごい。でも庭では虫が鳴いてるんだよね、頑張るなぁ。 
 
今日は眼科での検査で瞳孔を開く目薬を片目だけ指したので、夕方からずっと焦点がずれたまま物が見にくい。今日ピアノが上手くいかなかったのはそのせいってことにしておこう。 
 
連弾用の「リベルタンゴ」、計4Pの内まだ1P・・(-_-;; 
これは発表会でピアノ仲間のゆかちゃんと一緒に弾くのだが、長年ピアノやってきたゆかちゃんが「セコンドの方が厄介だからやってあげる」と言ってくれて私はプリモ。セコンドには本番の時プリモの影に隠れられるという利点があるのだけど(=緊張緩和)、変則的なリズムのこの曲、少しでも簡単な方でなきゃ。。 
 
ポピュラーの楽譜にありがちだけど、指番号がほとんど表記されていない。自分の弾きやすいようにやればいいってことなんだろうけど、私にとってコレは非常にありがたくない(-_-) 指番号の記載がない為、進度が遅いと言ってもいいくらい。金曜日、レッスン時に先生に決めてもらおう。 
 
台風の時は近所の家からうちへ、ちょくちょくトタンやら何やらが風と共にやってくる。今日は何も飛んできませんように・・・  
台風来てますね
昨日は雨のパラつく中愛知万博へ。 
太陽ほとんど出てなかったので暑くはなかったけど、傘を出したりしまったり忙しい。 
 
「今日は天気も悪いし、きっとこれでも少ないんじゃない?」とか話してたんだけど、今朝の新聞によると昨日の人出は過去3番目の多さだったらしい。 
人気のパビリオンはめまいがしそうなくらいの行列。一家揃ってあっさり諦め、並ばず入れる所のみ歩いて回ったが、マンモスだけは整理券をゲットして見学出来た。マンモスなんて絶対見れないだろうと思っていたし、子供の頃読んだ冒険物の本に載っていたマンモス発掘の話を思い出し、結構感激だった。 
 
おもしろかったのは水木しげるのお店。鬼太郎グッズがズラッと並び、思わずお土産用に2点購入♪目玉親父キャンディーとか、あまり食べたくないようなものが多かったが。。(^_^;) 
 
現地には6時間位いただけだけど、あんなに歩いたのは2年前ディズニーランドに行った以来かも・・私はかなり疲れを覚えました。皆よく繰り返し行く気になれるなぁ。。 
 
ベー ソナタ、今日も進歩せず。こんなに上達を実感できない曲も久々だ・・・ 
よれよれの月
過酷な夏を過ごし、どちら様もそろそろ疲れが出てくる頃ではないでしょうか。 
私は毎年9月になるとお肌が一気に歳を取る(-_-;) 「あれ~?痩せた~?」と言う言葉はすなわち「老けた」と感じるたところから発せられるものではないだろうか。痩せてないのにこう言われる時は、必ず肌に張りが無くどよ~~んとしている。いや~、人の目ってすごいですね~( ̄д ̄;)  
 
そんな体力ダウンな今日この頃なのに、明日は朝8時から学校の草取り(2時間半ですがな・・)済ませてから愛知万博へ行く予定・・ 今日も名古屋へのレッスンの往復後疲れてヘロヘロ~~と寝てしまった。明日はパビリオン入館の待ち時間、寝て過ごさなきゃ・・・ 
 
なんとなくピアノ弾く元気もない~~ と思いつつ1時間だけ練習。 
今日もついつい弾けるところから始め、そこばかり練習してしまう。いか~ん、こんな方法じゃちっとも前進していかーん! 
明日からは連弾→ソナタ展開部→ソナタ提示部の順で練習しよう・・。あ、あす、くたばってなかったら・・・。 
 
今日はレッスン
久々のレッスン。 
今日見てもらったのはハノン B durと発表会曲のベートーヴェン ソナタ第20番 Op.49-2。 
 
ハノンはずっとスケールをやっているのだが、調によって弾き易いものと、そうでないものとがある。 
特にカデンツのV7は元々苦手な並びであるのに、弾き難い調だと益々外す。今日も先生からの指摘が何度も飛んだ。「先生、この調難しい~~!」と泣き言を言ってみたりする。 
ハノンはレガートと3連符2種の練習だったけど、次回までに更にスタッカート、ノン・レガートのリズム練習をプラス、あと短調1種。 
 
ソナタは主題―展開部の短調部分から再現部に戻るところまでやってあったのだけど、展開部の左の動きが、単調なくせに両手一緒だと小憎らしいほど弾き難い。 
提示部も細かい指示を沢山いただいた。次回レッスンが来週なので、同じ所までしっかりと練習。 
 
今回、楽譜をコピーして、転調ごとに色分けしてみた。各調の持つ性質と言うか雰囲気なんかは私にはまだ詳しく分からないが、この曲の主調であるト長調から比べるとハ長調の部分が随分重く聴こえる。弾き慣れてきたら、調ごとに音色にも変化を持たせられるといいなぁ。 
 
ずっと置き去りにしていた発表会用の連弾曲「リベル・タンゴ」、楽譜だけを先生に見せた(^.^;  意外に先生いたくお気に召されたようで、「いいじゃないですか~♪」と言ってくださった。  
しかし、リズムが難し~~~っ!!連弾用アレンジだからか音も取りにくい、これ難しいよ・・(;-_-;) でもプリモ・セコンド、ビシッ★と決まったらかっこいいだろうなー。頑張ろう。。 
9月でございます
日中残暑厳しい中、リカバリ後放置してあったサイトのデータを移し入れ、更新の準備を整えた とまでは行かず、とりあえず次のテーマだけ考えた。いつのUPになるかは不明・・  
 
ずっとバタバタしてて忘れていたが、この夏でピアノを習い始めてから早いもんで丸っと5年が経つ。無謀にもブルグから始め、2年掛かりで25を終了し、以降ずっと18&ソナチネ。 
当初の目標では、「5年後には“悲愴”の3楽章弾けるようになりたいな~」とそれこそ無謀なことを考えていたもんだ。5年経って、未だ弾ける目途立たず。今年になってからちょっとだけ進歩を感じられるようにはなったが(それまでがただ単に酷すぎただけなのだが)、相変わらず記憶力悪いし表現力も乏しいまま。 
 
つい最近あるピアノ弾きさんのサイトでもご本人が書いてらっしゃったが、同じくそれでもやっぱりピアノを続けててよかったと思う。これのお陰でどれだけ人生の充実度が増したことか。 
「ピアノを弾いてりゃそれだけで終わり」ってことは全くなく、むしろそこから興味の触手がどんどん伸びて、気づけば5年前とは比べ物にならない位の音楽を耳にした。 
 
子供の頃からやってた訳じゃないからほんとに拙いところから始まり、それは5年経った今もあまり変わってないが、それでも気づけば「階段ひとつ上がってる?」と思える時がある。 
年齢的に正直に右肩下がりな部分が圧倒的に増えてきている現在の自分の全ての中(これまでなかった肩こり、今日もひどかったっす(-_-;)、前向きになれる大きな要素の一つであり、その階段1段にとても時間が掛かるのだけど、とてもありがたい。 
 
8月が終わり、まだまだ暑いけど、夜はこおろぎが鳴いてるし、夕方の空気の匂いには秋が混じっている。ベートーヴェンと連弾曲、工事現場並みの勢いでやらなくては。 
明日はレッスン。 
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.