• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また京都♪
先週、今年3度目の京都旅行に次女と行って来た。
先月次女が志望先から内々定をいただき、無事に就職先が決まったので、今回はそのお礼参りへ。
ちょっと方向の違う二ヵ所へのお参りだったので、思い切って1泊で行って来た。考えてみたら、大学受験やコンクール等で長女と一緒の外泊はあったけど次女と二人きりは初めてだなと。今回は思い煩う事もない、すっきりとした楽しい旅になりそうで計画してからずっと楽しみにしてた。宿泊はここ、ランチはここ、お茶するカフェはこことここ・・・ 本来の「お礼参り」の目的はきちんと果たし、おいしいもの沢山食べてほんとに楽しかった。平日に行ったので留守番してもらった夫には申し訳ないけど、夜もいびきもなく静か・・  女同士(というか私と次女との組み合わせがというか)例えばシャンプーや化粧品の準備から荷造り、服のチョイスに現地までのアクセスリサーチから帰宅後の迅速な片付け等、すべてに息の合った行動で最後まで楽しい。また女子旅行きたいなー♪

御礼参りは去年の秋に次女も行った鈴虫寺と、5月に私が行って来た貴船神社。
今回も鈴虫寺でのお説法は心に沁みるものでした。
「過去や先の事にとらわれない 執着しない 今現在の事を片付けていく」
「荷物を抱え過ぎない 溜め込まない」
「美しさ(笑顔やきれいな所作、気持ち・心掛け)は決して邪魔にされない いつも気持ちの美しさを心掛けて」
私は起こりもしない事で長年パラノイア的に不安を抱えたりしたので、一つ目の事は特に心掛けねば。
今回お話していただいたこの3つは私にとってお守りみたいな言葉になった。
帰路、次女が「いいお話だったから長女にも聞かせてあげたかったね」と言う。私も同じこと思ってたよ。迷いの多い子だから、今度は長女を連れて行ってすっきりとさせてあげたい。

それにしても、この次女の内々定で、私の肩から大きな荷物が一つ下りた。
これで来年の春からは子供が一人自立出来る事になる。
実際は自宅通勤で生活自体はさほどの変化は無いにしても、経済的に親の手が離せるというのは大きい。不吉な事は言いたくないが、親に万が一の事が起こっても働いていれば何とか糊口をしのいでいく事ができるだろう。
(その反面、今まで以上に行動範囲が広がり、余計な心配もしそうだが・・ 正直内々定をもらった晩は嬉しさと不安が入り混じったものすごく複雑な気持ちで眠れなかった。 ・・いやいや、鈴虫寺のお坊様のお説法を思い出してやり過ごそう!)
幼稚園から大学まで、外部での集団学生生活から18年、ようやくもうすぐ一人前だと思うと、心の半分がものすごく軽やかになった。(無事卒業してくれよ)
あとの半分の荷はまだまだ当分肩に鎮座したままだけどね(笑) まあこの荷の中身の半分は、「楽しみ」が詰まっていると思っておこう。

建仁寺の中庭
写真だけ見るととても涼しげなんだけど、梅雨時の晴れ間という事もあり、さすがに京都は暑かった。
肝心の鈴虫寺の写真はそういやいつも全然無いの(笑) 何だか写真撮る気になれない場所って感じ
DSC_0833.jpg   DSC_0827.jpg

祇園白川の河辺にいたアオサギ。
この辺りは静かでも、ちょっと路地を出れば京都の都心なのにこんな鳥がいてびっくり。鴨川辺りから遊びに来たのかな。
DSC_0838.jpg

嵐山 渡月橋
前日の雨で川が濁っているのがちょっと残念 超絶蒸し暑かった(笑)
京都、一時期よりは随分減ったけど、まだまだ中韓からの旅行者がたくさん。皆さん楽しんでね。
DSC_0846.jpg

嵐山の宿での夕食に出た冬瓜のカエルちゃん♪美味しゅうございました。
DSC_0848.jpg

忘れちゃなんねぇ みーちゃん
時々こうして寄りかかり、扇風機を付けたり消したりしてくれます。
みーちゃんはよく働くねぇ(*´∀`*)←親バカ
DSC_0854.jpg

何だかもうそろそろ梅雨明けするんじゃ?ってくらいの暑さ。
梅雨が明けたら中止になった5月の弾き合い会やりましょうとのお誘いあり、練習しなきゃ~~
モーツァルト弾くと手が痛んで使い物にならなくなるので、過去曲の焼き直しで誤魔化そうかと思案中・・
スポンサーサイト
じめじめ。。。
今年は空梅雨かと思っていたけど、今週に入ってずっと「降るのか降らないのかはっきりせい!」って感じのお天気が続く・・ 
気象病持ちの身なので低気圧が来ると色々と不調が出るし、エアコンつけると寒い・切ると蒸し暑い(除湿モードにしても変わらず)で夜も熟睡できない。早く秋にならないだろうか・・

この時期関節にも痛みが出やすく、これと言って心当たりもないのに膝だの肩だの手首や指に痛みが出る。モーツァルトでの左手の痛みがやっと取れたばかりなのに(ノД`)
そこへもって弾き合いのお誘い 嬉しいのだけど今は練習できないので梅雨明けにお願いした。5月の弾き合いがお流れになって以来ここ一か月ほどは手の養生していてすっかりピアノの事を忘れていたのだけど、お誘いをいただいたら途端にうずうず弾きたくなり・・
昨日一度通してみたら今朝起きたら見事に痛みがぶり返してた。んもーーー
そして何とかできてた暗譜もあちこち忘れてしまってた(^_^;) お友達も言ってたけど、歳のせいか2曲弾くのが精一杯と。分かるわー それ以上の暗譜できる気がしないもの。
梅雨明けしたら練習するけど、弾き合いに間に合うのだろうか。

春先から庭の草取りに結構力を入れているのだが、雑草にも厳格な萌芽スケジュールがあって、毎年この時期は〇〇、この時期は△△・・ときちーんと決まって生えてくる。
去年かなり頑張って一本一本除草した為、今年は随分減ってはいるが、一番多くて面倒なのが顏を出してきた。おまけにイシクラゲという海藻みたいなのも繁殖するし。
今度の日曜日は地区の一斉清掃日なのでそのついでに庭のにっくき野郎共もやっつけるつもりだけど、去年の様に熱中症(軽いけど)にならないといいけど。。私は夫に背負ってもらって帰ったけど、同じ町内で救急車で病院に搬送された人もいて、正直清掃(どぶさらい)に出席したくないしそこでの熱中症も二度目なので恐怖を感じる。
清掃の翌日から次女と京都へ行くので何とか無事にやり過ごせます様に・・・(>_<)

次女の脚で暖を取るみーちゃん
リビングでエアコンを使うと大抵は暖かい(暑い)二階へ避難するけどたまにはこんな所で
2017_6_29_1.jpg

今日は無理やり押し込んだハウスで熟睡
2017_6_29_2.jpg
京都旅
先日友達と3度目の高速バスでの京都旅。前回は二人で鈴虫寺にお参りに行き美味しいランチと共に1日楽しんできたが、今回も美味しいランチはもちろん、結構思い切った場所へお参りに行った。
京都の北部にある貴船神社、「パワースポット中のパワースポット」と呼ばれているそうな。今の所私に差し迫ってお願いしたい事もないので家族の幸せを祈ってきたのだけど、就活中の次女にはご利益がもたらされたかも?
縁結びの神様もいらっしゃる様で、若い女性の参拝客が多かった。
そしてそこから約2km離れた所にある、鞍馬寺と山道で繋がっているとの事で2時間掛けて向かいました。
結構ガチな山道。全くの山の中。下山してトイレに座ったら膝がガクガク笑う。でも、丁度気温の涼しい日で日差しもほどよく、一抱えもある杉の木が林立する山の中は下界とは別世界で、友達としゃべりながらも普段の生活のありがたさとかを考えさせてもらう良い時間になった。元気に歩けるって、本当に素晴らしい。(実はそれまでの連日の草取りで膝を痛めていたので山歩きはちょっと心配だった)
ほど良い運動、気持ち良いお天気とくればこれはもうビール。帰宅後はビールに、銭湯行ってのマッサージ。極楽ですな。

前回の記事に書いた、友人の美しい生活からもらったエネルギーでその後しばらく家の内外の片付けをし、若い頃からでなくともこんな歳になってからも自分のスキルって上げる事ができるんだと思い嬉しくなる。まあそれだけ今自分に時間があるって事なんだろうな。とりあえず親も今の所元気だし。掃除でも旅行でも、普通に出来る事がこれまで以上にありがたく感じる今日この頃。。
そう言えば以前義母に「子供も大きくなって今が一番自分の時間を楽しめる時よ」と言われた事がある。親が元気な内に20年分のとまではいかないにしろ、ちょっと穴埋めできるくらいの事ができるといいな。

そうそう ランチはこちらジャン・ポール・エヴァン
デザートも付けてすごくお値打ちでビックリ。
ここで飲んだショコラ・ショが、もう絶品!!過ぎて忘れられません・・・

貴船神社の入り口
見事に並ぶ灯篭がきれい
新緑もきれいで、この参道を歩くだけでも心身きれいになっていく気がする。
_20170527_160159.jpg

貴船神社から鞍馬寺までの山道
恐竜みたいな木(@_@)
DSC_0742.jpg

ときめきと刺激
今日は珍しく次女がベートーヴェンを弾いていた。そもそもピアノのレッスンをやめてからは以前の様に弾く事はないが、たまに弾く時は好きなバッハやハイドン・モーツァルトにラヴェル辺りが定番なのに、今日はベートーヴェン・・  
就活のストレスが溜まってきたんだな・・ 只今連日面接三昧 一次面接の結果待ちで心中苦しいんだろう。こんな時に気分転換(になってるのかどうか分からないけど)できるピアノという趣味があって良かったね。

さて私は本当は今日自宅で友達と弾き合いのはずだったのだが、なぜか弾かずにおしゃべりだけで終わってしまった(笑)
この日の為に痛む左手に湿布貼りながら練習していたのだけど、まだまだ6割くらいの出来。それでもまあいいかと思っていたのだけど、友達の方が仕上がらなかったのか、また後日という事に。正直ホッとしました・・(^_^;)

それにしても、弾けない。ずっとデジピで練習してたので、4日前からグランドに移ったのだけど、これが重くてスケール弾けない。こんなに重かったっけ?
左の「ドミラド」系がとにかく弾けない。そういやモーツァルトのこの音型で手を壊したんじゃなかったっけ?
久し振りに自分としては結構ガチで練習したけど、やはり以前よりも進度が遅い。とりあえず今日の弾き合いがお流れになったのでもう少し猶予が出来た事だし、手と相談しながら完成度を高めよう。折角だし。。

ところで、先週非常に心ときめく訪問をさせていただいた。
子供のお世話になっていた同門の方 知り合ってもう10年になるけど、最近になって趣味が良く似ている事が分かり、初めてお宅にお邪魔することに。その方のブログも教えてもらい毎日ワクワクしながら眺め、お宅訪問をずーっと、とってもとっても楽しみにしていた甲斐がありました~ もう、舞い上がる程の美しさ、現実をひと時忘れるくらいの素敵さ・・ おもてなしとは何ぞやという事に改めて気付かせてもらいました。
ああ、美しいものって、やっぱりいい。それによって自分が気分良くなる方向に向かう原動力になる。とっても良い刺激をいただいて、帰宅後もずっと気持ちの栄養分が途切れず、以来家の中のあちこちを片付け続けております(笑)
憧れる存在があるのって、嬉しいこと。前向きになれるし、自分のスキルを頑張ってアップしようって気になれる。
進歩を感じられるって幸せだもんね。
明日も片付け頑張るぞー

美しいテーブルコーディネート 手作りのヴィクトリア・サンドイッチケーキ(すごく美味しかった)
大好きな紅茶にアロマ・・
私の写真がヘタな為に素敵さの半分も伝えられない悲しさよ・・・(ノД`)
DSC_0672.jpg

眞子さまの記事に背を向けるうちのみこさま
新聞読ませてもらえません
DSC_0690.jpg
GW
今年お出掛けらしいお出掛けのないGWだった。まあ、身内に心配しなければならない人がいないという事だけでもありがたいと思う様になった今日この頃。実家の父、やはり何となく忘れっぽさが増したけど、恐らくまだ大丈夫。気に掛ける様にはしないといけないけど・・

連休中、帰省していた長女が突然「声楽のレッスンしてあげる!」と言い出した。
歌が聴きたくて時々「歌ってよ」と頼んだ事はあるが、レッスンをしてくれるとは???
でも元々興味があったのですぐに乗って、家にあった長女の高校時代の声楽の楽譜の中から中田喜直先生の曲を選んで歌ってみた。日本語だしさほど難しい曲ではなかったのでそれなりに歌えたが、ちゃんとした人が歌ったらそれはそれは素敵なのだろう。
鼻梁とか、頭がい骨の中で声が響く様に声を出すと言われてもピンとこない。長女の様に大きな声も出ないし。でもやっぱり歌は楽しい。何年も前に手を傷めた時、いっそ声楽に転向するかとも考えたが、その時にやっていれば良かったかな。いくら高校の副科やレッスンでやってきたとは言え、長女の様な素人のレッスンでもこれだけ楽しいのだから、プロに見ていただいたらいかほどだろうか。

その翌日、また声楽の楽しい話が出た。今度はピアノの先生から。
夏に長女のコンサートがあるのだが、そのチケットの件で以前ご指導いただいていた近所の先生のお宅へ子供達と私までお邪魔することになった。子供達は年に二度ほど遊びに行かせていただいているが、私はレッスンやめて以来数年ぶり。
懐かしい茶色のグランド、ピンクの壁紙、理想的なレッスン室。。
そこで4人で色々と楽しい話を沢山させていただいた。
先生は数年前から声楽を始められたそうで、去年は大きなステージでの発表会にも出演されたそう。
「ピアノの講師演奏とどちらが緊張しますか?」とうかがったら、「声楽はピアノと違って、ただただ楽しいです。もう、本当に!楽しかったんです!!」「歌い終わって、こんなに楽しかった事なかったと思うくらい!」と。
私も何度も行った事のあるあのホール、あそこで一人でですよね?!そんなに楽しいんですか?!
「本当に楽しいですよ!きすけさんも始めるといいですよ!」と、先生、本当に心から楽しそうだった。
こちらのお友達のNちゃんにTちゃんも最近歌の方を楽しまれてるけど、理解できる気がする。
私、今練習中のモーツァルトK.545ですら指が回らないしきちんと音楽を繋げられない どころかまだまだ音楽になってすらいない。
手は痛むし、トリルの一つに関しては、永遠に出来そうもない気がするし。
歌も簡単ではないんだろうけど、皆さんのあの楽しみっぷりを見ると、苦労を上回るだけの楽しさがあるのだろう。

「カラオケでもそうだけど、喉がすぐに疲れちゃうんだよね」と長女に言ったら、「練習していくうちに段々疲れにくくなるよ」と。
気持ちは揺れるが、まだ一歩が踏み出せない。
でも、先生の大きな笑顔でおっしゃった、「きすけさんも新しい一歩を踏み出しましょう!」との言葉が忘れられない。
何か。新しい何か?ピアノ以外の何か。
とりあえず夏にあるイベントが終わってからかな・・・
Copyright © 2017 ・・K-日記・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。